スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HearJapan - AVTechNO! インタビューの低品質翻訳

HearJapan - AVTechNO! breaks down Vocaloid に掲載された、AVTechNO! さんへのインタビューを翻訳しました。


AVTechNO! と Vocaloid の化学反応

(訳注:Hear Japan 内で)AVTechNO はVocaloid トラックを最も数多くリリースしているアーティストだ。
HearJapan はこの伝説的トラックメイカーにインタビューを行った。 彼の音楽はこのリンクから買うことができる。

HearJapan:
DTMをはじめたきっかけは何でしょうか?

AVTechNO!:
坂本龍一や小室哲哉を見て「おお、スゴくかっこいい」と思ったのと、自分が楽器をうまく弾けなかったことが大きいです。
ちょっとは弾けたんですが、楽器を使った音楽というのはまったく作ることができませんでした。
DTM ならプログラムを組むことで思い描いた音楽を正確に作ることができます。
何度も巻き戻しや作り直しができるというのも大きいですね。

HearJapan:
DTM を始める前は、バンドかなにかに所属していたんですか?

AVTechNO!:
はい。 バンドと呼べる程のものかどうか分かりませんが、ライブ会場で2、3回演奏したことがあります。
私はギターをやりました。 今はぜんぜん弾かないですけど。

HearJapan:
Vocaloid に興味を持たれたきっかけを教えていただけますか?

AVTechNO!:
「初音ミク」を YouYune(訳注:YouTube?)などで見かけて、「こんな風にボーカルを作れたら…」と考えて始めました。
だいたいこんな理由です。

HearJapan:
あなたが作られた曲の中で特に気に入っているのはどれでしょうか?

AVTechNO!:
最近のものでは、DYE/SAKURAです。
本当に気に入ってます。 私はダークな音楽が好みなのですが、静かで優しい曲も好きです。
このトラックのメイン4小節を作ったとき、言葉では言い表せない喜びでうっとりしました。
「音楽を作っていてよかった」…とかなんとか。

HearJapan:
あなたの曲の中で最も大仕事だったのはどれでしょうか?

AVTechNO!:
どの曲も大変だと感じています。
SOU、M-COLOR と FUYU NO SAKURA もそうですが、おそらく DYE がいちばん大変でした。
DYE の場合は、DTM のデータフォルダが過去最大量になりました。
その甲斐あって、ガツンとくるサウンドになりました。

各曲のトラック数はたいてい100を超えています。
Vocaloid 部分のトラックだけでも25~30あります。
マスタリング時の、ノイズ除去や不必要な音を消す作業は本当に時間がかかります。

ですが、DYE の完成によってトラックメイキングについての確かな手がかりを得た感触がありました。
それが嬉しかったですね。

HearJapan:
音楽についてのインスピレーションは、いつ、どんな時に訪れますか?

AVTechNO!:
答えるのが難しい質問ですが、あるトラックについて作業をしていると、他のトラックについてのアイディアが湧き出てきます。
たぶん、自分でもよくわかっていないのです。未完成フレーズの結合部分をループしている時、かな。
確実なことは言えないのですが、ひらめく時はこんな感じです。
これは、DTM をやり始めてから今に至るまで変わっていません。

HearJapan:
ホームページでは、好きな Vocaloid は初音ミクになっていますね。理由を教えていただけますか?

AVTechNO!:
一番の理由は、歌声を調整するのが簡単だからです。 二番目の理由は、機械音声とよく合うということです。
もちろん、鏡音リンや巡音ルカにも良い点がありますが、最終的に初音ミクが標準として収まりました。

HearJapan:
アベケンとはなんでしょうか?

(阿部犬のイラスト)

AVTechNO!:
阿部犬とは、AVTechNO! (Advance Techno) の別名です。

私のペットのジャックラッセルテリアの絵をイラストレーターの和音さんに描いて頂いて、それを私のプロフィール写真にあてています。
阿部犬はこの絵から来ています。
ニコニコ動画にコメントする時は、アベさんというハンドルを使っています。
Advance Techno → AV-san → Abe-san と変化しているわけです。

Twitter や blog では Abe がハンドルで、アイコンなどは阿部犬を使っています。

HearJapan:
自分の曲が海を越えて親しまれていることについて、どのように感じておられますか?

AVTechNO!:
うう、自分でもよく分かりません! とても嬉しく、光栄なことです。
曲作りを続けるのに大きな励みになります! ありがとう!

HearJapan:
あなたのファンにメッセージをお願いできますか?

AVTechNO!:
まずは、聞いてくれてありがとうございます。
私の曲の殆どはシャープかつダークですが、 自分の曲を聴くと不満を感じる余地があります。
本音ではもっと優しく落ち着いた音楽を作りたいと思っていますが、まだその機会は来ていません。

現在、わたしたちは情報化社会に生きており、結果として精神的により苦労しています。
そんなわけで、私の音楽でストレスを少しだけ解消してもらい、リフレッシュした気分で目覚めてベストを尽くせるようになればと願っています。
すべての曲にこういった想いを込めるようにしています。

追求したい曲や音はまだまだ沢山あります。 より多くを学ぶために、さらに難しいことにトライするつもりです。

どうもありがとう!

HearJapan:
AVTechNO! さんの世界では、初音ミクはどういうキャラクターなんでしょう!?

AVTechNO!:
感情ゆたかで、無垢で、大人になることに憧れている少女、です。

HearJapan:
歌詞についての取捨選択や苦労について教えていただけますか?

