スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アホ毛ちゃんばら感想

面白いことは面白いんですけど、マズい部分がそこらじゅうにある。

UIについて。
・敵のアホ毛を引っこ抜くときの操作方法が分かりにくいうえに、その難度が高い。ステージクリア後のご褒美程度のものなのに、画面を傷つける勢いで操作しないと抜けない。そして抜かないとステージが終わらない
・チュートリアルで、連打するとアホ毛が連打できることが説明されない。(溜め撃ちの説明しかなされない)
・チュートリアルで、「スタミナが続く限り回避体勢をとれる」ことが正しく説明されない
・ステージ中、敵が何人残っているのか分からない。画面下部の「n人目」を「残りn人」にしてほしい
・ステージデモの飛ばし方が、▽ボタンを連打しないと表示されない。飛ばし方は最初から表示しておくべき
・ステージデモのメッセージ送りが▽ボタンを押さないとできない。そこを狙って押させる必要性がない
・アホ毛学習帳下のインジケータで、自分がどのページを開いているのかが分かりにくい。色を変えるのではなく光らせるとか大きくするとかでないと分からない
・アホ毛学習帳で項目を見たときに「戻る」ボタンがなく、メッセージをすべて送らないと戻れない
・アホ毛学習帳でメッセージが一気に表示されない。おまけに▽表示などが無いのでメッセージの終点が分からない
・ショップはもう言語道断で分かりにくい。売っている品物はアイテムスロットとアイテムとメニュー、やることはみな一緒(購入する)なのになぜかデザインも配置もバラバラ。購入するボタンはアイコンにせず<購入>といった一般的なボタン形式にすべき
・ショップで、ヘルプをいちいち呼び出さないと商品の効能が分からない。商品アイコンの側に効能を表示しておいてほしい

ゲームについて。純粋なアクションゲームであり主人公に成長要素が無いのが気になった。ゲームとしてはいわゆるパンチアウトタイプで避けて殴る以外の要素がないため、余計にそういう要素が必要であろうかと。
せっかく敵のアホ毛を引っこ抜くシチュエーションがあるのだから、入手したアホ毛を装備できるようになれば面白いかもしれない。オートコンボがあるアホ毛、スタン値の高いアホ毛etc… 図鑑で見るだけでは物足りない。
あとはそう…気絶やスタミナ切れからの回復も、あとどのぐらいの時間/入力で回復するのかが分かりづらい。ストIIのように気絶回復入力をしただけ体が振れるなどの表示があれば良いと思う。
スポンサーサイト

捏造されるミステリ。「インテリぶる推理少女とヤリたいせんせい」感想

twitterで名前をちょいちょい見かけていたノベル「インテリぶる推理少女とやりたいせんせい」を読みました。
たまたまイラスト担当された方をフォローしていて、なんか内容がスゴいらしいと。
ネタバレを最小限に抑えつつ感想を述べると…










簡潔に述べると、エロゲあるいはエロマンガを基調としつつミステリを捏造する。自分で書いててよく分からんけどこういう書き方しかできない。
エロゲやエロマンガって、究極的にはエロが目的であってそれ以外のことは言い訳にすぎないでしょう。登場キャラが長々と述べるミョウチクリンな理屈。事に及んだときの必要性皆無な脳内独白。いるのかそれ。なんだかんだいっても結局はエクスタシーでしょうそれが真実。
物語はせんせいが中学生を次々に暴行していくというとんでもない話だが基本的にはギャグ。強姦ギャグ。あえて例えるなら月亭八方の有名な歌、あるいはスピリッツに連載していたなんとか課長みたいな下ネタマンガのようなもの。いやあれよりもっとひどいギャグ。一人目はそこそこマジメ?な描写だけど二人目を襲う場面は完全にギャグ。いきなり野球拳を始めて既にパンツは脱いでるとか、主人公が襲った筈なのに発見時には足コキされているとかツッコミが追いつかない。
せんせいの態度はエロゲを惰性でプレイするプレイヤーのよう。DFE = Dead Fish Eyes で日常シーンをスキップしてエロシーンを目指す感じ。あるいは次の攻略対象をCGコンプするためDFEでシーンスキップな感じ。エロゲプレイヤーのメタギャグである。
この辺のノリをOKとするか否かでまず評価が真っ二つだろうと想像される。

ところで、最近のミステリは価値の反転を得意としている。例を挙げるなら「深い理由なんて無かったんだ。ただ魔が差しただけ、それが真相である憑き物払い完了!」や「同行者がよそ見した数秒の間に殺したんだ、アリバイ崩し完了!」といった、そこまで延々と考察し推理してきた構造が全部虚構でしたーみたいなやつ。
そしてこの小説、略称インテリぶるは逆のことをする。
主人公のせんせいは「ヤリたいから」という純粋な動機により暴行に及ぶ。しかしその場にヒロインが乱入してきて、彼女のミステリ脳をもって真相っぽいものを捏造し、せんせいの罪を軽減する。それはそれで主人公としては都合がいい(というかツッコんでもヒロインが聞く耳持たない)ので流れに任せる。
この辺の登場人物のやり取りは西尾維新を思い出させる。読んでいるとせんせいの声が阿良々木さんで再生される。つまり真剣に議論するのがバカバカしい話題についてロジカルシンキングなやりとりが行われる。何も無いところにミステリ成分が造り出されていく。ストーリーが捏造される。
でもせんせいは話を合わせつつ(繰り返しになるがヒロインが聞く耳を持たないからだ)、とりあえずアホかと一蹴している、はずだった。

そして物語の後半から、その「捏造される物語」に読者が翻弄されてしまう。
小説がせんせいの一人称視点で書かれていること、そしてヒロインが繰り出すミステリ脳的あるいはエロゲ脳的ロジックに、同じくロジックで対抗していたこと。それが罠だったことに気付いても手遅れで、せんせいの、読者の立脚点は、ヒロインの趣くままにに振り回される。
これをスゴいと思うか、ふざけんなと本を壁に投げつけるか。評価は再び真っ二つに分かれると思う。
ラストに繰り返される連続ドンデン返しはミステリ的ともエロゲのマルチエンド的とも言えるけど、最終的にはちゃんと着地している。
あれは話を投げているわけではなく、捏造された虚構が存在しない純粋な地平に着地しているラストなのだ。

…精神年齢18歳以上推奨であり、強姦魔たるせんせいの強姦魔まる出しなモノローグに笑える人でないとスムーズに読めないと思う。強引にまとめるとナンセンスな作品であるということ。でも面白いのでだまされたと思って読んでみると良いかもしれない。
プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。