スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mac OS X 10周年

mac_os_x_100

かつてジョブズは言った、「これは10年保つOSだ!」と。
そして今日は、Mac OS X 10.0 リリース 10周年。

最初にお披露目されたバージョンでは、デスクトップにエイリアスしか置けなかった。
Public Beta では、Windows Explorer のような動作になった Finder にユーザーの不満が集中した。
メモリ保護、68kエミュレータからの脱却、Digital Paper Metaphor を実現した先進のグラフィックス… 夢に見たモダンOSへの移行。
しかしリリース当時はソフトウェアの互換性や操作感が犠牲となり、ユーザーに負担を強いることになった。
CD Playerや DVD Player さえ同時リリースされず、Microsoft Office や Adobe Photoshop などの大物ソフトウェアは、10.1 のリリース後にやっと登場した。
一部の Mac 専門誌からはズタボロに貶された。
Cocoaを推す Apple と、いままでの資産を生かせる Carbon に注目する開発者との温度差もあった。
Mac OS 9 が起動する PowerMac の最終販売には、高い値付けにも関わらず一部のユーザーが群がった。


Intelチップ採用がもたらしたシェアの増大、iOSの躍進など、いまの Apple を支えているのはソフトウェアの後押しがあってこそ。
結果的には、10年前に多くの犠牲を払ってモダンOSに一新したことが、未来に繋がった。
さて、次の10年はどうなるか… 取りあえず 10.7 Lion を楽しみに待ちましょう。
スポンサーサイト

「ミクパ」と「39の日感謝祭」を比較して、愛の正体をつかむ

ニコ生で見ていた「ミクパ」ですが、いろんなところで言われてる通り、前年の「39の日感謝祭」に比べるといまいちだったかなー、と感じました。
今回のミクパは愛が足りないとか言われたりしてるので、両者を比較して愛の正体をつかんでみました。

1. 映像の違い
 ミクパ = 不透明スクリーンに投影? 液晶モニタかも
 39の日 = 透過スクリーンに投影
不透明にすることで、39の日で言われてた「映り込みが激しい」「光軸が合うとミクさんが光ってよく見えない」「色再現性が低い」が大幅に改善された。すべすべのふとも(ry
がしかし、ステージにデンと鎮座する巨大モニタボックスの異物感がものすごかったり、映像が鮮明だからこそ際立つミクさんの平面っぷり、投影でない? ためミクさんが常に宙に浮いてる…など、デメリットの方が上回ってしまった感じ。
こればかりはやってみないとわからないこと。結果的には透過スクリーンの方がミクさんがそこにいる感じが強く出るということが分ったので、次からはまた透過スクリーンに戻せばOKだと思う。
※ 一応書いておくと、発売されている39の日のDVDは巧く編集されていて、ミクさんが平面に見えたり宙に浮いて見えたりする映像がほとんど無くなっています。透過スクリーンでも平面はやっぱり平面です

2. ライブの構成
おそらく、ミクパで一番マズかったのがこの部分。
まず、39の日ではいろいろな部分が行き届いている。
いくつか挙げると、
 ・冒頭、ミクさんのアカペラ(開始の告知) ~ 一転してほぼボーカルレスの曲(バンド登場) ~ ワールドイズマイン(ミクさん登場、本格的に開始)というように、曲の構成によってコンサート開始を演出している
 ・39の日では中盤の楽屋トークで「ここでちょうど半分です」と言ったり、ラスト付近にミクさんが「そろそろお別れ」と言うなど、コンサートがどのへんまで進んでるかを示すアナウンスがある
 ・1回目のメドレーパートでは早着替えを組み合わせ、2回目のメドレーパートは1曲当たりの時間を長くしたりバンド紹介を組み入れたりして…と、メドレーごとの差別化を図ってる
 ・ゲストが流れを崩さずに登場する。ルカさんは中間インターバル、楽屋トークの直後に登場して人気曲を連発するパワープレイで会場のテンションを再び持ち上げる。また、ミクさんが消失を歌ってそのまま消失 ~ 炉心のサビ部分を入れた前奏につなぐ(リンちゃん登場を予感させる)というように、凝った流れでリンちゃんが登場する
 ・ゲストからミクさんへ戻すとき、必ずデュエットを経由して戻している
 ・曲の前奏にちゃんと時間を割いている。(特に2回目のメドレーパート)
 前奏をかけることで観客に「次はあの曲が来る!」と期待させ、その通りに曲がスタートするカタルシス
 ・終盤の4曲のうち、初期の曲(ストロボナイツ、サイハテ)を2曲配置している。これも終わりを示す暗黙のアナウンスとして機能している
………で、こういう工夫や配慮が、ミクパではほとんど見られない。
39の日では、こういう細かい積み重ねがコンサートの流れを創り出していたけど、ミクパではこれが無かったので「PVをただ流していただけ」みたいな感想が出てしまっている。
逆にいうと、それだけ39の日の構成は考え抜かれていたということ。