AVTechNO!:
最近では、Vocaloid が発音しにくい言葉を避けて別の言葉に置き換えるということが、本当に頭から離れません。

困難といえば、歌詞を書くことも大変です。 これは冗談抜きに難しいです。
歌が持つ世界のイメージを言葉にしていくのは、複雑な作業です。

言葉の響きが音楽を輝かせます。今日もまた、私はそんな言葉を探しているのです。
スポンサーサイト

さっき見た夢の話


私は会議に出席するということで、カバンと相手に渡すお土産をぶら下げ、会議室に入った。
会議はすぐに終了し、そのまま別室に移動して食事が始まった。畳にあぐらをかいて皆が飲み食いする、和気あいあいとした雰囲気だった。
そこでの話だと、いま韓国で大変なことになってて、ウチの知り合いが対抗勢力と交戦状態になってるらしかった。「こりゃ、総出で助けにいかないといかんか!」みたいな流れだった。
食事が終わり解散となった。建物の外に出るにはさっきの会議室を抜けないといけない。会議室に入ると、一人だけ椅子にだらりと座っている奴がいる。だれだ?
近づいて顔を確認する。左の頬が紫色になり、髪は白髪まじりのくたびれたオッサンだった。しかし、どこかで見た顔だ?
……自分だった。
これはいったい? 私はここに立っている。でも目の前で、私が椅子でノビており、その顔には生気がない。
唐突に理解した。私は死んだんだ!
頬にある紫色のアザ、あれが原因だろうか?
いやそんなことはどうでもいい、「自分が死んでいる」ことを自覚してしまったことがいまは問題だ!
自覚した瞬間から、全身が総毛立ち知覚があやふやになる。ヤバい、ここでしっかりしないと私が消える!
せっかく幽霊になれたんだ、このまま消えたら洒落にならん。
精神を落ち着け、自分の体を認識しようとする。手、足、体… おお、なんとか存在が安定した。成仏せずに済んだらしい。
落ち着いたので改めて私の死体を見ていると、あまりのオッサンぶりにがっかりする。オッサン顔、オッサン髪、オッサンの体型etc。
まてまて。見た目が冴えないのは死んでるからだよ!死後の腐敗とか弛緩とが始まってるからそう見えるだけ! 普段の私はもっとちゃんとしてる! …という結論にしておくことにする。

落ち着いて考えてみると、私が成仏しまいと踏ん張っているとき、私が二人いるように見えたはずだ。しかし、他の参加者のお咎めはいっさいなかった。
ということは、幽霊になった私の姿は誰にも見えたないことになる。生者とのコミュニケーションがとれないといろいろ困ったことになるなあ。
建物から出ると、人混みの中に会社の先輩がいるのを見つけた。とりあえず声をかけてみる。
「○○さーん!」そして振り向く先輩。おお、声は聞こえるらしい!
近づいて話しかけるが、今度は声が聞こえていないようで、先輩は怪訝な顔をしたあと、その場を立ち去ろうとする。
あわてて大声で呼び止めるが、やはり声が届かないらしく、そのまま去ってしまった。
なぜだ? 私が立ち尽くしていると、見知らぬ通行人がジェスチャーで「逆、逆」と教えてくれた。
ああもしかしたら、幽霊が生者に話しかけると、「大きい声は小さく聞こえ、小さい声は大きく聞こえる」ということか?

通りを歩くと、会社の人たちが固まって歩いているのを見つけた。今度は小声で話しかけると成功した! 私の読みは当たっていたようだ。
とりあえず、会議室でだらしない死体を放置する羽目になったことと、いま関わっている案件が丸投げの形になってしまうことを詫びておいた。
相手は「まあしょうがない、そういうこともあるよ」と慰めてくれた。
まだ手からぶら下げていたカバンとお土産を渡そうと思ったが、これは幽霊になった時に私と同化してしまったらしく、渡すことができなかった。
よし、これで会社方面の始末はOKだ。

これからどうしようか?
電車に乗ってどこか旅行にでもいこうか? しかし、この死んだ土地をいきなり離れると存在が不安定になるかもしれないと思い直し、鉄道の沿線沿いをあてもなく歩いていく。
そういえば、小声で話した方が生者に聞こえやすいというのを教えてくれたあの人も、幽霊だったんだろうか。
幽霊同士なら姿が見えるのかもしれない。いやもしかしたら、姿がはっきり見える幽霊、という種類もいるのかも…
民家の隣を通った時、ふと窓のところに目をやると、気持ち悪い顔がこっちをにらんでいる!
うおっ! びっくりして飛び退くと、その顔は窓を離れて家の奥へ消えていった。幽霊ではなく生者だったようだ。
くっ、幽霊が生者に脅かされるようじゃダメすぎる!


…ここで目が覚めました。

CrossOver Macで東方文花帖ダブルスポイラーをプレイする

いつものごとく、東方文花帖ダブルスポイラーをCrossOverで動かしてみた。
CrossOver のバージョンは 8.0.3 。
・DirectX のバージョンは東方星蓮船と同じでOK。最新版にしておこう。
リンク:DirectX Redist (February 2010)
・Setup.exe が動作しないので、インストールができない。
 ディスク内にある th125 フォルダをコピーして、中にある「th125.exe」を起動すれば普通にプレイできる。
・DirectInput が正しく動作するため、USB OverDrive は不要。

問題点
・Custom.exe が起動できない。
・ゲームがときどき動作停止する。敵を撮影した瞬間に固まりやすい。
・スペルカードの文字は相変わらず透明で読みにくい。
・フルスクリーンでは表示が乱れてプレイできない。
 表示を拡大したいときはユニバーサルアクセスを使おう。
・キーボードのPキーを押してもスクリーンショットが保存されない(仕様?)

プレイしているといきなり固まるのには参る。ボトルを停止すれば復帰できるが…
ステージが今回108もある。前作以上のマゾプレイになりそう。


th125_select

th125_playing
プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。