スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CrossOver Macで東方を動かす 正式版での問題点について

東方Project、紅魔郷から地霊殿までを大人買いしたので、一通りプレイして気が付いた点を挙げておこう。
文花帖以外はエクストラステージまでプレイしたけど、ゲームが進行不能になるような問題は起きなかった。
#というか、文花帖は正直クリアできる気がしない…

全般
・BGMについて、MIDIだと特定の音色が鳴らない。WAVは問題なし。
・ステージクリア時の一枚絵がときどき乱れる。

東方紅魔郷
・フルスクリーンモードだと動作が速くなりすぎる。設定で"60fpsに制限"をonにしても効果がない。

東方花映塚
・少しずつフレームレートが低下していき、ゲームがスローになっていく。
・最終ステージクリア時の得点結果表示をボタンで飛ばさないでいると、その表示がエンディングまで残り続けるうえにエンディング終了時にフリーズする。
・リプレイを保存するとフリーズする。

東方文花帖
・撮った写真が表示されない。
・スペルカード名やアドバイスの文章が半透明になり、ほとんど読めない。

東方風神録
・config.exeが起動できない。
・CrossOverがウインドウエミュレートoffで、さらに風神録がフルスクリーンモードの場合、画面が表示されない。
・デモシーンの会話文や取得スペルカード一覧などが半透明になり、ほとんど読めない。

東方地霊殿
・config.exeが起動できない。
・少しずつフレームレートが低下していき、ゲームがスローになっていく。
・デモシーンなどの会話文や取得スペルカード一覧などが半透明になり、ほとんど読めない。

最も安定動作するのが妖々夢と永夜抄。
フレームレートの低下については、うちのiMacだとプレイ時間30分オーバーあたりから60fpsを割り込むようになる。
風神録と地霊殿の会話文については、MS PゴシックなどのMicrosoft純正フォントがあると少し読みやすくなる。Officeを持っていない場合は……体験(ry

yoyomu_ph

chirei_ex

ゲームについての感想は日を改めて。
スポンサーサイト

「ネットは全世界に繋がっている」を振りかざす

ログインネームは匿名でも偽名でもないことを知るべきだ
と、
一般常識ブログマナーを訴える人と、全く話がかみ合わないたった一つの理由*ホームページを作る人のネタ帳
とを組み合わせると、「ネット上の公開リソースはもともと全世界から閲覧可能なのだから、それをTVや新聞で流して何の問題があるの?」という論理が生まれないだろうか。
TVや新聞は影響力が桁違いだからNG? ソーシャルブックマークの人気エントリーなんかは大した影響力が無いからOK?
紙媒体や電波媒体への転載はNGで、ネット内での転載はOK?
TVや新聞などの "マスコミュニケーション" は人間の基本機構でなくただの商業行為だからNG? ハイパーリンクはネットの基本機構だからOK?
…なんかスッキリしないな。「ネットは全世界に繋がっている」っていうのは確かにその通りだけど、それを都合のいい時にだけ振りかざしているような印象がある。

人類vs機械

あなたの自意識の当たり判定はどのぐらいですか? - ARTIFACT@ハテナ系より。

つまり弾幕を嬉々として放っているのは、「月に封印されたマシン兵団」「UIMS」「バクテリアン」のような、人類に仇なすものの群れってことなのか。

パソコンと温度の関係

- ケミコンは、周囲温度が10℃上がると寿命は半分になる -
組み込み基板でケミコンのトラブルが多発した際の、ケミコンメーカーの見解。
基板の温度を上げないように通気性(エアフロー)を確保すべし、というのが専門家の言葉。

- 潤滑油の寿命は、温度上昇に比例して短くなる -
ベアリングメーカーの見解。

- 磁力は、温度上昇に比例して小さくなる -
磁石メーカーの見解。

- 機械を限界性能付近で恒常的に使用すると、故障を起こす頻度が跳ね上がる -
機械の公称寿命時間というのは「普通の負荷で使った場合」で算出されている。高負荷で使うとそれだけ寿命が早く訪れる。

おまけ
- 組み込み基板のケースは、定期的に中のホコリを掃除すること -
ホコリが故障の原因になる。

Apple自身は、iPhoneのUIを"直感的"とは言っていない?

iPhoneのUIが直感的かどうかという話を見かけたので、Appleのサイトに絞ってGoogle検索してみたが、Apple自身がiPhoneのUIを"直感的"と言っているページは発見できなかった。"革新的"だとは言っているが。
旧iPhoneのときは言っていたのだろうか?それとも過去の講演でジョブズが言ったのだろうか?

