スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「品質」という乱暴なくくり

中国の特番を見た - レジデント初期研修用資料 を読んで。

あらゆる要素を「品質」という一言でくくるから、話がおかしいことになる。
乗用車の品質とは、「耐久性」「燃費」「出力」「居住性」etc…であり、乗用車を買うということは、提示された性能と下げられた値札とをよく吟味することといえる。
日本車が世界で受け入れられている理由は、「耐久性」「燃費」「出力」「居住性」といった具体的な項目について、他を凌いでいるから。
「日本品質」みたいな不明瞭な言葉を使うと、単純な事実を見逃してしまう。

携帯電話の品質とは「接続安定性」であり、それはインフラ整備や通信規格といった要素が実現している。
言い換えると、携帯電話自体は、電話サービスのキモである「接続安定性」や「サービス提供価格」などに大きく影響しない。
携帯電話は成熟した技術集合であり、標準的な性能のものを安価で提供できるはず。
他国に踏み入ってインフラから作っていくというのは、製品個体の品質向上とは別のスキルと考えた方がいい。
それは政治力や、図々しさや、可能性のあるところにリソースを大動員できる集権構造といったものだろう。

あと、Googleは品質高かったでしょう。「検索精度」や「応答速度」などの、検索の本質的なところが。
サーバがオンボロとか何の関係もない。
戦後すぐの日本の製造現場が、欧米のそれより立派だったと思う?
でも、日本の工業製品は世界で勝利したよ。
スポンサーサイト

クレジットカード作成時の不安な手続き

家電量販店のカードが切り替わるというので、更新手続きに行った。
受付が2つあり、筆記での手続きと、タブレットPC的なものでの手続きを選べるようになっていたので、後者を選んだわけですが…
店員「銀行口座番号はわかりますか?」
私「いや、今ちょっとわからないんですけど」
店員「銀行のカードはお持ちですか?」
私「はい、持ってます」
店員「じゃ、そのカードをこの機械に通してもらえますか?お客さん自身で」
店員「この機械に通すと、無線で情報が送られますので」

…なに?

店員「これが控えになります。そこらに捨てないようにしてください、大事な情報が書かれていますから」

頭の中で考えが巡る。
「俺自身がカードを通して、それがトラブった時の免罪になるのか?その機械にスキミングする仕掛けが施されてたら無意味だろうが!」
「大事な情報を無線でやり取りって正気か?暗号強度は?電波の到達範囲は?近くで傍受される危険性に対しての配慮は?」
でも、その場で騒いだら屁理屈クレーマーのようだし…
結局、そのまま手続き完了。

心配したらキリがないとは言うが…
ちくしょう、郵便での申し込みにすればよかった。

The end of TAITO Corp.

H_OgraのTwitter 2009年11月28日

本当は、10年ぐらい前から、死んでいたんだ。
そして、今度こそ、GOOD BYE。

マンガはノンリニア

なぜ漫画は内容と無関係のことが同じ頁に描かれていても平気なのか ~凍結された漫画の時間の話 - ポンコツ山田.com を読んで。

マンガはよそ見が許されてて、小説や映画はそれが許されないのはなぜか。
「どうやってマンガを読んでいるか」を考えてみる。
小説だと、文章が一直線に書き下されているので、読み手はそれをそのまま辿るしかない。
映画だと、時間に合わせて映像や音声が一直線に再生されるので、観客はそれをそのまま観るしかない。
マンガは少し違ってて、枠線でカットを区切ってるので、島をピョンピョン飛び移るような感覚といえばいいだろうか。しかも飛び移るタイミングは読み手の自由ときている。
つまり、小説や映画はリニア(一直線)なのに対して、マンガはノンリニア(非一直線)である、ということ。

「雑な物作り」

「雑な物づくり」に未来がある - レジデント初期研修用資料を読んで。

「多様な注文に素早く対応できる作業フローが実現できていない」
「品質・コスト・納期の折り合い点をどこにするか。品質側に偏りすぎてないか」
「機械で代行できる業務がいまだに手作業なので効率が悪い」
というような話がごちゃ混ぜで語られている、という感じ。

