スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WindowsにおけるSafariの配布に伴う、いつもの管巻き

スラッシュドット・ジャパン | Apple Software Updateはソフトを新規インストールしようとする?

Mozilla CEOの主張についての議論が欠片もないところがさすがというか。
Safariの概略説明が英語だったので、日本人はあまりインストールしてないと思うけど。

1.
Apple Software UpdateはMac OS Xのものとインターフェイスがほぼ同じ。(項目を無効にするやり方も同じ)
Mac OS X上で使う場合は、システムにとって必要なアップデートばかりが表示されるから何の問題もない。
それをWindowsにそのまま持っていってるのが問題の源だ。
あと、Apple Software Updateはアンインストールしない方が良い。QuickTimeのセキュリティアップデート配布が最速で行われるから。

2.
QuickTimeが拡張子の関連付けを勝手に変更するとのたまう人は、恐らくインストール時に目をつむっていると思われる。目を開けてダイアログを見るようにすると回避できる。

スポンサーサイト

FPSによる死の疑似体験

「ゲーマーにとって自分の死は快感」研究を考える | WIRED VISIONより。

「死は快楽ではないか?」という考え方は、紀元前から今日に至るまで多くのチャネラー、宗教家、哲学者、文学者etc…が述べていて、これ自体は目新しいことではない。
重要なのは、FPSのような「極めて没入感の高いゲーム」の登場により、死の疑似体験が可能になったことだろう。
サターンの名作FPS「1999ファラオの復活」で"バッドトリップ"を体感したことがある。着地するはずがそのまま下方へ落下してしまうときの、喪失感に似た形容しがたい感覚。
現在のネット対戦型FPSではどうだろうか。おそらくそこは、「本当の戦場さながらのリアルさ、そして対人戦ならではの理不尽で不可避な死がプレイヤーに降り掛かる」場所だ。
そこで体験する死とその瞬間に巻き起こる感情は、現実世界でのそれに近づいているのではないだろうか? 痛みを伴わないというゲームの特性は「死こそ快楽」という真実をよりはっきりと浮かび上がらせる。

# 「痛み、あるいは感覚を伴わない」というのは真実への裏道。ゲーム、仮想現実、サイケデリック、夢、幽体離脱、瞑想…

Wiiに「テレビの友チャンネル」が登場 - 任天堂恐るべし

「気になる番組にスタンプを押す。Miiとスタンプが連動していて、年齢を入力できる」
「Wiiリモコンに選局機能を持たせる」
「都道府県を指定して番組表を受信」
そして、これらの情報を集計する、と。
どの番組が注目されているか。都道府県別に見てどの番組が強いか。チャンネルの切り替え頻度は。番組を見ている年齢層は…
集めた情報を番組表に反映して、集合知ライクなエンターテインメント性を持たせるのか。
「みんなで投票チャンネル」で打ち止めかと思っていたらこんな隠し球を準備していたとは。(いろんな意味で)任天堂恐るべし!

dolipoをiBook G3で使ってみた

dolipo - drikin.com

Mac OS Xのインターネットが劇的に速くなる!と話題のdolipoをiBook G3+10.4 Tigerで試してみた。
確かにYouTubeは動画のダウンロードが速くなっているけど、一般的なサイトでは変化が感じられない。逆に遅くなる(接続待ちの時間が伸びてしまう)サイトがちらほら。
うちの環境だとマシンがしょぼいので、Webブラウザのレンダリング速度がボトルネックになっている。最近のマシンだとまた違うのかもしれない。
pipeliningは不安定という過去事例を考えると過度の期待は禁物だ。というわけでdoiipo導入は見送り。BroadBandTunerで十分OKですよ。
※ Firefoxってシステムのプロキシ設定を反映してくれるんじゃなかったっけ? と思ったら、この機能はCamino独自のものでした。

プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。