普段使っているMacのキーボードショートカット

普段使っているMacのキーボードショートカットおよび特殊な操作を書き出してみた。

文字入力時、あるいは一般的なもの
確定直後にかなキーを2回押し:未確定に戻す
ひらがな入力時に英数キーを2回押し:英数入力に訂正
英数入力時にかなキーを2回押し:ひらがな入力に訂正
option + X:未確定文字列をカタカナに変換
option + Z:未確定文字列をひらがなに変換
ctrl + shift + N:ことえり単語登録を開く
cmd + X:切り取り
cmd + C:コピー
cmd + V:ペースト
cmd + A:すべてを選択
cmd + H:アプリケーションを隠す
cmd + S:保存
cmd + W :ウインドウを閉じる
cmd + Q:アプリケーションを終了
cmd + tab:アプリケーションの切り替え(直前にアクティブだったアプリが最優先)
cmd + → :行末へ移動
cmd + ← :行頭へ移動
cmd + ↑:ページ先頭へ移動
cmd + ↓:ページ終端へ移動
cmd + F:検索
cmd + Z:直前の操作を取り消し
cmd + ´:ウインドウの切り替え(JISキーボードは不可。環境設定でキーの組み合わせを変更すればOK)
単語をダブルクリック:単語単位で選択
トリプルクリック:行をまるごと選択
リスト表示で三角マークをoption + クリック:それ以下の項目を一括リスト表示する
ドラッグをキャンセル:ドラッグしている項目をメニューバーにドロップ


Finderで
cmd + N:新規ウインドウ
cmd + shift + N:新規フォルダ
cmd + E:選択したボリュームをアンマウント
cmd + delete:ゴミ箱に入れる
cmd + I:情報を見る
cmd + option + I:インスペクタを表示
アイコン選択時に return:名前編集状態にする
カラム表示で||(リトルタブ)をダブルクリック:カラムサイズを最大化
カラム表示で||(リトルタブ)を option + ダブルクリック:すべてのカラムサイズを最大化
カラム表示でフォルダアイコンを cmd + ダブルクリック:新規ウインドウでフォルダを開く
cmd + 1~4:表示形式を変える。1=アイコン 2=リスト 3=カラム 4=CoverFlow
ウインドウのプロキシアイコンを cmd + クリック:階層メニューを表示(右クリックでも可)
ウインドウのプロキシアイコンをドラッグ:その項目をドラッグするのと同等の効果
アイコンを cmd + ドロップ:アイコンを等間隔でドロップ
アイコンを option + ドロップ:項目のコピー
アイコンを cmd + option + ドロップ:エイリアスを作成
別ボリュームへのドロップ時にアイコンを cmd + ドロップ:項目を移動


保存/開くダイアログで
cmd + D:デスクトップに移動
カラムビューのファイルアイコンをクリック:そのファイル名がファイルダイアログに入力される
return:ハイライトされているボタンを押す
Finderのフォルダアイコンをカラムビューにドラッグ:そのフォルダを開く
cmd + shift + N:新規フォルダ


Dockで
cmd + option + アプリアイコンをクリック:そのアプリ以外をすべて隠す
option + 区切りをドラッグ:Dockのサイズを段階的に変更する
ファイルをアプリアイコンに cmd + option + ドロップ:ファイルを強制的に開く


Spotlightで
検索結果を選択して cmd + R:その項目をFinderに表示(cmd + returnでも可)


Exposéで
項目のドラッグ中にExposé:ドラッグを維持したままExposéを実行する。各ウインドウへのドロップが可能。
Exposé中に tab:アプリケーション切替。項目のドラッグ中でも可能。ただしExposéでのデスクトップ表示中は不可


