スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はてなを退会しました

はてなを退会したので、放置していたはてなダイアリーとはてなブックマークが消えました。
ブックマークをお気に入りに入れていた方には申し訳ありません。
両方とも使わなくなっていたのでもう消しました。御了承ください。
スポンサーサイト

XenoBlade - ひたすら快適なRPG

XenoBlade、6時間ぐらいプレイしたので感想を。

XenoBladeは、スクウェアRPGを思い出させる壮大なストーリーに加え、
・キャラクター間に親密度があり能力に影響する
・特定地点で会話イベントを見ることができる。返答の選択によって親密度が上がる
・ロードが挟まらない、広大なオープンフィールド
・移動と戦闘の切り替えが完全シームレス
・豊富なサブクエストとNPC
・モンスターを買って素材集め、有効なアイテムを作り出す
・レアアイテム収集、達成トロフィーのような制度
・昼夜の概念あり
と、RPGのトレンド? を載せるだけ載せた豪華な作りになってる。

最大のポイントは、これだけ内容が濃いにも関わらず、プレイが快適に進むこと。
それは、RPGにある煩わしい要素が極力排除されているから。

例えば戦闘周り。
シームレス戦闘なので、戦闘開始・終了に関してロードが発生しない。
エンカウントに関する性質(敵の数、近づくと襲ってくるor襲ってこない、集団でかかってくるか)や、敵とのレベル差が一目で分かるため、戦闘を仕掛ける前にリスクが予想できる。
戦闘が終わればHPが急速に回復する。瀕死の状態でも数秒休めば全快する。
魔力(MP)の概念がなく、常に全力戦闘ができる。
MMORPGのようなリアルタイム戦闘なので、戦闘がスピーディ。レベル差があると一瞬で倒せる・倒される。

クエストを抱えているNPCには!マークが付くので、クエストを見つけやすい。
クエストは条件を満たした時点で達成され、依頼主に再会する必要がない。
クエスト条件と関係するアイテムを取るとダイアログで教えてくれる。
複雑な人間関係がメニューでビジュアル表示される。

イベントムービーがリアルタイムレンダリングなので、心理的な違和感が小さい。
メインストーリーで次に行くべき場所と距離が常に表示される。
いまのストーリー状況をいつでも確認できる。
一度到達したランドマーク(特徴のある地点)には、メニューから一瞬で移動できる。
昼夜の概念があるが、メニューから時間を任意変更できる。
戦闘に関してHP自動回復、MP概念なし、ランドマーク瞬間移動があるので、後先考えずにガンガン探索できる。
移動中ならいつでもセーブできる。



システムに関しては、ものすごく新しい! というのは無いかもしれない。
しかし、プレイがあまりに快適で、時間を忘れてオープンフィールドの探索に没頭できる。
簡単でもボリューム不足でもない。ただシンプルに、このゲームは「快適」。
というわけでWii持ってる人には超オススメです。

「宗教は権力を基本としており」= 誤訳

最初に断っておくと、ホーキング博士の意図は本人にしか分からないので、以下の文章は只の推測にすぎません。

らばQ:「科学は勝つ」スティーブン・ホーキング博士の宗教について答えた発言が話題にl
で、ホーキング博士の言葉はこう訳されている。

「基本的に宗教と科学の違いは、宗教は権力を基本としており、科学は観察と理由を基本としている」
「科学は勝つ、つじつまが合うから」



さて、原文はこちら。
Stephen Hawking on Religion: 'Science Will Win' - ABC News
当該部分を引用すると、

Hawking said, "There is a fundamental difference between religion, which is based on authority, [and] science, which is based on observation and reason. Science will win because it works."


それを直訳すると、たぶんこうなる。

「宗教は権威を基盤とし、科学は観察と理由を基盤とする。その営みにより、科学は勝利するだろう。」


誤解を防ぐために、橋爪大三郎「宗教社会学入門」から権威についての下りを引用します。

イエスの説教を聞いた人々は、イエスが《権威ある物のように教えたので驚いた》といいます。
これを、イエスが急にいばったのでびっくりした、などと誤解しないように。
権威(authority)とは正しさの基準であることで、本来は神の性質です。
イエスが神(から)の言葉を語ったので、人々は驚いたのです。



以上をまとめると、
「宗教は、(科学的)根拠や検証可能性が無いような "正しいもの"(教義とか神とか)を基盤にしてる」
という、科学者らしい意志が読み取れる。
というわけで authority は「権威」と訳すべきだと考えるけど、どちらにしろ発言の真意はまず伝わらないと思われる。

スーパーマリオギャラクシー2にみる、3Dマリオの限界

64マリオから続く3Dマリオには、以下のような根本的問題がある。
1. マリオがプレイヤーの思った方向に歩いてくれない
2. 高さや距離を目測しにくい
3. プレイヤーがみたい方向に視点が向かない
これらの問題は、スーパーマリオギャラクシー2でどう対処されているか。

答え =「ステージデザイン」と「場面ごとの視点調整」を2Dゲームライクにする。

視点とステージが2D的になる場面がとても多く、歩く方向の微調整に前作ほどのシビアさが要求されない。
3D的なステージは視点が斜め方向からの固定(ランドストーカーの様な)になり、ジャンプすべき方向が上下左右斜めの8方向にほぼ統一された。
この職人的調整により、視点の変更をプレイヤー側で行う必要がほぼ無くなっている。
前作で血管切れるかと思ったマリオ・オン・マリオステージも、上記の調整によってジャンプの正確性が上がったため、比較的簡単になった。

確かにプレイ感覚は良くなり、そのため難度も下がっている。
でもこれは、3Dマリオに付きまとっていた根本問題が、結局は解決できなかったということだ。
逆に考えると、2Dマリオは、
1. マリオが確実にプレイヤーの入力した方に歩く。(左右しかないから)
2. 高さや距離が目測しやすい(2Dだから)
3. 視点の問題は存在しない
となり、分かりやすさという点で3Dマリオを圧倒していることになる。
これは同時に、以前に私が某所で書いた「2Dマリオは、他人のプレイを眺めた時に、ミスの原因は何か、どう攻略すればいいかというのが非常に判断しやすい」という話にも繋がる。
つまり、2Dマリオは今後も無くならないし、むしろ3Dマリオの方が形態としては未来がないことになる。

# これらは、シューティングゲームでは10年以上前から分かっていた話。

user agent でSafariを詐称する方法

Apple HTML5 を見るために。

Firefox または Camino
1. URL欄に「about:config」と入力。
2. 新規作成 → 文字列。
 名前は「general.useragent.override」
 文字列は、「Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10_6_2; ja-jp) AppleWebKit/531.22.7 (KHTML, like Gecko) Version/4.0.5 Safari/531.22.7」

Mac版Chrome
1. ターミナルを起動して、例えばChromeがアプリケーションフォルダにあるなら、
「/Applications/Google\ Chrome.app/Contents/MacOS/Google¥ Chrome --user-agent="Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10_6_2; ja-jp) AppleWebKit/531.22.7 (KHTML, like Gecko) Version/4.0.5 Safari/531.22.7"」
注意:¥マークはバックスラッシュに直して。

Windows版Chromeは、スタートボタンにある名前を指定して起動するやつで、Mac版のように --user-agent オプション付ければいいのかな?
Windowsはよくわからん。
プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。