スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CD誕生25周年:おぼろげな記憶を書き留める

先日、CD初出荷から25周年を迎えたそうだ。

私は今から22年ほど前、「CDを作った男たち」という本を図書館で借りた。
CDの開発者自身が、デジタルサウンド技術の開発過程を詳細に書き記した本。この中で私が覚えていることは次の3つだけ。

1.
CDを開発する以前に、ソニーはPCM録音機を売り出していた。
この機器の評判はそれほどでもなかったらしいのだけど、スティービー・ワンダーはこの機器、すなわちノイズが少なくダビングしても劣化しないPCM録音の素性の良さを高く評価し、実際の音楽編集に使用した。
PCM録音機に対して芳しい評価が聞こえてこない中で、世界的ミュージシャンがこれを支持してくれたという事実は開発陣にとって大きな励みになったそうだ。スティービー・ワンダーの支持が無かったら歴史が違っていたかも?

2.
CDの直径は名指揮者カラヤンの意見が決め手になった。
カラヤンは「ベートーベンの第九を丸々収録できればよいのでは」と述べた。円盤直径12cm=74分あれば長めの第九演奏も収められるということで、最終的に直径が12cmになった。

3.
エラー訂正技術がかなりの難題だったこと。符号化の研究をしている先生に教えを請い、クロスインターリーブとリードソロモンを組み合わせた方式を採用した。これはCDを実用化するうえでの重要なブレイクスルーだった。

あと、データ解析のバイトとして名うてのハッカーを雇ったが仕事が遅く役に立たなかった、なんて話も載っていた。

なにぶん20年以上前に読んだきりなので記憶違いもあるかもしれない。地元の図書館はまだ持っているかな?
「CDの収録時間にカラヤンが絡んでいる」というのをガセネタだと考える向きもあるらしい。
# 私は初めてCDラジカセを買ってもらった時、一緒にカラヤンのCDも買ってもらった。カラヤンとCDの繋がりについて何か思うことがあったのだろう。

スポンサーサイト

らき☆すたについて書くと何かトクがある?

"らき☆すた" "ニコニコ動画" "MAD" "面白くない" あたりで作文を書くと何かトクがあるらしい。
お盆休みが近づきヒマを持て余す → ニコニコ動画を見る → らき☆すた関連が目に留まる → 上記のワードを組み込んで何か書く みたいな流れ?
オタク批判ってのはTVでいうラーメン、子供、動物みたいな位置づけか。アクセス数アップのための鉄板ネタという印象がある。

Wiiのアップデートで不具合発生

Wiiのアップデートで不具合発生、「任天堂しっかりしろよ」みたいな感想が各所で出ている。
「MODチップなどの海賊版対策はバグを発生させる可能性が高い」みたいな意見は…出てないか。

RSSフィードの購読は「subscribe」から、という話

RSSフィードの購読は、「subscribe」からより。
Mac OS X付属の辞書でsubscribeを引くと、
「arrange to receive something regularly, typically a publication, by paying in advance」

「事前に金を払って、出版物などを、定期的に受け取るよう手配すること」
つまり、原語でも"金を払って"という意味が含まれている。それをNewsGroupの定期取得なんかにも使うようになって今に至る、という流れ。
誤訳ではなく、原語そのものが拡張使用されている。

# Caminoでは「登録」と訳している。セ、セーフ…

iPhoneの公式ツール:iClip!

digg.comで6000以上のポイントを稼いでいる写真。
Official iPhone Tool on Flickr - Photo Sharing!
吹いた。
digg.comのコメント欄ではiClipと命名されている。
そういえば、初代iMacもリセットボタンがピンでないと押せない構造で、それを押すための部品が某メーカーから発売されてたなあ。

ゲーム的「近頃の若いもんは…」

最終防衛ライン2 - 与えられることに慣れすぎたゲーマーを読んで。

少し前かな、中国新聞で「NHKの中学生日記で学校に監視カメラを設置するって話があって…」というコラムがあった。
中学校の校舎内に監視カメラが設置されたという話を聞くと、ついプライバシーがどうのとか、子供を監視するとは了見が狭い、なんて方向を考えてしまう。
ところが、中学生達は「いかに面白く監視カメラに映るか」という遊びを始めるのだ。
そのコラムの執筆者は「子供達のバイタリティに感心させられると同時に、自分の頭の固さが恥ずかしくなった」といった内容で締めくくっていた。

"世のライトユーザーはストーリーを見るために工夫の余地のないゲームを遊んでいる"といった認識そのものが、ライトユーザーをステレオタイプで見た幻想ではないか?と私には思われるのだ。ゲーム歴の浅い人は、その人なりに試行錯誤して遊んでいるはず。
自分で攻略を考える余地がまったく無いゲームはごくごく一部だろうし、ゲーム年寄りとなった我々が大抵のゲームに既視感を感じて「新鮮味なし」と斬って捨ててしまう、って構図もある。

まとめると、「近頃の若いもんは…」などと言うってのは年を食った証拠ですよ、ということです。

「~は俺の嫁」という、愛すべき言葉

「~は俺の嫁」という言葉は、笑いのカテゴリに属する。
「己のダメさが露になるような発言をサラリと行う」という笑いのスタイルに則った言葉。
「恋人」ではなく「嫁」であるというのが重要だ。架空の人物と結婚するのは明らかに不可能であるという事実が、この言葉の(笑いの)ポテンシャルを支えている。

自虐で笑いを取る文化の流れなのかも。ネットなら"orz"や"人生オワタ"、遡れば労働歌とか…ままならぬ人生を肯定せんがための試み、暗い境遇を笑い飛ばす強さ、というか。

カプセルフィギュアに名作シューティングの機体が登場

【ザ・マシン玩ズ】  新着カプセルフィギュア特集 SRシューティングゲームヒストリカより。
なんじゃこりゃーっ!買う!と思ったら2007年11月ですか。忘れそう…

プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。