スクリーンショット
cmd + shift + 3:画面全体
cmd + shift + 4:画面の一部。ドラッグで矩形領域、さらにスペースキーを押すと特定のウインドウやメニューを撮る

…結構いろんな組み合わせを使っている。

私が普段使っているMacアプリ

はてなブックマークの人気エントリーに、ときどき「私はこんなソフト入れました」的な記事が載っていることがある。
それをマネして、ユーザー歴だけはそこそこ長い私が、iMacに入れているアプリを列挙してみよう。

AppleTrans
翻訳支援アプリ。文章を翻訳して、原文と翻訳文のセットを.corpusに保存していく。次回からはcorpusを使って自動翻訳できる。原文との一致率を比較するので、原文がちょこっと変更されても追随してくれる。

AppleGlot
ローカライズ支援アプリ。

Trunks
AppleGlotが生成する.wgファイルを編集する。ADViewerの代替として大変重宝しています。

英辞郎ビューア
英辞郎を閲覧するアプリで、動作が高速。英語サイトを見るとき、翻訳作業時などに活躍する。

mi
元ミミカキエディット。歴史あるテキストエディタ。

MacPorts
Caminoをソースからビルドするのに必要なので、一応入れている。

Xcode(要登録)
Mac OS Xの開発ツール。ローカライズ作業に必須。

Camino
Webブラウザ。Chimeraの頃からずっと使っているので手離せない。

RBrowser
FTPクライアント。カラム表示できるのが最大の利点。ただし、フリー版だとFTPしか使えない。

StopFold
Mail.appの、非常に質の悪い自動改行を無効にしてくれるプラグイン。Mail.appを使う場合は必須といっても過言ではない。

BathyScaphe
2chブラウザ。2chブラウザの定番は、マカー用、CocoMonar、そしてこの罰襟巻に移り変わった。

Flip4Mac
wmvを再生するためのQuickTimeプラグイン。

StuffIt Expander Free
様々な圧縮ファイルを展開できる。sitファイルは絶滅寸前なので、私のような物好き以外はThe Unarchiverなんかがお勧め。

GraphicConverter日本語版(有料)
老舗の画像変換ソフト。ブラウジング、デジカメ写真の編集など多くの機能を持つ。ColorSyncに対応しているのが良い。

Audacity
サウンドファイル編集アプリ。ファイルパスに空白や日本語があるとNGだったり、UIを日本語にするとクラッシュしたりと小さな問題がある。

NeoOffice
OpenOfficeのUIをMacネイティブにした、MS Office代替アプリ。OpenOfficeがCocoa UIになったけど、今後はどうなるのだろう。

Lyrics Master
歌詞をダウンロードする。iTunesに歌詞を入力する時に非常に便利です。

CrossOver Mac Standard(有料)
Wineを内蔵しており、Windowsなしで特定のWinアプリを動作させられる。東方Projectのゲームをプレイするのに使っている。

USB OverDrive X(有料)
キーボードのキーをUSBゲームパッドに割り当てられる。CrossOverと組み合わせて東方Projectを快適にプレイ!

