スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(ジャンク)中国の軍事誌がガルパンを批判したらしいので

注意:この記事はジャンクです。
中国の軍事紙が『ガールズ&パンツァー』を大批判! 「美少女を隠れ蓑にした悪意ある軍国主義」 | ロケットニュース24 を読んで。
機械翻訳に作業していただきました。私は特に何もしてません。あえて校正せずに載せてみます。
感想としては、洗車シーンについて「水に濡れてるjk最高!(意訳)」などと書いてあるのが良かったです。



近頃、1部の日本のアニメーションはネットを風靡します。これは少女を主役のアニメーションにして、広大な軍事の愛好者の絶大な支持を受けました!この中は一体どんな神秘がありますか?

《少女と軍事用の車両》は1部の描写の少女達が“車道に戦う”を学んでそして全国試合のストーリに参加するのです。アニメーションの陳述の世界の中で、戦車道は一つがサッカー、野球の試合する運動に類似するのです。各チームの使ったのは皆第二次世界戦争の軍事用の車両で、アニメオタクを引きつけるだけではなくて、また男性の主とする軍の謎を引きつけて、軍の謎はこの映画の“第二次世界戦争の戦車の教育板を称することができる”を褒めます。しかし、行為の1つの中国軍の謎、とても気分が悪いことを見ると感じます。以前の日本人中で隠れた多くのやみの商品!

それぞれの試合参加学院はすべて空母の上で位置して、日本の空母は第二次世界戦争の日本の空母の複製品です。

第二次世界戦争は一体誰が勝ちましたか?
《少女と軍事用の車両》の中の生活のシーンがすべてで近代的な日本の縮図で、しかし“車道に戦う”の試合中に入りますと、すべて第二次世界戦争の風格になりました。アニメーションの中で出現の軍事用の車両は主に江蘇、米、英、ドイツ、イタリア、日の6つの国家の装備で、板の中でまたそれぞれの参加チームのために異なる国別のイメージと風格を設計しました:聖葛羅莉アンナ学院は典型的なイングランドの特色で、桑徳斯学院は米国の西部の範児を代表して、真理学院はソ連の文化の息を明らかに示して、黒森峰学院の腹の中はすべてきわめて日耳曼民族の精神を出して、主役のあった大洗学院は十分な日本の味があります!これらの学院はまるで第二次世界戦争が戦国の複製品に参加するのです。

桑徳斯学院のShermanの戦車。
ここはみんながすべて分かったことを見て、これはアニメーションを利用して第二次世界戦争を再演するのです。軍の謎達はすべて知っていて、第二次世界戦争の中の日本、軍事用の車両強国の中“小さいちび”です。真実な歴史の中で、強大な米ソの戦車に壊滅して軍の形がなくなることを打たれます。どのように昔の“皇軍”の軍事用の車両に強大な相手を打ち負かすことができますか?きわめて困難な任務はアニメーション中大洗学院の女の子達に手渡します。

キャプション:桑徳斯学院のSherman装甲騎兵団。

第1手は“雑軍”をかき集めるので、大洗学院の運転する軍事用の車両は意外にも1から始めて日本の商品ではありません:M3の中型の戦車は米国の商品、3番のF型が大砲に突撃するのがドイツがつくるのなので、戦力の最も強大な4番のD型の戦車は同様にドイツがつくるので、PZ.38(t)の戦車はチェコがつくるので、本当にの日本の軍事用の車両が残ってすぐ8,9式だけありました。この装備が当時のの“皇軍”を比べるのはすでに非常に強大になりました!その上後の試合の中で、大洗学院はずっと雑軍の風格を維持して、比べるのはその年頑固な人の有名な“皇軍”で本当にずいぶん利口になった!