「雑な物作り」という言葉を考えてみる。
昨今の傾向で言えば、「数値化・明文化できない品質が切り捨てられてる」。
たとえば、メカトロに使う電気部品なんかは、故障率が数年前に比べると明らかに上がっている。
「カタログで謳っている仕様と寿命を満たしていればOK」かつ「競争に勝つためコストはとにかく下げろ」なので、結果として品質ギリギリの部品になっちゃってる。
んで、「最近の家電は壊れるのが早い」みたいなことになってしまう。
誌面レイアウトなんかも「数値化・明文化できない品質」といえるもので、低いところで妥協すればコストは下がるが、それは読み手に跳ね返る。
「別に問題はないんだけど、なんか読みにくいなあ…」みたいな。

「業界自体に金が回ってこない」という問題。
不景気かつ将来性がないことが傍目からみてもわかるので、IT屋とかが積極的になってくれない。
印刷業界や建築業界は、いまだにMac OS 9に頼ってたり、CADをドラフターの代替程度にしか考えないような、「ITがもたらす効率性」に対しての理解の浅さがある。(後者は建築業界に限らない)
IT屋がソリューションを作ってくれないし、作ってくれてもそれは大手向け。
だから自分でフリーなもんを組み合わせて…みたく、DIYでないと状況を変えられない羽目になる。
フラット化する世界みたいな話だけど、仕事に使う工具を自分で作らないといけない、という形。

「最低限の品質しかないモノが主流である世界」というのは、ユーザーにコストやリスクを委託する世界のことなのだろう。
アウトソーシングの一形態なのかもしれない。

10.6 : SafariのコンテクストメニューにTumblrコピー機能を付ける

サービスがいいMacBookにしておく - ザリガニが見ていた...。 より。
おおなるほど、このようにやれば簡単にダブルクオートを付けられるのか!

それはともかく。
このページに付けられたブックマークコメントを見ると、「色々できそうだがキラー用途がない」という物が。確かに。
試しに、SafariのコンテクストメニューからTumblrにコピーする、というのをAutomatorで作ってみた。
Automatorでサービスを新規作成し、以下のように組み立て。

tumblr_contextmenu


一段目のAppleScriptは

on run {input, parameters}
set shell_script to "php -r 'echo urlencode(\"" & input & "\");'"
return do shell script shell_script
end run



二段目のAppleScriptは

on run {input, parameters}

tell application "Safari"
set current_title to name of current tab of window 0
set current_url to URL of current tab of window 0
end tell

set tumblr_email to "mailAddress@url.co.jp"
set tumblr_password to "yourSecretPassword"
set post_type to "quote"
set post_source to "<a href=" & current_url & ">" & current_title & ""
set post_body to input
set tumblr_apiWrite to "www.tumblr.com/api/write"

set tumblr_postRequest to ("email=" & tumblr_email) & "&" & ("password=" & tumblr_password) & "&" & ("type=" & post_type) & "&" & ("quote=" & post_body) & "&" & ("source=" & post_source)
set shell_script to "curl -d " & "'" & tumblr_postRequest & "' " & tumblr_apiWrite
do shell script shell_script
beep 2

end run


¥はバックスラッシュに直して、「mailAddress@url.co.jp」と「yourSecretPassword」にはそれぞれTumblrアカウントのメールアドレスとパスワードを記入しておく。
# マルチユーザーでMacを使っている場合はセキュリティに注意!

