スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mac OS X 10.5にはQuartz 2D Extremeが搭載されている?

Leopard Technology Series for Developers: Graphics and Media Overviewによると、Quartz 2D Extremeが部分搭載されているように書かれているが…真実は如何に。

スポンサーサイト

居場所のないサードパーティ

Wiiソフト、任天堂の一人勝ちが止まらない理由 デジタル家電&エンタメ-最新ニュース:IT-PLUSを読んで。

まず、ゴーストスカッドは3年前のゲームであり文字通り「一世代古いゲーム」。それに元々の色使いも地味で、比較対象として出す方がおかしい。NiGHTSはなかったの?

Wiiリモコンを前面に出しすぎたせいで、「従来のゲームをWiiリモコン対応にしました」スタイルではユーザーが納得してくれないという状況になってしまっている。
テレビCMの大量投下でWiiFitだけがバカ売れという状況が予想されるが、そうなるとサードパーティの居場所はますます狭くなる。販売台数が伸びないPS3、国内で伸びないXbox360、任天堂が強すぎるWiiとDS…
文化の多様性を保つという意味では正念場なんだけど、これといった対策は思いつかないなあ…
# 海外のWiiは日本ほど状況が悪くないように見える。各種スポーツものやManHuntなどのハードコアなタイトルもラインナップされている。

モンスターハンター3がWiiに移籍

モンスターハンターの特徴は、
・国内での人気が高い
・オンラインプレイ機能が重要
・PSP版が好調 → ハイエンド志向のファンが少ない

ここで各ハードの特徴を見てみよう。ちなみに日本国内での話。
1.PS3
 性能 = ハイエンド
 ネットワーク機能 = 標準装備
 オンラインゲーム料金 = 基本的に無料
 オンラインゲーム開発環境 = 厳しい(改善の気配あり?)
 販売台数 = 全世界的に厳しい
2.Wii
 性能 = ミドルクラス
 ネットワーク機能 = 標準装備(有線接続は別売りアダプタが必要)
 オンラインゲーム料金 = 基本的に無料
 オンラインゲーム開発環境 = 厳しい(改善した模様)
 販売台数 = 北米、日本ともに好調
3.Xbox360
 性能 = ハイエンド
 ネットワーク機能 = 標準装備
 オンラインゲーム料金 = 有料(無料アカウントではオンライン対戦不可)
 オンラインゲーム開発環境 = 有利
 販売台数 = 北米では好調、国内は厳しい


これはWii一択の状況じゃない?
PSP版のヒット → モンスターハンターにはハイエンド環境が必須でないことが証明された → オンライン回りの環境などを含め最も魅力的なWiiに移籍、という構図か。

みんなで投票チャンネル:「占いを信じる?」で日本が断トツ首位

ワールドアンケートの「占いを信じる?」、結果は
信じる=30.1% vs 信じない=69.9% だった。
面白いのが国別の結果で、ペルー、パナマ、コロンビア、ベネズエラ…と南米の国々が信じる派の上位を占めているのだけど、それらを差し置いて日本がトップ。
2位のペルーに10%近い差をつけていて、信じる派が45%ぐらいという結果が出ている。
いろんなキーワードが巡る…南米諸国より強力な精霊信仰が現存?とか。
宗教の縛りが少ない生活様式とか。キリスト教汚染が進行していないとか。
TVの星座占いなどで占いに対する抵抗が小さい(シャーマンの託宣のような、大仰な占いを想定していない)とか。
自然環境に受動的な国民性とか…そういえばWiiの国別結果でアジアに属しているのは日本だけだ…アジア諸国が加わるともっと結果が変わるかも?とか。
想像力を刺激される、いいアンケート!

Vistaにはバックグラウンドのタスクが多い?

Vistaが「遅い」と感じませんか?:ITproより。

Vistaではバックグラウンドのタスクが多いと書いた。フォアグラウンドのタスクだけでは今どきのマルチコアCPUを有効活用できないので,ユーザーのためになるバックグラウンドで動くプログラムを書こうと知恵を絞った結果が,Vistaなのだろうと思う。


WindowsXPでも、システムだけで60以上のスレッドが稼働しているんだが…タスクについての理解が15年程昔で停止しているように感じる。
この件はオートバックアップやインデックス作成のI/Oアクセスがしょぼいのか、物理メモリ不足でスワップが頻発しているか、とかじゃない?

iPhoneがややこしいことになってきた

iPhoneがややこしいことになってきた

今度のファームウェアアップデートで野良アプリ消去+場合によっては起動不能で、Gizmodeのライターが何やらエキサイトしている。

Appleは今のところネイティブアプリ開発環境を提供していない。ドキュメントの整備や開発ツールの提供など、ネイティブアプリというのはiPhoneをただオープンにするだけでは済まない話なので、ユーザーの反応を見つつ段階的に…という算段だったのかもしれない。
ところが、とあるハッカーグループがiPhoneをクラックし、野良アプリのネットワークインストーラを作り、それにぶら下がる野良アプリが大量にリリースされるという事態が進行している。(しかもSIMロック解除のおまけつき)野良アプリの動作環境が整ったことで脆弱性の解析が一気に進んだという副作用も生じた。
Appleが将来やったかもしれないことをハッカーグループが代行しているという構図になってしまった。自らをiPhone Dev Teamと名乗るといった不遜な態度もAppleの神経を逆撫でしたに違いない。

Apple純正の開発環境が提供されるまでこの不毛ないたちごっこは続くだろう。その負債はいつもの如く一般ユーザーが背負うことになる。

プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。