スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年 私的いろんなものベスト

2010年ベストマンガはジオブリーダーズだったので、他ジャンルのものも深く考えずに書いてみます。
といってもたいした量を観てないのですが。

2010年 映画ベスト - 「エクスペンダブルズ」
全編において隙なくB級アクション! その徹底ぶりが素晴らしいです。

2010年 音楽ベスト - 「怒首領蜂大復活ブラックレーベル サウンドトラック」
過激なゲーム内容に合わせてBGMもギンギンのイケイケ、プレイ中のテンションが前作比1.5倍ぐらい上がります。
次点はねごと「ループ」。ねごとがバンド名でループが曲名。これも良かった。

2010年 ゲームベスト - 「ゼノブレイド」「斬撃のレギンレイヴ」
ベストと言いつつ2つ。
ゼノブレイドは、これが確実に今後の国産RPGの基準になるだろうという感じです。ストレスフリー、オープンフィールド、寄り道自由etc。
後者は今年一番遊んだゲーム。地球防衛軍フォーマット最高です。

…小説ベストを書こうとしたら、小説をほとんど読んでいなかった。
伊藤計劃の虐殺器官とハーモニーを積んでいる…
スポンサーサイト

2010年 私的ベストマンガ「ジオブリーダーズ」

例年のごとく「2010年ベストマンガ」みたいなのが色んなところで行われてますが… ない、ないよ?「ジオブリーダーズ」がどこにもない。
どこにもないなら、自分で挙げるしかない。

…ジオブリーダーズ。
第1部が「用意された "舞台設定" に乗って繰り広げられるドンパチアクション」だったとすれば、第2部は、その "舞台設定" が崩壊する話だった。
そして予定通り、伏線や物語の核心やレギュラーキャラクター達… "舞台設定" はすべて、消化された。
この16巻はジオブリーダーズ連載の集大成であり、ついに至った一つの結末。
長いあいだ築き上げてきたものを予定通り破壊しつくしたのであり、2010年ベストに選ばざるを得ないです。


以下、ネタバレ全開なので未読の方は注意願います。








化け猫と神楽の戦いに裏があることは連載の最初から示唆されてきた。
封印した直後にモニタに現れる化け猫。
封印したはずの化け猫が自我を失った状態で再出現する。
監視役のまやを平然と受け入れる社長。
社長の上にちらつく人物あるいは厚生省、彼らと化け猫とのつながり。

"方法" を知るものは職を得る。その "理由" を知る者が彼のボスになる。
コミックスの冒頭に掲げられたこの格言の通り、第1部では神楽の社員あるいはハウンドの隊員達は "方法" しか知らず、化け猫とのドンパチに明け暮れるだけだった。
そして第2部では、当初からほのめかされ続けた "理由" に彼らが迫っていく。

化け猫の正体。かつての黒猫とかつての神楽が作り出した相互維持のためのシステム。
自分たちが文字通り、システムを維持するための歯車にすぎないこと。
神楽の社員達が、自らの業務内容に異を唱えたわけではない。ただ "理由" を知ろうとした。しかし
「理由なんか知ってたら仕事できませんもの」
神楽の秘密を探る者はあの島に行く。その場合は神楽のメンバーを更新する。
黒猫と初代の神楽が交わした契約に従い、結果としてメンバーは更新 = 皆殺しにされてしまう。
主人公だけが、黒猫の手助けで逃げ延びる。神楽の末路そして真相を知る唯一の者として。

…作者の状態を考えると、ここで連載が終了してもおかしくない状態です。
すべては破壊され、無の状態から再び物語は語られるのか? そもそも語ることができるのか?
期待を捨てずに待つことにします。

道満 晴明「ヴォイニッチホテル」

例えていえば、メランコリック系のロードムービーのような趣。
政情不安定な国が舞台であるが故の、乾いた空気感がそこにある。
ヤクを栽培して売る破滅的な3人組。
地雷で家族や友人を亡くした面々。
ヤクザ、殺し屋、地元マフィア、連続殺人鬼、そして魔女…
他人を平然と傷つけるが故に、彼らにも死や喪失が前触れなく襲いかかる、だろう。

このマンガには希望がない。あるのは破滅や退廃の予感。
彼女がポロッとこぼす「乞食じゃないんで」という言葉が主人公に突き刺さる。
主人公と彼女の関係も例外ではなく、行き着く先はおそらく憂鬱な結末。

…結論を述べると、このマンガはお薦めです。
プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。