スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラウザの無駄話

インターネットを一般の人も使えるようになった頃、ローカルなPCでやってることをブラウザ経由で全部できるのでは? データはサーバに置けばいいよね? という「ネットOS」なる試みがあった。
Windowsに「Webページをデスクトップに表示」「ファイルをシングルクリックで開く」という意味不明な機能があるのはその名残じゃないかと思ってますが。
話はやっぱりその頃に遡る。NetscapeとMSとがブラウザ機能を拡張しまくって、プラグインアーキテクチャやDynamicHTMLもそのときに生まれた。

ここからはMacの話。
ShockWaveプラグインはそれ自体がメモリの割当を要求し、それだけでMacOS全メモリの半分以上を持っていくようなヘビーなものだった。Macがオンボロというのもあって動作は実に重かった。
永ちゃんのサイトをShockWaveで見て、あまりの重さとつまらなさにウンザリしたのを思い出す。
あの頃からMozilla系のプラグインアーキテクチャは見直されたのだろうかという疑問が、頭から離れない。
いまだにブラウザごと巻き込んで落ちることがあるのは、設計が古いせいなのではという疑問が。

Mac OS Xが出て間もない頃、Carbon化されたGeckoをXULでなくCocoaとリンクしてブラウザに仕立てようというプロジェクトが始まった。
そのキメラなブラウザはFlashでゲームが出来るよう、1秒間に100回近くプラグイン領域のイベントを取りにいって、得られたキー入力をダイレクトにGeckoに回していた。
その結果Flashゲームはプレイできたが、描画がクッソ重いうえに日本語入力が効かなかった。
古いMacではMac OS XにしたときにQuickDrawをGPU描画できなくなったので、Flashの画面エフェクト、例えばフェードアウトやスムーズスクロールがとんでもない遅さになった。
プラグインのようないわば「ウインドウ内ウインドウ」の形を取るアーキテクチャにおいて、イベント確認が存在するとパフォーマンスがガタ落ちする。片方が片方を待つからだ。
Mac版Flashのイベント処理は何か拙い感じがある。クリックした時の反応がそもそも怪しく、イベントがスパッとブラウザ側に通ってる感じがしない。
この辺、MSのIEは妙に質が高いというか、さすがDirectXを作ってるだけのことはあると変に感心してみたり。
あとMac版Flashは描画パフォーマンスがWindows版の半分程度しか出ないうえにGPU支援も限定的だったりする。一度動作ログを見たところ、ずーーっとQuickDrawによる表示色デコードが行われていた。
つまり、Accerate Frameworkがない環境では単純なレンダですらCPUパワーを持っていかれるわけだ。そりゃ遅いわ。

そもそも、アプリの責任においてウインドウ内で何か別のものを動かすというのが地雷原だし、ブラウザを実行環境に見立ててJavaScriptやらの動的なスクリプトを動かすのはエコじゃない。
JavaScriptのパフォーマンス向上手法なんてまんまエミュレーターのそれじゃないですか。JIT、分岐予測、命令のキャッシュ、一括処理。
これだけハードが進歩しているのにブラウザの実行環境ときたら、Win95やPowerMacを思い出させる建て増し環境でマシンパワーを食いつぶしている。すべては利便性のためである、主に開発者の、次にユーザーの。
しかし、そのおかげでプラットフォーム非依存のサービスなりアプリなりを楽しめるわけだから、一種のトレードオフといえないこともない。
スポンサーサイト

アンダーディフィートHDを買いました

グレフのSTG、アンダーディフィートHDを買いました。PS3版。
不良品を掴んだのだろう、NewOrderモードの4面ボスでBGMが必ず止まる。いまどきBGMがディスクからのストリーミングとか有り得るのかそれと思うけど、実際に起きるからしょうがない。
Xbox360のようにゲーム取り込み機能があれば良かったのに…