キャプション:真理学院T-34戦車の群。

当然で、実力がかけ離れてまだ事実で、これらの無名の商標の車の大洗学院が開いていて聖葛羅莉アンナ学院の親善試合と中でチャーチルの戦車と瑪の蔕になんじがⅡ戦車に達されてさんざんなことを打ちます!この時に第2が招いたことを使用しなければなりません:面の皮を厚くしてとぼけます!見てくださいを信じないで、同様な車が開いていて、大洗学院は意外にも打ち勝ってすべてアメリカ製のShermanの戦車の桑徳斯学院を装備することができます!真理学院との対抗の中で、ソ連T-34、スターリン、KV-の2戦車の構成の装甲大きな流れに直面して、これらの薄い皮の軍事用の車両は意外にもさらに死角のを強いて状況で逆らうことを打ったにで襲って、最後はまた勝利を得ました!私達のこれらの誠実な軍を迷うどのように言わせますか?再びでたらめに編んでも基本的な常識を軽視することができないでしょうか?本当にの歴史の中で、日本の薄い皮の戦車が承諾する敷居の戦役の中で表現するのは珍しくて悪くて、甚だしきに至っては直接蘇軍の戦車に気楽に部品にぶつかられます!アニメーションの中“執着する”ただ1つの説明、第二次世界戦争について、日本の心の中はまだ服しません!

軍国主義の思想が日本にしみ込むのはアニメ・漫画の産業の大国で、多くのアニメ・漫画の製品は典型的な民族の特徴があるだけではなくて、また多くの“軍事の原素”を溶け込みました――軍事の知識に看板になることを借りて、陰で軍国主義の思想の浸透を行います。

キャプション:真理学院IS-2の大型の戦車。

日本のこの民族についてこのような定説があってことがある:もしあなたはそれに対して気前よく互いに待つならば、あれはそれは一を得て二を望みます;もしあなたは容赦なくそれを教えさとすならば、それはすぐにあなたを一番上の人にします。第二次世界戦争の時期に、ドイツの実力の上で日本を恥じてから及ばなくならせて、米国はまたそれを完膚なきまでにやられることに打って、そこでこの2つの国家の軍事用の車両はなって日本の大洗学院の使った主力の軍事用の車両を代表します。このようにだけではない、メンバー達はまた独特なイメージで強者のあこがれに対して表して、たとえば3番の突撃の大砲の車掌は自分で隆美のなんじのイメージに着飾ったを。明らかに、日本は依然として青少年に強大な武力に対する信念を注ぎ込んでいます

試合のシーンは軍隊将棋で展示を演繹して推測して、列車に注意するのは第二次世界戦争のドイツのDoraの大砲の車です。
多くの軍は友達に迷って日本自衛隊の徴兵する広告の時にこの映画を皮肉って、1つの軍の友達の曾説、このアニメーションはきっと軍事の家の男性設定を引きつけることために。日本の青少年の教育は同様に多い問題に直面して、あれらのだらけて開けていない男性の青少年の内心の急進的な因子を呼び覚まして、日本のアニメ・漫画の積載する一つの重要な使命です。そのため、いくつか剛性の思想を広く宣伝してなって必然的になりました。戦車道の紹介する大会の上で、大いに学院学生会を洗って大いに特に戦車道の高尚で威力がある1面を言うと言って、場面は戦争が動員するようです。板の中に1つのスポットライトがまだあって、戦車道教官です――陸上自衛隊の現役の女性の将校・士官。これが日本の最新の10の式の戦車の出現の美人が開いているのはまるで日本自衛隊のために兵隊を募集してくるので、彼女と女の子達のストーリはまるで男性達に宣伝・説明します:女はすべてこのように強大になることができて、あなた達の男はまさか技量の民族の国防は奮起しませんか?

大洗学院は最後に1台のポルシェのトラ-P戦車を探し当てて、この戦車はトラ式の戦車に参与して型を選んでことがある。
戦争を美化する芸術の誇張は最も人の反感を譲ったので、ニンフを主役にして、整部の映画にびしょぬれになられたのはロマンチックで暖かいです。女の子達が軍事用の車両の内でをも閨房に配置するのが普通で、訓練の中で絶えず成長して、試合中で互いに学習に対抗して、挫折の中で互いに励まし合って、これらの原因の構成した劇の筋は見たところそんなにうれしくてそんなにすばらしい。惜しくて、このアニメーションの最後に原状に復したのはひどく痛ましい第二次世界戦争の戦場です:烈火は黒いたばこと戦場を覆って、侵略者の軍事用の車両は平和な郷里をひき砕いたことがあって、田野の中で人々にこだまして絶望して泣き叫びます……これらの悪夢の同じ記憶とアニメーションはなんと相容れないのです!

