スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不良グループ

ケンカが強い不良達が、何とはなしに群れて、グループを作っていた。
かっちりしたチームというわけでもないが、徒党を組んで街を歩き、不逞の輩がいればケンカを売って殴る蹴るで負け知らず。
肩で風を切って歩き、彼らを慕うもの、賛辞を贈るものも現れた。

そしてここに、ケンカが強いわけでもない小さな男が一人。
不良グループに憧れ、彼らの後を見よう見まねでついていく。見た目だけでも箔をつけるためにサングラスを付けてみたり。
しかしケンカというのは実力が伴わないとどうしようもない。ケンカを売るにしても殴り合いはせず、弱いと分かっている一般人にせいぜい罵声を浴びせる程度。不良グループのようにもてはやされることもない。

いつものように不良グループが集まって雑談をしていると、そのうちの一人の女が、自分たちのことを語り始めた。
あの先輩は静かにしてるけど昔は何人も半殺しにしたとか、あいつは田舎者を見ると殴り掛かる癖があってとか。
からかった口調ではあるがつまるところは彼らの武勇伝であり、他の連中も笑いながらその話に乗っている。
女の視界にサングラスをかけた小さい男が映った。カッコだけの金魚のフン。実力は無いくせにグループにしつこく入ってこようとしてる奴。
次は彼をからかおうと女は思った。彼の実力に合わせた形で。

「ところでさ、私サングラス付けてる奴って嫌いなのよ。目を隠すのは自分に自信がないからでしょ」
そんな振りで、名指しするわけでもなく、女は話を続ける。
「気ィ引こうと思っていろいろやってる奴いるじゃん? そういうのに限って誰も見てくれないよね。クールな振りしてるけどホントは俺にもっと注目してくれよ!とか思ってんでしょ、バレバレだから」
「人の気を引く簡単な方法みたいなのって無いから。私も昔いろいろやってみたけどやっぱダメだったしw」
「どうすればいいって? 簡単だよ私とおなじことすればいいじゃん。実力ない奴にはマネできないだろうけどさw」
小さい男は黙ったまま。

女は続ける。
「弱くて実力ないんだったら刃物持つしかないよねー。そうすりゃザコでもイキがれるじゃん。さっさと刃物持てって話だよ」
スポンサーサイト

自分が狂っていないか確かめるには

悲惨な犯罪、ひどい事件が報道されるたびに考える。
自分が狂っていないか確かめる方法はあるのか?と。

本当に狂っている人間というのは、狂っていることを自覚できない。
アウシュビッツの看守ではないが、自分が何気なくやっている行動や思考が実はおかしい場合、他人から指摘されても自覚できる可能性はそれほど高くないように思う。
胸に手を当てて考えてみれば、思い当たることがいくつもある。
キチガイじゃねーかとかボケ老人じゃねーかと切って捨てられるうちは幸せだ。あれは将来の自分の姿じゃないのか、と。

社会的なつながりを欠くと、客観性、言い換えると他者の視点が失われていって狂気が増大するのだろう。
だからニュースを見たり、他人と話をしたり、そういうわずかな事柄を絶やさないようにするしかない。

Delicious Library 3 と Delicious Scanner で蔵書目録を作った

最近自分が持ってる本が覚えられなくなってきて、本屋に行っても「このマンガ、何巻まで買ってたっけ?」となることが多くなった。
というわけで蔵書目録を作ることにした。蔵書といってもまーマンガだらけなんですけど。

本の情報をいちいち手入力してると速攻で挫折しそうなので、バーコード読み取りだけでいけるソフトを探す。
結果、Delicious Library 3(有料)とDelicious Scanner(無料)という組み合わせになった。Macで蔵書管理といえばDelicious Libraryというぐらい有名なソフトである。

準備はこんな感じ。
1. MacにDelicious Library 3(有料)をインストールする
2. iOS機器にDelicious Scanner(無料)をインストールする
3. MacとiOS機器をUSB接続して、iTunesを起動してiOS機器をWi-Fi同期する設定にする
4. Mac側のファイアウォール設定で、Delicious Library 3の通信を許可するようにする
5. Delicious Library 3でiOS同期開始ボタンをクリックし、モニタに表示されるバーコードをDelicious Scannerで読み取る

※ 3. のWi-Fi同期については、MacとiOSを同じ無線LAN親機に無線接続する必要がある。

準備ができたらスキャン開始。
Delicious Scanner(iOS)で本のバーコードを読み取る → Wi-Fi共有でDelicious Library 3にスキャン情報が送られる
という流れで、本の情報を片っ端からDelicious Library 3に送ることができる。
読み取ったバーコード情報を日本Amazonで検索しているので、本や雑誌だけでなくゲームやCDなども記録できるし、バーコードがない本でもAmazonで検索してヒットしたものを蔵書目録に加えることができる。手入力をする必要がほとんどないのがとても良い。

DelLib

こんな感じで、何巻まで買っているのかすぐにわかるようになる。


問題点としては、表記の振れが激しく手直し作業がそこそこ発生すること。
著者の性と名の間にスペースが有ったり無かったり、タイトルの綴りが間違ってたり、続刊のある本の数字表示フォーマットがマジでバラバラだったりとなかなかにヒドい。
あと、Delicious Library 3の日本語入力がいまいち怪しいというのもある。表示が乱れたり日本語入力を受け付けなくなったり。再表示でだいたい直るので深く気にするほどではない。
プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。