3. ライブなのか? 祭りなのか?
39の日はコンサートと銘打たれていて、実際にその構成は徹底してコンサートだった。
それに対してミクパでは、ライブの途中に30分もの外部中継が予定されていたり、周辺でのミニイベントも色々あったようだ。
これは邪推だけど、ライブをお祭りだと拡大解釈して、ライブと直接関係ない要素を持ち込もうとするくだらない流れが今回のミクパにはあったんではなかろうか?
39の日が「前例のないチャレンジ」だったのに対して、今回が「一定の成功が約束されたイベント」という状況の違いもあったかもしれない。

…結論としては…
次にやる機会がもしあれば(というか札幌公演があります)、祭りでなくライブをやるんだという原点に立ち戻ってほしい。
ミクさんのライブを現出させるという一点に力を注ぐこと、それこそが愛の正体だとしたら、確かに今回のミクパには愛が足りなかった、といえるかも。

「2号機の異常データは単位換算ミス」という話

東電謝罪、2号機の異常データは単位換算ミス : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) を読んで。

さて、突然ですがここで問題です!

圧力計の数値は4.5を指していた。圧力計の単位は kgf/cm2 である。
この数値をSI単位系に直せ。(制限時間:10秒)


正解は約 450 kPa です。(9.8の暗算が面倒いので10で計算するw)

福島原発は古い設備なので、備え付けの圧力計がSI単位系になっていない可能性がある。
平成11年以降はSI単位系での表記が義務づけられているが、それ以前の圧力計というのは重量キログラム表記が一般的だったから、
・計器を目視して数値を読むしかない
・計器がSI単位表記でない
という条件だと、記事にあるように「単位換算ミス」で数値を一桁間違う可能性は十分にある。
大気圧 = 約100kPa という知識があっても、容器内圧力が安定している保証が無い状態だとその知識を動員する意味は薄い。

あと、
45kPaだと急激に下がり過ぎ = 容器が破損してるかも
450kPaだと容器の耐圧値を超えてる = 容器がそのうち破損するかも
なので、発表数値を改ざんする意味も薄い。

改めて「むちむちポーク」を攻略する

アーケード版では4面が安定しなくて結局1周クリアできなかった「むちむちポーク」。
Xbox360版を買ったのでこれで心置きなくトライできる…! と思ったら今度は5面が壁になってます。
当時のプレイでは気づかなかった事がいろいろ分ってきた。

1. 実は桃(ピンク)がラク
当時は攻撃力の高いらふて(イエロー)使ってたけど、4,5面では桃の幅広ラードアタックが強い。
自機より幅が広いので戦闘機の体当たりが怖くないし、ザコ地帯で前に出てザコをなぎ払う動きができる。
らふてだと4面で事故りまくるが、桃だとザコ地帯がラードアタックで大安定。この差は大きい。

2. 4, 5面ボスはボムしかない
はっきり言って、まともに避けられる攻撃が少ない。
ニコニコ動画で攻略動画をみたけど…完全にボムゲーです有り難うございました。
なのでボスに残機を持ち越すのが重要になる。
決めボムでボスの弱点に張り付き。これしかない。

3. ランクは早い段階でMAXになる
Xbox360版ではランクゲージが表示されるんだけど、2面ボスの時点で既に半分、4面でMAXになる。
プレイした限り、残機潰しによるランク下げは意味なし。

あと、地上的をラードアタックで倒すとボムアイテムが出るのを知らなかった…
後半面はボムに頼る場面が多いので、意識して地上戦車をラードアタックで倒すようにする。



改めてやってみると、思ってたよりも良いゲーム? という気がしてきた。アレンジモードは爽快だし。
ピンクスウィーツはしかし…ノーコメントで。
プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。