プレイしていて思うのは、やっぱパースついてるSTGはやりにくいということ。
レイシリーズに比べれば遥かにマシだけど、弾避け感覚は完全2Dのゲームには及ばない。
ゲーム内容はとても地味。オプション武器が3種類あるだけで自機選択もないシンプルさ。このオプション武器がどれもテクニカルな使い方を要求されるし、ショット方向の調節もある。
敵の配置を覚えてオプションをタイミングよく出して先制攻撃がすべて、パターン組んで敵を着実に潰していく地味なスタイルなのは悪くないんだけど…
自機のショットが「狙い撃ち」型なので、狙いが悪いと敵が全然破壊できず、プレイを安定させるのにかなりの努力を要する。オプションも発射方向や発射タイミングを外すとその時点でパターンが崩れるというシビアさ。
弾のバラマキ具合もやや彩京スタイルっぽく、高速扇弾なんかは自機を狙ったり狙ってなかったりで間に入るのがクソ難しい。動体視力の衰えを感じてしまう。
総じて、地味に潰していくミニマルな楽しみよりもストレスの方が優先しそうな感じでした。
横長画面のNewOrderはアーケード版よりも先手必勝の重要性が上がっている。画面前で貼り付き命。

オリジナルと比べると、ショット発射方向を右スティックに振り分けられるのが最も良い変更点。自機の動きに影響を与えることなくショットの方向を変えられる。これに慣れるとオリジナルの操作はバカバカしくてやってられない。
今のところ1周クリアできる気がしないけど、もう少しがんばってみます。

こういう勉強会は眠気を誘う

意識の低い私としては、以下のような勉強会はツラいのです。

1. パワポを映してそれを朗読
朗読するだけだったら資料配るだけでいいんじゃ…
あと、資料で文字やデータが充実してるとそっちを読んでしまい、話してる内容が耳に入らなかったりする。

2. 専門家トーク
聞き手が持つ知識はどのぐらいかを考えずに己のペースで説明する。述べる気はあっても教える気はないというやつ。
何を述べるべきか、何を述べないべきか。その辺を詰めてからやってもらわないと意識の低い私はついていけないのです。

明日は逆に、私が勉強会の講師になった話をしよう。「偉そうなこと書いてるけど自分も大したことないじゃんw」的なエピソード。

iMacのメモリを増設して分かったこと

Mac OS X Lion にしたからなのか、SIGMA Photo Pro 5.2 にしたからなのか、メモリがどうも不足気味なので 2GB → 4GBに増設したんですが。
まず、Macの仕様がDDR2 800MHzなんですが、載っていたのは666MHzのメモリでした。
本体側が800MHzだから当然メモリもそうだと思ったら…なんじゃそれは!
あと、SIGMA Photo Pro 5.2 に限らずOS全体の動作が軽くなった気がする。
というか2GBの頃よりOS自体のメモリ使用量が増えてる。何らかのバッファあるいはキャッシュに使っているのだろうか。

店の陳列を観る限りでは、DDR2はそろそろ過去の製品扱いのようです。このタイミングで増設しといて正解だったかも。

映画「アバター」で大佐から目が離せない

映画「アバター」が地上波放送されてたので、作業しつつ観てました。
悪役として侵略を指揮する大佐が出てくるんですけど、これがキャラ立ちすぎててもう。
原住民に催涙弾を打ち込みつつマグカップでコーヒーを飲む、毒性の大気で満ちた屋外にマシンガン引っ掴んで飛び出して息を止めたまま銃撃、「夕食には帰るぞ」発言、そしてクライマックスでの脱出シーン。
典型的なイカレ軍人っぷりが極まってて逆にカッコいいという。部下からの信頼もきっと絶大。

というわけでアバター初めて見たけど、映像は綺麗でストーリーも分かりやすくて、予想以上にシンプルな映画でした。
特に後半の戦闘シーン、むしろここだけやりたかったんじゃないのかっていうぐらい面白かった。トータルだと頭空っぽにして観る系の映画でした。

