スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「劇場版まどかマギカ 叛逆の物語」感想:繰り返す物語

劇場版まどかマギカ 叛逆の物語を観てきました。以下ネタバレ注意〜










TV版のラストで、これはキリスト教における救済のロジックと一緒だという感想を書いたけど、劇場版はそれに対して悪魔が出現するという、またもキリスト教的な展開でした。

あらゆる事象がただそこにあるだけなら、悪魔は生まれない。
神が生じて「残酷な出来事かもしれないが摂理なので受け入れなければならない」となったとする。その理不尽を受け入れられないものが「自分を満足させるために」残酷な行為を作為的に引き起こしたとき、そこに悪あるいは悪魔と呼ばれるものが生まれる。

まどマギの成功のうちかなりの部分をあの不穏なビジュアルが占めてると思うんですが、劇場版はその魅力が炸裂してます。最初から最後まで安心して観られる場面がほとんど無い(褒め言葉)。バトル描写も凄まじい。共闘あるいは昨日の敵は今日の友みたいな、見たいもの見せましょう的な状況が連発するのも良いです。

まどマギのシナリオは以前からゲーム的だと感じていて、メリットとデメリットを明示して選択させるところとか、今回の劇場版のようにTV版での細かい部分を拾ってつなぎ合わせて新しいシナリオを織ってたりするところはアドベンチャーゲーム的なアプローチだと感じる。TV版のラストシーンやお菓子の魔女の本来のプロフィールを知っているとオオッと思うような描写もあったり。
映像作品のシナリオは人物の想いがロジックを無視しすぎて超展開になったりするんだけど、まどマギはロジックと人物感情のバランスが良くて破綻を感じないのがいい。

5人の魔法少女の願いを大別すると、純粋に自分のために願ったのはマミさんだけで、あとは「他人を救いたいと願ってるけど、実は自分が満足したいだけ」という歪んだ願い。
杏子はなんやかんやあってその歪みを自覚して、まどかは他人の対象が広すぎて概念化しちゃう。
残りはさやかとほむらだけど、この二人は「願いの内実は己の欲望」という点で一致している。
歪みを克服できなかったさやかが魔女化したのと同じく、歪みを自覚しないほむらもああなる。
一度それを経験したさやかがほむらに積極的に介入するのは、杏子がかつてそうしたのと同じ。
それで止められない所も同じ。同じ状況を繰り返しながらも結局は止めるすべがない。

終わりの瞬間に救済されるのを良しとして粛々と従うのか。
摂理に反抗して欲しかったものをキープし続けながら騙し騙し生きていくのか。
後者のやり方はまさに悪なんだけど、そちらにも強く共感してしまう。
スポンサーサイト

艦これの商品寿命について

艦これのゲーム外展開が激しくなってきました。ムック本、資料本、アンソロジー、それに大量のグッズおよび関連商品展開。

初音ミクを生んだクリプトン佐々木氏のインタビューによれば、ミクが盛り上がった当初に連絡してきた企業のうちいくつかは「ミクの人気は持って半年」だと見ていた。いまから考えると笑い話だけど、この判断は間違いとも言い切れない。

娯楽の世界にも商品寿命は存在していて、それを念頭に置いたビジネス計画が立てられる。どんなに優れたコンテンツでも盛り上がりは半年持てば良い方で、あとは話題を提供して延命しつつフェードアウトしていく。
ただし、初音ミクは旧来の娯楽と異なり、二次創作というバックボーンを抱えることに成功した。
ミクさん単体だとそこまで話題を提供できるものは持っていない。でも二次創作が活発に行なわれることでキャラクターは肉付けされ、淘汰と派生を繰り返し、幹と枝を備える大樹になった。

ゲームでいえば東方Projectもこういう広がり方をしている。妖怪というモチーフはそれ単体で結構なバックボーンを備えていて、STGなのでキャラクターの詳細なエピソードは語られず、そして二次創作は解禁されている。想像する愉しみがユーザーに明け渡されている。

ところが、艦これの最近の展開は旧式コンテンツのそれをなぞっている。性急で過大な商品展開とユーザーへの迎合。
おそらく公式としては、艦これの盛り上がりは年内がピークで、来年はフェードアウトしつつアニメ化でちょっと持ち直して、そのあと奇蹟がなければ来年いっぱいで終了してあとは細々と続けるという絵図を描いているのだろう。

艦これは早い段階で二次創作を許可するという英断を下したので、私は東方Projectのように細く長く続くと良いなーと考えていた。
でも現在の展開を見る限りでは、大樹として育てるのではなく刈り取れるうちにありったけ刈り取る方針らしい。なので艦これ白書みたいな図鑑的書籍はもっと遅くても良いはずなんだけど年内に出したりする。
グッ鉄カフェの甘味処間宮をはじめとして公式がユーザーの熱狂に迎合する姿勢を見せてるのも、コンテンツを育てるのではなく来年いっぱいをメドに収穫しきってしまう予定だと考えればそれほどおかしな態度でもない。

個人的印象として、この性急なビジネスぶりについてユーザーと公式との間にギャップが生じつつある気がする。東方Project的なありように対して踊り方が派手すぎるし、二次創作とのきっちりした線引きが徹底されていないし。
サーバ維持費も強烈だろうから悠長なことやってられないという事情があるにせよ、少し寂しいことではある。

Wine.app:Mac で 物念世界をプレイする

ニコニコ動画のランキングで最近見かける「物念世界」。
Ibや東方シリーズと同じく、こちらも Wine.app でのプレイが可能です。
Wine.appの場合、RPGツクール関係は動作するものが少ないのですが、物念世界はツクールなしで単独動作します。

やり方は waveriderの日記 Wine.app:Mac で 東方輝針城 体験版をプレイする と同じです。
ゲームのダウンロードは 物念世界:無料ゲーム by ふりーむ!から。

東方輝針城の代わりに物念世界をインストールするんですが、ダウンロードするnenn111.exeは自己解凍ファイルなので、起動すると圧縮ファイルの展開先を訊いてきます。
nenn_insatll
右側の「…」ボタンをクリックすると展開先を指定できるので、あらかじめ空のフォルダを作っておくとよいでしょう。
そして展開先フォルダを開いて、nenn111 フォルダ中にある「Game.exe」を開きます。

まだ最初の方しかプレイしていないので、最後までちゃんとプレイできるかどうか未確認です。
説明書に「フルスクリーンでのプレイは推奨しない」とあるので、ウインドウモードでプレイした方がよさそうです。
nenn_screen01

プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。