これを「Tumblr にコピー」といった名前で保存すれば…
tumblr_cmenu01


tumblr_cmenu02

のように、テキストを即座にアップロードできる。
開発者でなくてもコンテクストメニューを自作できるというのが、10.6 サービスの魅力といえる。

ブーメラン

ブーメランは、相手に命中した場合は手元に戻ってこない。
「それブーメランだよ」と茶化した時、的に当たってないことにされてるような気がするのは何故だろう。
相手にも当たるが自分にも当たるような武器なら、手榴弾とかの炸裂系の方が例えとして適切だろう。
投擲者自身が食らってるのを見て嗤うだけで、本来の的の去就はどうでもいいって感じだろうか。
それとも、狩りの行方はどうでもよくて、嗤えりゃ何でもいいよ、とか。

CrossOverはUSBゲームパッドを正しく認識する? 続き

調べてみたところ、CrossOver内部のwineがDirectInputに対応しているので、たぶんバージョン7の頃からUSB OverDrive不要だったっぽい。
東方シリーズで試してみたけど、東方地霊殿以外はUSB OverDriveなしでOKだった。
東方地霊殿だけは、「DirectInput SetCooperativeLevel が使用できません」というエラーが出てNG。

あと、東方萃夢想 体験版でゲームパッドが効かない原因もわかった。
デフォルトではゲームパッドを使用する設定になっていないからで、config.exeでゲームパッドに変更すれば使えるようになる。
しかし、CrossOverでは東方萃夢想のconfig.exeを起動できないという…
拳闘 で配布されている"ネット対戦用config.ini" を使えば一応ゲームパッドでプレイできるようになる。

CrossOver8はUSBゲームパッドを正しく認識する?

Mac OS X 10.6 にしてからCrossOverとUSB Overdriveの相性が悪くなって、東方をプレイする時に強烈な入力遅延とかキーが入りっぱなしになるとかいうトラブルが出ていた。
で、いろいろ調べた結果、USB OverdriveなしでもUSBゲームパッドを正しく認識していることがわかった。
CrossOverがゲームパッドを認識しているのにUSB Overdriveも重ねて使っていたから入力がおかしくなっていたっぽい。
USB Overdriveをアンインストールすると良くなった。

欧米の空気が読めないから日本発サービスは勝てない?

なぜふぁぼったーは英語圏で負けたのか より。

例えばWebサービスをイチから運営するという話なら、現地ネイティブでないと勝ちにくいという結論でもおかしくはない。
でも、favotterって、twitterの外部かつ単機能サービスだろう?
サイト見ても文字列なんて10行もない。こんな簡素なサイトで言語の壁?
言語の壁とか現地ネイティブとかいう話はただの一般論じゃなかろうか。

favotterは「個人の趣味ページを動的生成」という概念でデザインされてる。
だからページの頭によけいな物が多い。長い説明文、update日付、管理者の名前。
例えば普通のアプリケーションで、長い説明文やupdate日付や作者の名前などが常時表示されてるようなものがあるだろうか? あったらかなりウザい。
ライバルのfavstarを見ればわかるが、単機能サービスなんだから「GUIアプリのようなデザイン」の方がいい。

説明文はもっと短くして(1時間ごとに更新…みたいな細かい事柄はFAQにでも書いときゃいい)、できればタイトルロゴ画像に埋め込んでしまうとか。
タイトルロゴがFavotterなのに、すぐ下にまたfavotterと書いてあるのはスペースの無駄、だとか。
update timeとか管理者名とかはページの最下段に移動するとか。
NEWとかHOTとかのタブは左寄せにして、すぐ下のfav数切り替えをもっと大きく見せるとか。「3 favs」みたいに数字と文字の間を空けるとか。
トップページはJapaneseとEnglishを選択させるだけの画面にして、欧米のユーザーがいきなり日本語ページを開くのを防ぐとか。
IDサーチのボタンを「Jump」じゃなくて「Search」に直すとか。
メインページから目障りなQRコードをなくすとか。
Paypalの寄付ボタンをメインページにデンと置くんじゃなくて、"Help to make favotter even better! → [donate]" みたいなデザインにして、Cyberduckの寄付ページのような説明ページに飛ばすとか。
etc, etc…

罪と罰 宇宙の後継者がムズい

罪と罰 宇宙の後継者をプレイしてるけど、えらく難しい。
Normalだとホント洒落になってない。Stage3の時点で「こりゃ無理」レベル。
無限コンティニューなのでオールクリアは不可能ではないと思うが…
ソードが一瞬で出ないのが結構イライラする。クラシックコントローラだと照準調整にイライラするし。どうしたもんか。
プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。