スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mac:Wine.app で東方Projectのゲームをプレイする(妖精大戦争篇)

東方Project 12.8弾、妖精大戦争が委託開始されました! と思ったら、CrossOver8.x だとインストールに失敗する!
CrossOver9.x なら起動するけど、うーむ。

というわけで、WineBottler を使って妖精大戦争をプレイする方法を記しておきます。
WineBottler のポイントは、
・フリーウェアです
・実際には WineBottler は使いません、同梱されている Wine.app が主役です
・Windowsアプリは、X11.app を使って動作します
・X11.app がゲームパッドを認識しないため、ゲームパッドを使うには USB OverDrive などの別ソフトが必要です

ちなみに、うちの環境はこんな感じです:
iMac early 2008
グラフィック - ATI Radeon HD 2600 Pro
MacOS X 10.6.4
グラフィックが非力な Mac だと(グラフィックが Intel GMAの Mac とか)、スムーズにプレイできないかもしれません。

0. 最初に
・拡張子 exe のファイルは、Wine.app で開きます。
・ここに書いた方法は、私の環境での例です。違う環境のMacでもうまくいくとは限りませんのでご注意を。

1. Wine.app と WineBottler のインストール、アップデート
WineBottler - Run Windows Programs directly on OS X
からダウンロードして、Wine.app と WineBottelr.app を適当なフォルダ(アプリケーションフォルダとか)にコピーします。
次に、Wine.app を起動します。
この Wine.app は常駐型のアプリケーションで、メニューバーのアイコンから操作します。
メニューから「Preferences…」を開き、「Check for Updates now…」を選ぶとアップデートを促されるので、そのままアップデートします。

wine_menu

wine_update



2. Prefix を作る
Prefix とは、Windows 仮想環境を保管するフォルダのことで、CrossOver Mac でいうボトルと同じものです。
Windows アプリのインストールは、この Prefix に対して行います。

まず、Wine.app を起動します。
メニューの「Change Prefix…」を選ぶと Change Prefix ウインドウが前面になるので、「Add…」を選びます。
wine_changeprefix

Prefix の名前と保存場所を指定します。
Prefix の名前は、英字のみ、空白を含まない方がトラブルを防げます。この例では「TOHO」という名前にしています。
保存場所はパスに日本語を含んでいない場所ならどこでも良いです。
この例では書類フォルダを指定しています。
作成が完了すると、Change Prefix ウインドウに作成した Prefix が表示されます。

wine_AddPrefix

wine_prefix_created

wine_prefixadded

※ CrossOver Mac や MikuInstaller を使っていると、それら用の Prefix も表示されます。
間違って消してしまわないように注意しましょう。




3. 英語フォントと DirectX をインストールする
英語フォントのインストールには、Winetricksを使います。
まず、Change Prefix ウインドウで、インストール対象にする Prefix をクリックで選びます(ダイアログが表示されるので、OK を選びます)

wine_changeprefix

次に、Wine.app のメニューから「Winetricks」を選ぶと、Winetricks ウインドウが前面に出ます。
項目の中から「d3dx9」と「all fonts」にチェックを入れて、「Apply」をクリックするとインストールが始まります。
wine_allfotsinstall



4. 日本語フォントをインストールする
このままの状態では日本語を正しく表示できないので、日本語フォントをインストールします。
まず、
IPAモナーフォント
から IPA モナーフォントをダウンロードします。
ここからの作業は、Wine.app を終了してから行います。(メニューバーのWineアイコンから、Wineを終了しましょう)
2. で作成した Prefix (この例では「TOHO」という名前)を Finder で探します。
そこから drive_c/windows/Fonts フォルダを開き、IPA モナーフォント
・ipag-mona.ttf
・ipagp-mona.ttf
・ipagui-mona.ttf
・ipam-mona.ttf
・ipamp-mona.ttf
を、Fonts フォルダにコピーします。
wine_fonts

次に、作成した Prefix (この例では「TOHO」という名前)フォルダ内にある「user.reg」をテキストエディットで開き、その末尾に以下の文字列をコピーして保存します。

[Software\\Wine\\Fonts\\Replacements]
"MS Gothic"="IPA \x30e2\x30ca\x30fc \x30b4\x30b7\x30c3\x30af"
"MS Mincho"="IPA \x30e2\x30ca\x30fc \x660e\x671d"
"MS PGothic"="IPA \x30e2\x30ca\x30fc P\x30b4\x30b7\x30c3\x30af"
"MS PMincho"="IPA \x30e2\x30ca\x30fc P\x660e\x671d"
"MS UI Gothic"="IPA \x30e2\x30ca\x30fc UI\x30b4\x30b7\x30c3\x30af"
"\xff2d\xff33 \x30b4\x30b7\x30c3\x30af"="IPA \x30e2\x30ca\x30fc \x30b4\x30b7\x30c3\x30af"
"\xff2d\xff33 \x660e\x671d"="IPA \x30e2\x30ca\x30fc \x660e\x671d"
"\xff2d\xff33 \xff30\x30b4\x30b7\x30c3\x30af"="IPA \x30e2\x30ca\x30fc P\x30b4\x30b7\x30c3\x30af"
"\xff2d\xff33 \xff30\x660e\x671d"="IPA \x30e2\x30ca\x30fc P\x660e\x671d"


ブラウザによっては円記号がバックスラッシュになっているかもしれませんので、円記号(半角)に直してください。
また、ブログの幅が狭いので変な箇所に改行が入っていますが、実際には、 "~" = "~" という形式の途中に改行は入りません。
下のスクリーンショットを参考にしてください。

wine_userreg

wine_userreg_fontadd



5. DirectX を改めてインストールする(必須ではない)
Winetricksで DirectX をインストールした…はずですが、問題が発生する場合は本家の DirectX をインストールしてみましょう。
まず、
Download details: DirectX End-User Runtimes (June 2010)
から、directx_Jun2010_redist.exe をダウンロードします。