最初に教義を教えるなかれ

アメリカの科学の教科書、冒頭に「科学の条件」みたいなのが書いてるらしい。
ところで、人に物を教えるときにまず教義から述べるのは意味がない。
知識体系あるいは思考体型を貫く「教義」を真に理解するためには、それを自分で発見しなくてはいけない。
外部から教えられても身に付かない。自分で発見しないと教義は自分のモノにならない。
具体的事例をあれこれ教える前にまず教義から述べる、これを喜ぶのは既に教義を知っている者だけである。
だからアメリカの教科書のあれは、科学に通じた者が通じてる本を見て「通じてるね」と喜んでいるという、インナーループでしかない。

たまゆら 朝日山に登ってきました

たまゆら OVA 2巻に登場する朝日山に登ってきました。
たまゆら舞台探訪で、ここだけまだ行ってなかったので。
OVAでは途中から歩いて登ってるけど、実際には山頂のすぐそばに駐車場がある。マエストロはこの駐車場まで車で来てたというわけ。
というか一行はかなり手前からわざわざ別ルートを歩いて登っているw

tamayura_asahiyama

竹原の街が一望できます。
OVAに出てくる二つの山はどちらも行きづらい場所にある。特に、2巻前半に出てくる豊島 十文字展望台は狭い道が延々続く難路(その代わり途中の眺めはスゴい)で、作内で「歩いて2時間かかる」というのは冗談でも何でもないという…

あと、たまゆら -hitotose- 最終話に出てくる土手も、たぶん該当場所を通り過ぎた。
バイクで走ってて「あーここは最終話の場所にそっくりだわー」と。竹原高校の裏手。
保存地区からあの土手に抜ける道…お姉さんはあれだ、変な近道が好きなタイプと見た。そして迷うと。
私と一緒だな!

中尾博士による福島原発 中間報告の解説記事が良かった

東京新聞のサイトに福島原発中間報告の概略があるけど、どういう流れでメルトダウンに至ったのかがいまいち分かりにくかった。
中間報告は700P超えてるしな…と思ったら東大 中尾博士による解説記事を読む機会ができた。うん、とてもわかりやすい。

1号機は
1. 非常用復水器が働く(非常用復水器は交流電源なしで動く)
2. 津波で電源喪失
3. 電源喪失により配管破断センサが作動して非常用復水器の弁が閉じてしまう。そして制御室が真っ暗に
4. メルトダウンが進行。非常用復水器が働いてないのに気付いて逃がし安全弁とベント弁を開けようとする。弁を開けて圧力を下げないと外から注水できないため
5. 逃がし安全弁とベント弁は直流電源と圧縮空気の両方がそろわないと開かない。機器の準備に半日かかった
6. 逃がし安全弁とベント弁を開き、消火系から消防車で注水を始めた直後に水素爆発

3号機は
1. 隔離時冷却系が作動 → それが停止したあとは高圧注水系が働いた
2. 上記の冷却系が働いているうちに消防車から注水できるよう所長指示
3. 3号機で現場作業員が高圧注水系の故障を恐れてこれを停止。消防車での注水に切り替えようとする
4. バッテリーが上がって逃がし安全弁が開けなくなる。さらに高圧注水系も再起動不能に
5. 1号機と同じくメルトダウンが進行。そして水素爆発

2号機は
1. 隔離時冷却系が作動
2. 隔離時冷却系が停止。ほぼ同時に3号機で水素爆発が起こり、準備していた弁・消防車・電源がメチャメチャに。そしてメルトダウンが進行
3. 4号機の水素爆発と同時に圧力抑制室から放射能漏れ、風に乗って飯館村方面へ

さらっとまとめるとこんな感じ。

次に同じような事例が起こったら、
1. 交流電源が不要な非常用復水器を稼働させる
2. 非常用冷却装置が稼働している間に、逃がし安全弁とベント弁を開いて圧力容器の圧力を下げ、消防車から注水する
という手順を踏めば良いとのこと。
実際の事故を経験して初めて適切な対応マニュアルが生まれる。真理であり、人間の限界でもある。