黒森峰学院の学院の徽章(全くドイツの鉄の十字を剽窃する)
実は、表面の上から見て、《少女と軍事用の車両》の包装はたいへん巧みで、それは観衆に基本的で完全な第二次世界戦争の軍事用の車両の発展史を知らせる、しかも非常の専門は軍事用の車両の多い性能を紹介しました。戦車道の訓練して試合する一環の中で、観衆は軍事用の車両の保護、車が、戦場の偵察と通信、大砲の操作などの多い細部を運転することを見ることができて、異なる戦車の戦って行進する中の美点は欠点とも重点的に描写します。このアニメーションはほとんど本当にの軍事用の車両の教育板として見にくることができましたとこの角度の上から言います。板の中でまた多い第一の軍歌を放送して雰囲気を引き立たせにきて、最大のスポットライトは真理学院に属して、アニメーションの中で1群の少女はか弱い音で《カチューシャ》が戦車の前進するシーンが開いていて1時にネット上で強烈な絶大な支持を受けていることを歌っています。しかし、この日本のアニメ・漫画のは本当に核心は実は隠れていたので、中国軍の謎にとって、この映画を見る時、いつも批判の目があるべきです。

キャプション:森峰学院のトラ式の大型の戦車

キャプション:黒森峰学院の“チーター”の戦車は車を攻撃し殲滅します

キャプション:黒森峰学院の恐怖の戦車はチームを殺戮します

キャプション:“黒い騎士の物語”の模型は絵を画いて、これに類する素材はアニメーションの中でとても多いです。

キャプション:軍隊将棋で展示を演繹して推測して、列車に注意するのは第二次世界戦争のドイツのDoraの大砲の車です。

キャプション:少女達はShermanの戦車の群を見送ります。

キャプション:真理学院の艦船は庫茲涅佐夫の空母を原型にしました。

キャプション:日本の特色の屏風が絵を画くのさえ戦車になりました!
スポンサーサイト

理想的なエレベーターの開閉ボタン

間違えやすい「エレベーターの開閉ボタン」をデザイナーたちがリデザインしてみた【JAYPEG】 - NAVER まとめ を読んで。

間違える原因は以下のような感じだろうか。
・ボタンが二つある
・パッと見て判断しにくい(アイコン、漢字、どちらも)
フリック操作にしたり、ボタンの大きさを変えたりといろんなアイデアが出てる。
海外では開くボタンしかないエレベーターもあるらしい。

ところで、エレベーターの扉の状態というのは「開いている」「閉まっている」のどちらかしかない。
厳密に言うと「開いている、または閉じている途中」というのもあるけれど。
二つの状態を行き来する= トグル操作なんだから、そもそもボタンを二つ用意する必要がない。
ボタンは一つにしておいて、
・扉が開いている = 押すと、扉が閉まる
・扉が閉まっている = 押すと、扉が開く
という動作にすればいい。

こういう動作になってるボタンは世の中にいくらでもあるはずだけど、エレベーターの扉開閉がなぜトグル操作になっていないのかはよく分からない。

NintendoDirectの意義とは

最近の任天堂は、ゲーム雑誌などを差し置いてNintendoDirectで新ゲームの発表や最新映像などの公開を行うようになりました。
いつかの株主総会で、NintendoDirectをやる理由について岩田社長は「自分たちのメッセージを歪ませずに客に届けるため」と言ってました。
私から見れば、あれはAppleのマネです。それはiPhoneで勢いに乗る最近のAppleではなく、ジョブズがまだ元気でMacが主力だった頃のAppleの手法。

いまや昔話になってしまったけど、ジョブズがAppleに復帰したときはまさに潰れる寸前でした。彼がまず確認したのは、そんな状態でもAppleを支持してくれるファンが少なからず残っているという事実。
ジョブズは今後の方針説明や製品発表など、重要な発表は必ず基調講演で行いました。基調講演はそもそもMacWorldExpo(ファンイベント)とWWDC(開発者会議)の中の催し物で、Appleに忠誠を誓ってきた人しか注目しない類のものでした。
ジョブズがプレゼンに絶対の自信を持つこともあったけど、基調講演という形式のポイントは「重要な発表は、一番最初に、自社のファンに対して、直接伝える」ということ。