次に、ダウンロードした DirectX の解凍先をあらかじめ作ります。
今回の例では、デスクトップに「directx」フォルダを作っておきます。

※ フォルダ名に日本語を使わないようにします。日本語の名前がついたフォルダの中もNGです。
(ホームにあるデスクトップや書類フォルダなどは例外です) 
これを守っていないと、DirectXのインストールに失敗します。


次に Wine.app を起動し、ダウンロードした directx_Jun2010_redist.exe を開きます。
(CrossOver や MikuInstaller を使っている場合は、コンテキストメニューの「このアプリケーションで開く…」から Wine.app を指定しましょう)
Prefix を選択するダイアログが出るので、「TOHO」が選択されているのを確認してから Go をクリックします。

※ このダイアログは、Wine で何かファイルを開くたびに表示されます。

wine_open_file

解凍先を指示するダイアログが出たら「Browse…」をクリックして、先ほどデスクトップに作った directx フォルダを指定します。

wine_directx_browse
wine_directx_folder


そして解凍されたファイル群の中から「DXSETUP.exe」を開き、画面の指示に従って DirectX をインストールします。
wine_dxsetup
wine_directx_install

wine_directx_finished

インストール完了したあと先に進めなくなることがあります。その時は Wine.app を終了します。



6. 妖精大戦争のインストール
Wine.app を起動し、妖精大戦争のディスク内にある「setup.exe」を開きます。
wine_toho_setup
wine_toho_installer

画面の指示に従ってインストールします。
インストール先はデフォルトのままでOK、追加のアイコンは作らなくてよいです。
また、途中で DirectX をインストールするかどうか訊ねてくるので、「いいえ」にします。

※ ここでインストーラが文字化けしている場合、日本語フォントのインストールに失敗しています。
4. の手順を正しく行っているかどうか、再チェックしてみましょう。


※ 妖精大戦争に限らず、多くの Windows ゲームは setup.exe や install.exe などを起動してインストールします。



7. 妖精大戦争を起動する
Prefix フォルダ内に妖精大戦争フォルダが作られているので、そのなかにある「th128.exe」を開きます。
画面モードを選択するダイアログが表示されるので、「ウインドウ(640x480)」を選択して、「ゲーム起動」をクリックします。

※ 東方風神録以降の東方Projectシリーズは、このモードでないと画面が正しく表示されません。

直後にウインドウが Dock に収納されるので、それをクリックしてウインドウを再表示します。
wine_toho_open
wine_toho_res

wine_toho_demoplay

これでプレイ可能になりました。ただし、キーボード・マウスしか使えません。
return キーが決定、esc キーがキャンセルです。



8. USB OverDrive(有料) でゲームパッドを設定する
東方Projectのゲームをキーボードでやるのは無理がある!という訳で、USB OverDriveをインストールします。
USB OverDriveを使えば、ゲームパッド等の入力をキーボード入力に置き換えることができるため、キーボードでしか操作できないソフトもゲームパッドで操作することができます。
ここでは、手っ取り早くゲームパッドを使うための設定方法を記します。
まず、
©1999-2009 Alessandro Levi Montalcini
からUSB OverDriveをダウンロード、インストールします。
USB OverDriveはシェアウェアですが、無料で試用可能です。

最初に、USBゲームパッドをMacに接続します。
次に、USB OverDrive をシステム環境設定から開きます。

usbod_defaultmenu

まず、「Any」で始まっている4つのデフォルト設定について、すべて「Enabled」のチェックを外します。
次に、「Any Gaming, Any Application」だけ Enabled にします。
USBゲームパッドのボタンを押すとその項目が選択されるので、Keyboard key to press : のすぐ下の空欄をクリックし、割り当てたいキーを押します。

例:
USBゲームパッドの十字キー左を押すと、X Axis threshold down が選択されます。
メニューが「Press Key」になっているのを確認して、Keyboard key to press : のすぐ下の空欄をクリックします。
空欄でカーソルが点滅したら、キーボードの ← キーを押します。
空欄には ? が表示されるでしょう。(正しく left と表示されることもある。原因不明)
すぐ上のメニューから「Press Key」を選ぶと、キーの設定がリセットされます。

usbod_sample1


Shiftキー等を割り当てたいときは、Keyboard key to press : の空欄には何も入力せず、Modifier keys: の中から割り当てたいキーをチェックします。
usbod_sample2


妖精大戦争は、
←↑→↓ = プレイヤーの移動
z = ショット、決定
x = ボム
c = ショット(オート連射)
shift = 低速移動
esc = ポーズ、キャンセル
なので、ゲームパッドの各ボタンにこれらのキーを割り当てていきます。

※ USB OverDriveを使っているときの不具合について。
・マウスのクリック操作が効かなくなったときは、command + tab でアプリを一度切り替えると直ります。
・パッドに触れていないのにボタン入力が続いてしまうときは、その入力されているボタンを1秒ほど押し続けると直る場合があります。直らない時はパッドを引っこ抜いて、一度ログアウトしてみましょう。




9. その他の東方Projectについて
Wine.app では、起動するソフトが限定されていますが、東方Projectのゲームは一通り大丈夫です。

参考リンク:WineHQ - Wine Application Database にて、「touhou」で検索

東方星蓮船は garbage (プレイ不可)になっていますが、私が試した限りでは普通にプレイ可能です。
東方非想天則も garbage になっていますが、これは未確認です…
私が最近買った ALLTYNEX Second も、DirectX redist をインストールして、config.exe でトリプルバッファを切るとプレイできました。

toho_seirensen
alltynex2nd
スポンサーサイト
プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。