ボムを使わせる工夫

抱え落ち。それは永遠のジレンマ。
まずは始まりの話を。究極タイガーという古いゲームの話。
このゲーム、自機は遅く、当たり判定は大きく、敵弾は速い。そのため、どうあがいても避けられない状況が簡単に発生する。
そしてボムと言えば、出るのは遅く、爆発時間は短く、自機が無敵になったりもしない。しかし数は結構出るし、何より敵弾を消せる。
「ボムを使って弾消しするしかない」というのがプレイしていて分かる。ボムが出るのは遅いので先手を打って使う。そういうゲームデザインだったわけ。

…ところが、そうはいってもボムを残したまま死ぬことが無くなったりはしなかった。
弾幕STG全盛になって、このいわゆる「抱え落ち」問題は深刻さを増した気がする。
反射神経さえ良ければすべての攻撃を避けきれるのではないかという錯覚は、高速弾STGよりも弾幕STGの方が強い。
加えて、ボムを使わないことに対する特典もインフレした。昔ならステージクリア時に多少の得点が入る程度だったのが、ボムが満タンのあいだ得点が入り続けるとか、2週目あるいはエクストラステージに入る条件にボムの使用回数が関わったりとか。

というわけで、ボムを使わせるようにいろいろ工夫が凝らされていった。代表的なものを挙げると、

1. ボムを使って得点を稼げる
ボムを使った方が高得点を得られるというもの。弾を多く巻き込むほど高得点、ギリギリで使うほど高得点、など。
これは抱え落ち対策としてはそれほど有効ではない。結局これはボムを使う場所がパターン化してしまい、突発的な危険が迫った時は逆にボム使うのを躊躇してしまうから。

2. オートボム
ミスすると同時にボムが発射される。普通にボムを撃つ場合に比べて何らかの発動条件あるいはペナルティがある。
ある意味究極の抱え落ち対策であるが、アーケードだと明らかにプレイ時間が延びるのであまり例がない。
オートボムでペナルティを食らうなら普通に撃った方が得だ…!という心理もあるけれど、それだとボムを温存しといて避けきった方が得だ…!という心理へと繋がるのであまり効果がなかったり。
個人的には東方永夜抄が採用していた方式が良いと思うのだけど、これも以後のタイトルでは採用されていない。

3. ステージクリア時にボム個数が回復
ボムが補充されることで、1ステージで3個使っても大丈夫というもの。
これはプレイヤーに取ってはありがたいけど、オートボムと同じでプレイ時間が延びる問題がある。

こんな感じで並べてみましたが、そもそも「ボムを使うとなんか負けた気がする」というのが問題の根本としてあるので、そこをどうにかしないと解決できんかなーという感じです。

「アイツに勝ちたい」という麻薬

モバイルSNSゲームが儲かる本当の理由。かーずSPはなぜ15万もつぎ込んだのか? - Togetter
を読んでいて考えた。
本当に麻薬的なのは「アイツに勝ちたい」「アイツに負けたくない」という感情、なのだろうと。

上記のページを読む限り、有料アイテムに手を出したきっかけは、どこかの誰かに負けたから。
ゲームで誰かに負けたら、次は勝ってやろうと考える。
アーケードの格闘ゲームならもう一枚コインを入れる。何度やっても勝てないようならそこから一度離れて、プレイを眺めながら対策を考える。
何か基本的な動きが出来てないと感じたら、CPU相手に練習したりする。キャンセル技を練習、ガードキャンセルを練習、ブロッキングを練習、避け投げ抜けを練習…
強力なレア武器を拾うために地下迷宮で敵と延々バトルする。コントローラを固定して学校に行ってる間自動でレベル上げをやる。ネットゲームでラグって負けるようなら高速通信を契約してPCも高性能のものに換える。
ぜんぶ、勝利のため。
「勝ち負けはともかく、まずは楽しみましょう!」なんてのは強者がドヤ顔で吠える戯れ言じゃん。勝たなきゃ意味ない。
カイジでも言ってる、負け犬は地を這うだけだと。