ドラえもんの台詞「本当のファンなら落ち目のときにこそ応援しなくちゃ」です。
会社が厳しいとき、いまだ支持してくれているファンとの関係をまずは保つ。それは例えば「今後すごい隠し球があるので大丈夫です!」みたいなブラフを撃つのではなく、次に打つ手を具体的に、ファンに直接お話しするという地味な活動こそがファンをつなぎ止めるのに重要です。
SCEはここを勘違いして前者を実行してしまい、総スカンを食らってました。

あと、プレゼンターをキャラクター化しているのもAppleと共通してます。
ジョブズは服装を固定してて、自分の苛烈な性格やプレゼンのスタイルをネタにされてるのもちゃんと心得てました。セルフパロディをやったこともありますし、講演中にMacがフリーズしたとき「いま後ろで何人クビになったんだろうね?」と言ったりして、トラブルなのに会場を沸かす。愛されていないとこうは行きません。
岩田社長もスローで滑らかで台本通りなプレゼンスタイルなのを心得てて、だからぶっつけ本番で行われたWiiU開封の儀は大盛り上がりでした。GamePadを載せまちがうだけで視聴者が沸くのはジョブズと同じく愛されている証拠です。

ファンとの信頼を保つ。ファンに愛される。NintendoDirectがコアなファン向けであるという指摘は全く正しいのです。
連続して赤字を出してしまった任天堂にとって、ファンとの関係を良好に保つことは企業イメージを低下を防ぐという意味でとても大切です。企業と顧客との信頼関係が確立されていると、メディアや外野の無責任な煽りに対して最大の防御になるからです。

…あとはそうですね、NintendoDirectを短い間隔でやると顧客の期待に応えきれなくなるので、そのうち開催間隔を伸ばすんだろうと思います。毎回サプライズを用意するとかAppleでも無理だったし。

VECTROSの感想と、優れた操作インターフェイスの条件

iOSでVECTROSがリリースされました。
VECTROS - iTunesStore
結論だけいうと「傾きセンサーでの操作はやめてほしい」「アイテムは自動取得にしてほしい」以上です。

ゲームにはいろんな操作インターフェイスがあります。
例を挙げると、十字キー、レバー、アナログスティック、操縦桿、タッチパネル、傾きセンサー、スライドパッド、etc…
STGをプレイする場合、これらの中で群を抜いてダメなのが操縦桿と傾きセンサーです。
それはなぜか?と考えてみました。

まず操縦桿から不満点をあげてみます。ゲーム形態にもよりますがここはオリジナルのスペースハリアーを念頭に置いてみました。
・レバーがニュートラルに戻ると自機もニュートラルに戻るため、自機を静止させにくい。
・右に入れた状態 → 左に入れる、つまり切り返し操作の難度が高い

次に傾きセンサーです。こちらはVECTROSを想定して考えてみます。
・iPadの傾きを変えると自機が動くので、自機を静止させる=iPadを特定の角度で静止させなければならず、難度が高い
・切り返しが難しい

切り返しが難しい理由は物理的(ストロークが大きい)なので、気合いを入れて操作すればある程度フォローできます。
しかし、静止させにくいというのは根本的なものです。
入力遅延のある環境でプレイするとき、「自機の動き出しが遅れる」よりも「自機がすぐに止まらない」のが問題であることに気づきます。
操作インターフェイスについては「動く」だけではなく、「止める」ことにも注目するべきなのです。

操縦桿も傾きセンサーも、入力に対して遅延なく反応するという条件は満たしています。でもそれだけでは、思い通りに操作できるとはなりません。
操縦桿と傾きセンサーの共通点を考えると、以下のような条件を満たす必要があるでしょう。

1. 入力に対して遅延なく反応する
2. 入力をやめたら、その瞬間に静止する
3. 無入力の状態 = 静止した状態、となるようにする
4. 人間が意識しないまま起こるような微細な入力は拾わない


例えばゲーム以外の、自動車のハンドルや一般的な操作スイッチは、上記の条件を満たしています。
これらを満たさないような入力方式は、何か特別な理由が無い限り採用しない方が良いでしょう。
プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。