スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有料アプリが売れないのはAppleのせい?

はてなブックマーク - 「Appleは有料アプリが売れないことにいらだっている」Plygonのインタビュー記事より
これを読んで、「こんな状態になったのはAppleのせいだろ」という人がいる。
そうだっけ? とりあえずゲームに絞って考えてみる。

まず、アプリケーションの価格決定権は開発者側にあるはず。
だからAppleが価格ダンピングを行なった訳ではない。確かにときどき無料配布キャンペーンなどを行なっていたけど、その頻度はSteamに比べたらはるかに緩やか。
基本無料課金タイプもAppleが始めたわけではないし推したわけでもない。私の記憶だと、グリーやモバゲーはまずガラケーでブレイクしていたはず。その時点で既にこの形式は猛威を振るっていた。
JASRACによる補償金騒ぎがあったとき、「ユーザーはたとえ10円でも理不尽と思ったものには金を払わない」という金言があったのを思い出す。数百円のアプリですら高いと思うのは、他のところに目を向ければ同じようなものが無料で置いてあるからだ。
音楽はタダで聞き、映像はタダで見て、そしてゲームはタダで入手する。ちょっと探せばタダで転がっているのに金を取るとはどういうつもりだ、というのが大多数のユーザーの一般認識である。

Appleに罪があるとしたら、AppStoreをコントロールしなかったことだ。
価格決定権を開発者に任せ、ランキングを機械的に表示する。その結果といえば、ランキングにねじ込ませてライバルに勝つために最も手っ取り早い方法である価格ダンピングをみんながやってみんなが無料になり、それだと立ち行かないからゲーム内広告に課金アイテム。現状を作ったのは開発者とユーザーだ。
そもそもAppStoreが昔の古き良きシェアウェア販売のような感覚でしか構成されてない。Storeのデザインはお世辞にも良いとは言えない。ランキング一辺倒なのも問題だが、見知らぬアプリとの出会いが難しいのはAppStoreだけでなくWebコマースすべてに共通する解決未定な問題である。
※ 目的外のものをユーザーの目に入れるのが非常に難しい、買わせるのはもっと難しい

モラルレスな消耗戦が始まったのに何も介入せず放置するに任せる、それを罪だというならAppleは有罪といえる。
スポンサーサイト

キーボードを変えてエレコムを見直した

仕事で使ってるロジクールのキーボード K230 が壊れたので、新しいのを電気屋で探した。

キーボードの選択は重要だ。
幅が広すぎるとその分マウス位置が離れてしまって肩がこるので、テンキー有りで幅を切り詰めたものが欲しい。
構造はメンブレンで。メカニカルは音が大きいので仕事場だと迷惑になる。
アイソレーションタイプは長時間打つと疲れるので避ける。キーの周りの剛性が高すぎて指が負ける感じになるからだ。台形キーを選び、サイズはもちろんフルサイズ19mmで。

…というわけで、結局は今使ってるのとほぼ同じ構造の、エレコムのものを買った。
このキーボードはキーの中央にメンブレンゴムがあるだけ。だから横に長いキーは左右に支持部品が入っている。
ロジクールのやつはこの支持部品がスペースキーにしか入っていない。それが入っていないテンキーのゼロを私が速攻で壊してしまったわけだが、エレコムの方はテンキーのゼロやEnterキーなどにもちゃんと支持部品が入っていた。
エレコムに対する信頼感がちょっと上がった。

大和ミュージアム 戦艦大和・武蔵の進水式展に行きました

大和ミュージアム 戦艦大和・武蔵の進水式展に行きました。
大和と武蔵の進水式資料が中心ではあったけど、軍艦の進水式 絵はがき展示が部屋の大部分を占めてました。有名どころの軍艦はほぼ網羅してある充実ぶり。


shinsui_ise01
伊勢の絵はがき。イカリの上に乗っているのは八咫烏かもしれない。

shinsui_01kaga
加賀は戦艦として進水したようです。最終的には空母になる。


shinsui_husou01.jpg
絵はがきだけでなく記念品を配ったり。


shinsui_huso_model.jpg
戦艦 扶桑の1/100精密模型。でかい。

もともと大和ミュージアムには軍艦の精密模型が何点もあるのですが、進水式展に展示してあるものはタムタム(模型屋)からの借り物のようでした。
これ以外にも 長門、赤城、伊勢、瑞鶴などの精密模型が展示されていました。


shinsui_husou02
扶桑の艦橋後ろ。本当に細かいところまで作り込まれています。


shinsui_ryujou01
龍驤の絵はがき、飛行機が何となく式神っぽい?


shinsui_taigei01
大鯨は名前の通り、クジラをモチーフに。
大鯨だけでなく、多くの絵はがきが艦の名前に依ったデザインになっていました。


shinsui_yukikaze02
雪風。雪の結晶がきらびやか。


shinsui_inazuma01
電(いなづま)の絵はがきは、稲妻のデザインを大胆にあしらったもの。


shinsui_amatsukaze01
絵はがきの原画。鮮やかな色使い。


shinsui_DD01
こんな感じで絵はがきや記念品がずらっと展示されてます。

これらの写真は全体のほんの一部です。
戦艦に空母、巡洋艦に駆逐艦、そして客船。さらに現代の自衛艦のものまで展示してあります。


shinsui_souryu01
蒼龍は文字通り龍をあしらっています。
進水式もこなれて来ると趣向が凝らされたようです。全面戦争に入る前の平和な進水式。


shinsui_suzuya01
鈴谷の進水記念品は文鎮。
艦の建造は製鉄とも関連があるので、金属を用いた記念品もありました。


shinsui_aoba01
青葉の進水式に使われた斧。
最初の頃は槌(ハンマー)だったけど、日本では斧に変わっていったのだとか。


shinsui_i73
潜水艦は絵はがきをあまり作らなかったそうです。


shinsui_hatsuyuki01.jpg
初雪の絵はがきは進水方式の説明付き。
他にも、先代艦(日本海軍は昔から艦名を使い回している)との違いを説明したものもありました。


shinsui_mogami01
最上ゆかりの品々。進水式の斧に記念品の杯。
右下の絵はがきには芭蕉の句が。「さみだれを あつめてはやし 最上川」


shinsui_standing01
おまけ:これは進水式展ではなく、常設展示の一部を撮ったもの。
大和ミュージアムというと例の1:10大和ばかりが取りあげられますが、常設展示も充実しています。


総展示数800点、思った以上にボリュームのある展示でとても良かったです。絵はがきを丁寧に見ていくと幾ら時間があっても足りない感じ。
プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。