んで、ソーシャルゲームが持つ「時間あるいは金をかけることのみが勝利条件」という特性は、ある意味ではとてもフェアだ。
修行でもなく、経験でもなく、持って生まれた反射神経でもなく、時間と金だけが強さに響く。「投入した資源の量に正比例して強くなれる」を綺麗に実現してる。従来型のゲームの「修行しても強くなれない可能性がある」という問題点をクリアしてる。

ケータイでいつでも対人戦ができるというのは、常に手の届くところに麻薬を置いてるようなものなんだ。
そこで誰かに負けると、勝利を渇望する依存症がはじまる。
金銭感覚を失うほどガチャを振らせるその根本は、それがまさに麻薬商売だから、なのかもね。

映画「逆転裁判」を観てきた

映画「逆転裁判」を観てきました。
一言で言うと、ゲームの1そのまんまでした。
ゲームだといくつかシナリオがあり、それの縦糸となる大筋があるという構造だけど、その大筋と絡みの薄い「ナルホド君のデビュー」と「トノサマン」は冒頭であっという間に終わります。トノサマン編はあれで1時間はいける面白さですけど時間足りなくなるのでしょうがない。
トノサマン編の裁判風景がわずかに描写されてるのはたぶん原作プレイ者に対するファンサービス。
細かいところを質すといろいろあるんですけど、逆転裁判の持つ本質、「コミカルでありながら実は本格派」「証拠や証言の矛盾をつく」というのはちゃんと守られてます。証拠を提示できず焦りまくり、苦し紛れで行動して「そこからどうする気だwww」という状態から逆転するというシナリオの妙もそのままです。
原作を知らない人が観ると、初期TRICKのような印象を受けるかなー。TRICKのようなメタギャグは無いので安心して観れますけど。
ちょっと面白かったのは、終盤に相手を追いつめる場面でミスディレクションが仕込まれてること。観客に「あれっ…ハズしたか?」と思わせる仕掛け。実は映画のかなり頭の方にさりげなくバラしがあったりします。
逆に、ラストで決定的証拠を突きつける場面はもう少し細かく描写しても良かった気がします。「もしあなたが無実ならこうなるはずですよね?」という説明カットを2~3入れる程度でもかなり分かりやすくなると思うんだけど。
全体としてはかなり良かったです。EDではゲームの2と思しき描写もあったので、好評なら続編があるかも。

…あとはそうですね。やはり真宵ちゃんが。
真宵ちゃんが霊媒能力を使う場面もいくつかあるんだけど、そのうち一つが怖すぎるw 感動のシーンのはずなのにビジュアルが怖すぎて感動してる場合じゃないw
そして、なぜメイクがあんなにキツめなのだ。原作の真宵はもっと柔らかい表情だろ!…と。

SIGMA DP1・2 Merrill が発表された

Sigma New DP Series ― Foveon Merrill Generation

「SD1のFoveonセンサーがDP1・2に載ったら最強だけどなー」という願望をいきなり実現されたため、ちょっと興奮が収まりません。
サイズダウンもなく本当にそのまんま載ってる。出力画像が400万ピクセル → 1475万ピクセル。性能がジャンプアップしすぎててヤバい。
しかもそれだけじゃなく、
・フォーカスリングがレンズ側になった。一眼レフっぽい操作感覚に
・レンズが沈胴式じゃない。電源ON-OFFで伸縮しない
・F2.8の明るいレンズ。現行DP1xのF4.0から二段も明るい
・ボディサイズは現行DP1xより横に10mm大きいだけ

…もうね、「早く出せっ!!」という感じです。
プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。