スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

dolipo再び

半年ぐらい前にdolipoを試してみたけどあまりよろしくなかった。Macを新調したのでもう一度dolipoを導入して3日ほど使ってみたけど…やっぱりよろしくない。
導入した直後は恐ろしく速かったが、1日経つといろんなサイトの読み込みがストールし始める。YouTubeやニコニコ動画でも試してみたが同じ傾向が出る。読み込み速度もデフォルトと変わらなくなってしまう。
相性の悪いサイトは除外リストに入れたり、細かいチューニングを施せば良いのだろうが、面倒なので結局dolipoは止めにした。

# Mac OS Xの場合lookupdがDNSキャッシュを行うので、BINDなんかを使ったDNSキャッシュのカスタマイズは意味がない。


スポンサーサイト

「Linuxの普及しない理由」を考えていたらグダグダになった

「Linuxの普及しない理由」を思いついて、書き進めていたら論理が破綻したのですべて没。だめだこりゃ。
以下はその残骸。

欧米と日本との、Linuxに対する熱意の差(Ubuntuとか熱いよね)を見ていると、欧米には「コンピュータは大衆にとって不可欠なテクノロジーである」という認識があるんだろうなーという感じがする。大衆にとって必要なものだから無償提供に意味がある! という。PC歴の古さ、社会構造、合理主義、物理的な国土の広さetc…あたりを基礎としたコンピュータ観だろうか。
日本はあいかわらずPCが趣味の範囲から抜け出せてない。普及率はそこそこ高くなったけど社会的地位あるいは必要性は向上しとらんというか。

Google Street Viewと、公共空間の認識について

生活圏単位で例を挙げると、「自宅室内 → 庭 → 周辺区画/通学路・通勤路・スーパーへの道…」といった、階層ないしは並列であるホロニックな空間を認識し、それぞれに存在する "公共レベル" を推し量って生活している。私有地を一歩出ればそこは一切の粗相が許されないThe公共空間!なんて認識じゃ疲れるので、自分で "公共レベル" を設定して、それにあわせて気を緩めるわけ。共同体の形成によって "公共レベル" の判断様式が共通化されればみんなが一様に気を緩められるので、みんなの心的負荷を下げることが可能になる。

# ホロニックとは、ひとまとめにできるグループが階層的に存在する様子。例えば、市町村 → 県 → 国家 → 地球…という階層がある。自分が何に属すると認識するか -- 「町民」か「県民」か「日本人」か「宇宙人」か -- それによって自分の振る舞いは変わってくる。

空間の区切りの認識や "公共レベル" の判断が法律でなく個々人に委ねられている以上、「私有地以外はすべて公共空間です」というのは通用しにくい。日々の生活においては法律に頼らず「倫理」や「共通認識」や「礼儀」などでギリギリまでカバーするというのが日本式だから。
# そういう意味では、日本は真の法治国家ではないと言える。

技術革新がどうの…という論議はズレていると思う。社用車を走らせて大量に写真を撮る行為のどこが技術革新なの? どっちかというと、パワーに任せて世界を己の都合の良いように作り替えるシステマイザーって感じ。

Google Street Viewに対する反発は日本だけではない。米国のスラッシュドットでもサービス開始時に
「道端から見られるのと、それを記録されて世界中に公開されるのとは一緒じゃねえよ」
「なんで米国にはこういう行為を取り締まる法律がないんだ?」
「政府がやると Bad でGoogleがやれば Goodだと? ステレオタイプも大概にしろ」
みたいな意見が出ているし、英国の新聞では「プライバシー侵害の恐怖」という見出しで記事になっていた。


Macでipv6 temporary addressを有効にする:lauchd 版

高木浩光@自宅の日記 - MacユーザはIPv6を切るかnet.inet6.ip6.use_tempaddr=1の設定を
を読んだので、起動時に自動設定するスクリプトを作ったけど、これだと起動した後にネットワーク設定を一度on-offしないと反映されないため実用的とは言い難い。
というわけでlaunchdを使う形式も作ってみた。邪道ではあるがsysctl.confをいじらなくて済む。

ipv6_tempaddr_launchd.zipをダウンロード

手順
1.
上記のzipファイルを解凍すると「ipv6_tempaddr」という名前のフォルダができるので、中にある ipv6.use_tempaddr.plist を起動ボリュームの ライブラリ/LaunchDaemons にコピーする。(管理者権限が必要)
lauchdaemons.png

2.
BatChmodを使って、ipv6.use_tempaddr.plist に適切なアクセス権を設定する。
BatChmodのダウンロード
BatChmodを起動し、ipv6.use_tempaddr.plist の所有者をroot、グループをwheelに設定する。下のスクリーンショットを参考のこと。
batchmod

3.
Macを再起動する。次にターミナルを開いて、「ifconfig」と入力し、「inet6 (アドレス) prefixlen 64 autoconf temporary」という文字列が存在するのを確認する。
次にコンソールをしばらく眺める。ipv6.use_tempaddrがらみのメッセージが増え続けているようならマズいので ipv6.use_tempaddr.plist を無効にしてください。

4.
無効にするには、ライブラリ/LaunchDaemons から ipv6.use_tempaddr.plist を削除すればよい。

Mac OS X 10.6, 10.5, 10.4 で内蔵Ethernetだとこの方法でいけるみたい。AirMacについては未確認。
10.3以前はlaunchdがないのでこの方法は使えない。sysctl.confにコマンドラインを書き込むしかないかも。


プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。