スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

格安SIMでiPhoneデビューしてみたが

世はスマホ全盛時代、ガラケーにパケホーダイで高い料金を支払うのがバカバカしくなってきて、出先でGoogleマップ見たいというのもあって格安SIM+iPhoneに変えてみました。

まず電気屋に行ってSIMフリーなスマホをいろいろ触ってみる…が、どれもこれも本体が大きい。
大画面の方がそりゃ見やすいだろうけどシャツのポケットに入る大きさじゃない。腰にホルダー付けて収納してたりすると何かの拍子にぶつけたり落としたりするのでそれはやりたくない。皆さんどうやって持ち歩いてんの?
というわけで、かなり高価だけど一番サイズの小さいiPhone5sにすることにした。Mac持ってるので連携も楽だろうという読みもあり。

iPhone5sはAppleサイトから購入してすぐに配送されたんだけど、格安SIMへの切り替えはかなり面倒だった。
IIJみおふぉんにしようと思ってナンバーポータビリティ手続きをやったが、これがもうね…

・携帯端末から申し込むのに本体パスワードが必要だがそれを思い出せないw
 ショップに出向いてパスワード再設定してもらう

・携帯を買った時の指定パスワードが必要。もちろん思い出せないw
 書類棚を引っ掻き回して当時の購入文書をやっと発見

・携帯会社から発行されたMNPカタカナ氏名で、なぜか小さい平仮名が大きい平仮名になっていて、事前登録しておいたIIJのユーザー名(読み)と一致しないとされてエラーに。
IIJ側の基本登録情報を変更しようとするも、何度やっても変更が反映されない。
IIJサポートとのやりとりもしたが返答が的外れで話にならなかったので、「みおふぉんの申し込み途中に出る修正フォームからであれば変更が効く」という道を見つけて対処した。
 
そんな感じで思い立ってから2週間、やっとiPhone5sを使えるようになったんだけどいろいろカルチャーギャップがある。
まず、iPhone5s+iOS9が驚くほど不安定。ガラケーの岩のような安定性に比べるとこっちはベニヤ板レベル。
アプリがクラッシュしたり起動しなくなったら本体がフリーズする前触れなので本体の電源を入れなおさないといけない。
ロック解除したとたんフリーズ、文字入力でフリーズ、TouchIDが無反応になってフリーズ、ロック状態から無反応フリーズ。アプリも頻繁に無反応になる。
ガラケーに慣れた身からすると不良品かと思うぐらいフリーズするので、Mac OS 9時代のような繊細な扱いが必要だ。

電池もびっくりするぐらい減りが早い。待ち受け状態なのに4時間で30%ぐらい減る。
これはおかしいと思ってアプリの自動ダウンロードを制限したりGPSの使用を制限したりといろいろやってみたけど改善されない。
実はフィットネス・トラッキングが最大の原因だったのに気づくのは使い始めて2週間後。これを切ってやっと減らなくなった。
でもGPSを常時使うようなアプリは3時間で60%ぐらい電池を消耗するのでGPSトラッカーの代わりにするのは難しいようだ。

格安SIMの低速通信については、
SNS:問題なし
メール:画像付きだと重い
マップ:都会だと非常に重い、田舎だとそこそこ軽い
Web:非常に重い。画像がとにかく重い
Twitter:文字のみ閲覧は軽快だけど画像・動画は重い
という感じ。Twitterに動画非表示オプションが欲しいところ。
いつでも高速と低速を切り替えられるのでせせこましく切り替えて節約を心がける。

ケースは手帳タイプでなく上下開閉タイプにして、ガラケーと同じクリップ付きにした。クリップで服と繋いでおけば落とさなくて済む。

アドレス帳は以前に買ったリュウドの携帯sync for Mac6でガラケーから吸い出し、Macの連絡先.appに転送、それをiCloud経由でiPhone5sに同期という手順。携帯sync for Macが手持ちのガラケーに対応しててくれてて助かった。

iPhone専用メールは新たにiCloudアカウントを作ってメールアドレスを取得してそれをメール.appに設定。iCloudならメールがプッシュ送信されるのでガラケーと同じ使い方ができる。
AppleIDが購入用、データ同期用iCloudプライマリアカウント、iPhoneメール+連絡先専用と、3つになってしまった。

…なんか文句ばっかりになったけど、出先でマップが見られるし飲食店検索も早いしYahoo路線検索なんかWebより使いやすいし便利さはガラケーと比較にならない。Yahooの地図・路線・天気appがどれも使いやすくてさすがだなーと思ったり。
スポンサーサイト

Wine.app:MacでSteamクライアントを起動する

今回、Wine.app で Steamクライアントを起動してみたのでやり方を書いておきます。
参考にしたサイト:Wine 上の Steam で日本語が表示されない場合の対処方法 - 😃 mattintosh note 📝

0. Wine.app のインストール

Wine.app:Mac で クロエのレクイエム をプレイする
にて説明しているステップのうち、「4. 日本語フォントのインストール」までを進めておきます。
ただし、使用する Winebottler は 1.6.1 Stable にしてください。




1. WineTricks で corefonts をインストールする

Wine.app のメニューから Winetricks を開き、corefonts にチェックを入れて Apply をクリックします。
wine_corefonts




2. ライブラリ dwrite を無効化する

Wine.app のメニューから Configuration を開き、ライブラリタブを選択します。
選択したら、ライブラリの新規オーバーライドの欄に「dwrite」と入力し、「追加」をクリックします。
wine_dwrite01

すると、既存のオーバーライドの項目に dwrite が追加されるので、それを選択し「編集」をクリックします。
ダイアログが開くので、「無効化」を選択します。
wine_dwrite02
wine_dwrite03




3. Adobe Flash Player のインストール
Adobe Flash Player ダウンロード
から、Windows XP, ActiveX 版のAdobe Flash Player をダウンロードして、インストールします。
wine_flashplayer01.png
wine_flashplayer02.png




4. Steam クライアントのインストール

Steam について
から、Windows版のSteamインストーラをダウンロードします。
「いますぐSteamをインストール」ボタンのすぐ下にある、"Windows" をクリックするとインストーラをダウンロードできます。
あとは、インストーラ SteamSetup.exe を開いて、Steam クライアントをインストールします。

wine_steam01.png

インストールが終了したら、Prefix/drive_c/Program Files/Steam/Steam.exe を開いて、Steam クライアントを起動します。

注意:
Steamはゲーム販売クライアントなので、クライアントの中で
・ユーザー登録してゲームを購入
・購入したゲームを起動
するようになります。
したがって、Steam クライアントが無事に起動しても、購入したゲームが起動するとは限りません。
高スペックを要求するゲームほど動作する可能性が低いと考えてください。
損する覚悟で購入するか、体験版で試してみるか、ダメ元でやってみるしかありません。
Valveのsourceエンジンタイトル(HalfLife2、Left4Dead、Portal1,2 など)はなんとか動くようです。

下の画像は、SteamクライアントからCrimzonCloverを起動してプレイしている様子です。

wine_crimsonclover
プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。