スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暮れの散財

本屋によったら創元社 知のカタログフェアなんてのをやってた。宝石を並べたかのような輝き!
眺めていると「錬金術」というタイトルの本が目についた。ほほうこれは…と思って手に取ると、「監修 種村季弘」の文字が!
そして、ジョルジュ・ジャンの「文字の歴史」と「錬金術」を持ってレジに並ぶ私がいた。

スポンサーサイト

「職人はやり方だけを知っている」という誤解


ITは「理系」なのか? - Zopeジャンキー日記を読んで。

「たくさんの知識・道具の使い方を理屈抜きでアタマに叩き込んで、必要なときにそれを取り出している」世の職人はこういう感じに見られているらしい。
私の経験談で言うと、理屈を無視するような職人は存在しない。
理屈を知らないと、未経験の状況に相対した時に対処不能になってしまう。経験が多くなるほど、その共通項=理屈が補強されていく。
"学者"と"職人"との違いは、理屈の突き詰め方の深さ。学者は理屈を「法則」や「公理」あたりまで磨き上げるが、職人は目の前の事項が解決できるレベルで探求を留める。
これはどちらが優れているというような話ではなく、"学者"と"職人”とでは扱う問題の性質が異なっているということ。

#あと、「文系人間は理屈を無視する」という誤解もあるね。

マンガ版パトレイバーを思い出した

新広島市民球場の命名権(3億円)を止めて雇用に回してほしいという要請がマツダに来た話で、パトレイバーのこのセリフを思い出した。(うろ覚え)

会長「いずもは、高度な計画に基づいた先行投資だ!お前ら労働者に払う日銭とは、質が違うんだ質が!」
野明「ひどーい!」
遊馬「俺、どっちの理屈も分かるんだよな…」

Wassrを始めてみた

waveriderのつぶやき
まだ、使い勝手が良く分からない。

天気予報は疑似科学の温床

高気圧や低気圧、台風などは只の"現象"なので、「発達した」「上陸した」「進路を徐々に…」などの、生物を連想させる言葉を使うのはよろしくない。自然現象に何らかの意思が投影されていると捉えることは疑似科学の温床になっちゃうからね。
だから、僕たちは水伝などという特異な例をあげつらうよりも、日頃から疑似科学的な思考を人々に植え付けている天気予報に対して改善を叫ぶべきだ!

# 疑似科学の源泉は、人間の「世界の捉え方」にあるのであって、無知や無学が原因ではない。むしろ、知識を得ることによって生来の世界観を抑えていると見た方がいい。本能を理性で抑えているように。

追記
これ、冗句って書いとくのを忘れてた。

ニコニコ動画で私的録音録画のアンケートがあったが…

ニコニコ動画で私的録音録画のアンケートがあった。項目は以下の通り。

Q1
デジタル方式で行う私的録音録画には、著作者やアーティスト、レコード製作者等(以下「クリエータ等」)への保証金の支払いが必要である事を知っていますか。

Q2
現状では、権利者への保証金は、機器や媒体の価格に上乗せされており、それらのメーカーがあなたに代わってクリエータ等に対して支払っていることを知っていますか。

Q3
それら補償金の支払義務が、法律上あなたにあることをご存知でしたか。

Q4
今日では、パソコンや携帯音楽プレーヤーなど、大容量の機器を用いて私的録音録画が行われています。これらもデジタル方式の録音録画機器であるので、従来のMDやDVDと同様に、クリエータ等に保証金を支払うべきだと思いますか。

Q5
一つ前の設問で、支払うべきとは思わないと答えた方は、理由は次のうちどれですか。

Q6
ヨーロッパでは、多くの国で携帯音楽プレーヤーや、データ用CD-R・DVD-Rなどが補償金の支払い対象となっていることをご存知でしたか。

Q7
日本では補償金精度に反対しているメーカーが、ヨーロッパでこれら機器等を販売する際、補償金を支払っていることをご存知でしたか。

Q8
こうした事実により、例えば、フランスでは国民一人当たりの年間の補償金負担額は400円ほどですが、日本では28円ほどです(2007年度)。国によってクリエータ等に還元される保証金の額に大きな違いがあることをご存知でしたか。

Q9
また、補償金制度のある国々では、日本以外すべて、法律上の補償金支払義務者がメーカーや輸入業者であることをご存知でしたか。

Q10
著作権保護技術(コピーガード)は、コピーが簡単なデジタルの世界では、違法な利用を防止する重要な役割があると、クリエータ等は考えています。あなたは、コピーガードについてどのようにお考えですか。

Q11
音楽CDには、1世代目のコピーは何枚でも作れますが、コピーしたものからのコピーは作れない、という著作権保護技術(SCMS)が当初から施されている事をご存知ですか。

Q12
現在の補償金制度は、この音楽CDの著作権保護技術を前提として導入されたことをご存知ですか。

Q13
MDではこの著作権保護技術が有効でしたが、パソコン上では事実上無効となり、デジタルによる私的録音がクリエータ等の想像をはるかに超える量になってしまったことが、現在の補償金制度を見直す動きの大きな要因であることをご存知でしたか。

Q14
このため、「ダビング10」というルールが消費者、メーカー、クリエータ等、放送事業者の合意で導入されました。録画したテレビ番組を10枚のDVD等ディスクにコピー可能というものですが、あなたは普段、番組のコピーディスクを10枚作りますか。



