スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

攻殻SSS 監督コメント付き上映会を観て

この前ニコ生でやってた、攻殻SSSの監督コメント付き上映会を観ていろいろ書きたくなった。

最初に攻殻SSSを観た時、原作のエピソードを巧くリミックスしてあるなーと思った。
逆に言えば、自動介護ベッド、スナイパー同士の激突、クロマと海底採掘ロボットの戦い、傀儡回しが生まれた原因などなど、多くの要素が原作から採られているということで、細部に関しては新しいあるいは先見的な要素はなかったともいえる。
なので、それら原作準拠の要素について神山監督がいろいろ語ってるのにはちょっと違和感があった。
SSSのどこが神山監督オリジナルなのか、話を振る方が把握してないというのが問題の大元なんだけど。

士郎正宗と神山監督は発想の根元がまるで違っていて、士郎正宗が特殊部隊ものという観点で攻殻のシナリオを組んでいるのに対して、神山監督はかなり文学あるいは人情寄りというか。
例えば、攻殻SACの第2話「暴走の証明 TESTATION」。アニメスタッフのカラーが大きく出ていて、第2話なのに早くも「攻殻らしくないシナリオ」になっている。
戦車にゴースト?を移植して実家に復讐しにいく…というのはただの表面で、犯人のアンビバレンツな想いが最後の少佐の独白で分かるんだけど、この話運びは特殊部隊ものというよりTVの刑事ドラマ的だ。
笑い男が複数出現する理由も、原作ならニセ記憶を無実の市民に植え付けてニセ笑い男を量産する…みたいな流れになりそうだけど、攻殻SACではこれがミーイズムで説明される。
攻殻SSSでの高齢化社会問題に対する誘拐のインフラという発想は素晴らしいけど、これもまた特殊部隊モノというよりは社会派ドラマという趣だ。

このマンガでは根性や気持ちで優劣が決まるのではなくデジタルにシステムと電圧が優劣を決める(しかも押し合いではなく一瞬でどちらの流れが優先か決まる) - 士郎正宗


このドライさが原作攻殻の魅力だが、これをそのままTVでやるのは分の悪い賭けだと思う。
容疑者が犯行に至った理由をサラッと流して終わるような刑事ドラマが無いように、広く観てもらうためには人情や文学の要素は外せない。
神山監督の攻殻SACやSSS、押井監督のイノセンスなどは原作よりも人情寄り、つまり「分かりやすい話」になっていて、結果的に広いファン層を獲得した…という感じ。
スポンサーサイト

Firefox4のキャッシュ設定について

404 Blog Not Found:備忘録 - Firefox 4 がキャッシュ使いすぎてたので を読んで、Firefox4からディスクキャッシュの仕組みが変わったのにはじめて気が付いた。

Firefox 4 Beta 9 – 素晴らしい機能を満載して登場 « Mozilla Developer Street (modest) によると、

Firefox 4 では、ユーザのハードディスク空き容量に応じてキャッシュサイズが動的に設定されるようになったため、キャッシュのヒット率が格段に上がります [キャッシュが見つからずに再度ファイルがダウンロードされてしまう状況が少なくなり、無駄なアクセスが減るということです]。

ということらしい。

Firefox4.0.1のソース nsCacheService.cpp を覗くと、キャッシュサイズは以下のような計算式で決定される。

ディスクの空きが
500MB以下 = 空き容量 x 4/10 MB
500MB~2.5GB = 250MB
2.5GB~5GB = 空き容量/10 MB
5~50GB = 625MB
50GB~75GB = 800MB
それ以上 = 1GB


このサイズを任意に設定したい場合は、環境設定 - 詳細 - ネットワークで、「キャッシュサイズを制限する」をONにして、キャッシュサイズを入力すればいい。
# 原文が Override auto cache management なので、「キャッシュサイズを制限する」は微妙に誤訳。
自動的に設定されてる数値を強制的に変更するのだから「指定する」と訳した方が実際の動作に近い。


計算式を眺める限りでは、これはFirefoxのキャッシュがディスクの空きを食いつぶさないようにするための機能らしい。
上記の説明を読んでも、キャッシュサイズが動的に設定される事と、キャッシュのヒット率が上がる事に何の関連性があるのかよく分からない。
キャッシュサイズが大きければそりゃヒット率は上がるだろうけど。上記の値はFirefox3のデフォルトよりかなり大きい気がする。

キャッシュフォルダが0~Fのディレクトリを持つようになったのは、恐らくキャッシュファイルへのアクセスを高速化するため。
WebKitを採用する前のiCabが同じ手法でキャッシュ読み出しを高速化していたので、古典的な方法なのだろう。
プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。