iSwiff
.swfファイルを単独閲覧できる。Flashゲームをブラウザなしで遊べる。

二十世紀ボヤージ
美しく示唆的なスクリーンセーバ。

空模様
定番の天気予報Widget。

洞窟物語 for Mac OS X
フリーゲーム「洞窟物語」のMac OS X移殖版。

Google Earth
説明不要の地球儀アプリ。

MindNode Free
マインドマップを描く。スーパーダライアスのステージリストを作るのに便利。

NADのカタカナ語辞書
カタカナを英単語に変換することえり追加辞書。スペルミスを防ごう。

TinkerTool
Mac OS Xの隠し設定を変更する。ちなみに、TinkerToolはこの種の設定変更アプリの始祖。

Monolingual
不要な言語リソースを削除する。iMacではハードディスクにかなりの余裕があるため使っていない。

ShowVolumeFrag
ハードディスクの断片化状況を見る。hfsdebugも必要。

HexEdit
古参のバイナリエディタ。Mac OS 9のシステムリソースをいじっていた頃の名残。

KeyCode
キーコードを見るシンプルなアプリ。

UnicodeChecker
ユニコードと文字の対応を確認するアプリ。

AppCleaner
アプリケーションの削除を支援するソフト。

Pacifist
.pkgから特定のファイルを抜き出せる。購入しないと起動に時間がかかる。

BatChmod
アクセス権の変更をGUIで行える。これも古いアプリ。

Highlight
Spotlightの検索対象に入っていないフォルダを、検索対象に入れる。
10.5ではSpotlightの検索対象が狭まっており、~/Libraryの中身などが検索結果に現れてくれないので困る。

EasyFind
旧方式の検索アプリ。こっちの方が便利なこともある。

Tune-up iTunes
iTunesの自動ジャンル変更などを無効にできる。この御方もかなりの古参。

Onyx
カーネルキャッシュを消去したり、定時メンテを実行して溜まったログを削除したりするのに使う。AppleScript Studioで作られたアプリでは最も有名ではなかろうか。

Lingon
launchdが解釈する.plistを編集する。スワップファイルのサイズを変えたり、ipv6ランダムアクセスを有効にしたり、変な起動項目がないかどうかチェックしたり。

Sloth
アプリケーションが内部的にopenしているファイルやIPアドレスの一覧を表示する。アプリの挙動を観察する時に使う。

smcFanControl
内蔵ファンの回転数を変更できる。
iMacは、筐体の温度が上がってもファンの回転数があまり上がらないので不安になってくる。このアプリでハードディスクファンの下限回転数を底上げしている。

Temperature Monitor
内蔵されている温度センサの数値を見る。ハードディスクの温度が上がりすぎてないかどうかチェックするのに使っている。

StartupSound.prefPane
Macの起動音のボリュームを独立調整する。

…こうして見ると、殆ど使っていないアプリも結構あるなあ。

小室哲哉の逮捕 → 音楽CDも発売中止 = 穢れ思想

404 Blog Not Found:News - 小室哲哉逮捕とCD発禁を読んで。
穢れ思想を知らないのか、それとも穢れ思想を受け容れ難いと言っているのか、どっちなのかが分からないが…

この話は穢れ(けがれ)思想の典型的なパターンに思える。
穢れ思想の特徴に「穢れは伝染する」ってのがあるので、小室哲哉が生んだ楽曲もまた"禊(みそぎ)"の必要ありと見られてしまう。
親兄弟などの血縁関係と同じく、音楽や書物、絵画なども「血や魂を分けたもの」なので、穢れが及ぶとされるのだろう。

筆書きフォントが発する手作り感

例えば、飲食店のチェーン店では、筆書きフォント?(正式名称を知らない)がよく使われている。
「店の中身はただのチェーン店で、"手作り"とか"職人の味"とかには縁遠いものだ!」と心に言い聞かせても、フォントを見た時に生じるシンパシーを抑えることができない。何故だろう?

「薄い」古着

古着屋を営む友達が、以前こんなことを話していた。
アメリカの古着というのは「濃い」。リーバイスなどのジーンズ類、ビッグマックやJCペニーなんかのシャツやパンツも、基本は「濃い」ので若者にはイマイチ受けが良くない。
そこで、大手のショップは、そういう古着丸出しのモノではなく、「薄い」モノを前面に出している。古着というステータスを維持しつつ、中身は「薄く」して若者にウケるモノを売り捌いていく。
彼らは実に商売がウマい、と友達はこぼしていた。

Windows Vista → 7への流れが既視感ありすぎ

Vistaが総スカンを食らって、MicrosoftがVistaをブラッシュアップしてWindows7として出す流れとか、ここぞとばかりに「XPで十分」だの「ユーザーは進化を求めていない」だの「OSなんてネットに繋げりゃ何でも良い」とかいう声が飛び交うのって、5~6年前にMac OS Xが通った路そのまんま。popcultureですなあ。
プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。