創造的活動を行っていないような連中まで"クリエーター"と呼ぶだと…?寝言は寝てから言ってください。他にも色々とおかしい部分がある。
以下は私の意見。
・ヨーロッパでは国民一人当たり~みたいな話を出すのはおかしい。補償金支払いは"国民の義務"じゃないから。
・「他人への譲渡」ではない、リスナーの数が増えないようなコピー(iTunesやiPodへのインポートなど)に補償金が必要だという正当な理由が無い限り、補償金を支払う価値はない。
・DRMはあってもいい。ただし、利用者に不便を押し付けるような機構はダメ。iTunesのFairPlayレベルでないと受け容れ難い。



津田さんが参加していた例の会合は進展の無いまま終わってしまった。
参加したあらゆる勢力が「誰も彼も手前の利益ばっかり考えやがる」ために。

グロテスクな行為 分析という名の嘲笑

あたしオートマトン - 理系男子の書斎には、どうしても小説が少ない。っていうか無い。 - ファック文芸部
「あたし状態遷移図」、あるいは「あたし約5.2MB」 - 理系男子の書斎には、どうしても小説が少ない。っていうか無い。 - ファック文芸部

このようなグロテスクな試みを見たのは久しぶりだ。
邪な人形作り、いや、人造人間作りとでもいうべきだろうか。罪人の身体を観察して吟味して切り刻んで人形をつくるかのような。
罪人の醜悪さを受け継いだ人形の存在、さらには、創造行為をパッチワークで疑似再現するという行為そのものが、オリジナルの罪人を嘲笑していることになる。
気に入らない何かを合法的に嘲笑するために、手間暇かけて入念に正確に偏執的に、解体・分析・模写を行う。グロテスクという形容がぴったりくる。

ユリイカ 増刊号 総特集 - 初音ミク を買った

本屋に寄ったら平積みされていた。
初音ミクというシーンを追いかけている訳ではないので、内容がどれも新鮮で面白かった。
ひとつ気に障ったのが、「徹底討議 初音ミクと未来の音」という座談会。
# 文中では座談会だと述べられているのに、タイトルはなぜか討議になっている。
この座談会で東浩紀という人物が「新しい提案はないの?」「それはない」「それは新しくない」などと言い出す。
これらの発言のせいで、例えば研究室で教授と研究生が会議してて、教授が研究生の発言や提案を否定しまくる、そんな雰囲気になってしまっている。
これは座談会だろう? 新しい提案とか未来を見据えた方針とかは必要ない。果実をゲットしなきゃと血眼になるような輩は呼ばない方がいいよ。

PAW LABORATORYによるHMOアルバムが登場


HMO and WORKS Special Site
"新しい声" "新しい絵"
コミケに興味ない私でも思わず行きたくなるような豪勢さ。YMOの曲が12トラックも入っているのにこの値段は一体…委託販売がなかったらマジで涙目。

428をプレイ中 - 僕たちは、待っていたんだ

10年前,渋谷に季節外れの花火があがった。その女の子の名前は、そこから来ているのだという。
奇遇な話だ、私も同じ花火を見たんだよ。

まだ途中だけど、現時点で「素晴らしい」以外の感想が出てこない。
実写の持つ臨場感、雑多な街を走り回る人物たち、ザッピングを駆使して物語のほつれを解いていく面白さ、交錯し集約していくシナリオの妙…
ああ、これを10年待っていたんだ!

「「ドリルじゃなくても穴は開く」に対するしょーもないツッコミ

明日から試せる「質問のコツ」:「ドリルじゃなくても穴は開く」を気付かせる質問とは? (1/2) - ITmedia Biz.IDを読んで。

ドリルの詳細を知らないと思しきお客さんに相対したとき、「何に穴を開けるんですか?」「穴のサイズはどのくらいですか?」「穴の用途は?」と聞くのが普通だと思う。むしろ聞かない方がおかしい。
例えば…
相手の材質によって適切なドリルは異なってくる。ステンレスだと通常のドリルでは歯が立たないので専用のドリルが要る。
大きい穴を開けたい時は、一発では開けきれないので2種類のドリル(小・大)が要る。ネジ山を設けるための準備穴なら、それに適した直径のドリルを選択する必要がある。
コンクリート床ならアンカードリルが要る。アンカーによっては専用ドリルが必要なことがあり、店頭在庫では対応不能なこともあるetc、etc…

この記事では、真のニーズを汲み取るための例としてドリルが挙っているが、いわせてもらうとドリルのような「工具」を例に出すこと自体が間違っている。
「工具」には必ず「用途」があり、用途を確認しないと正しい選択ができない。専門知識を持たないお客さんに対して、用途を確認せずに工具を売るような人はそもそもやっていけないだろうと思う。

ビデオゲームのウケ狙い評論


ゲームの魅力を支える「娯楽の核」 - 未来私考を読んで。

一歩足を踏み外すと即死の状況で、正確かつリズミカルにアクションをこなしていくのがスペランカーの娯楽の核。
しかし、ここで展開されている「スペランカーは死んだ時が一番面白い」といった類の論は、ビデオゲーム本体に対する評価を最初から放棄しているといえる。
映画の評価でよくある「映画としてはクソなんで、女優のエロさを楽しむのが正しい鑑賞姿勢だ!」みたいなのと同じ、ウケ狙い評論でしかない。
プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。