スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iTunes:本体ファイルが見つからないトラックをAppleScriptで削除する

hetimaの日記 - iTunes のライブラリからファイルが存在しない曲を効率良く取り除く方法より。
Apple:iTunes用AppleScriptの中に「remove missing tracks」なるスクリプトがあるけど仕様が古く、iTunes7だと正しく動作しないのがなんともAppleらしい。

これをスクリプトエディタで開くと「Internet Explorerはどこですか?」などと聞かれるので、取りあえずSafariを指定してやる。
無事にスクリプトが開けたら、

1. 真ん中当たりにある行「tell source "Library"」を削除する。

2. そのすぐ下にある行「tell playlist "Library"」を「tell library playlist "ライブラリ"」に変更する。

3. その9行下にある行「end tell」を削除する。(end tellが2行並んでいるので、うち一つを削除する)

4. 下の方にある行「tell application "Internet Explorer"」を「tell application "Safari"」に変更する。

コンパイルしてみてエラーが出ないのを確認したら実行する。
iTunesが起動してダイアログが出るので、「Remove Tracks」をクリックすれば自動削除が開始されるはず。(結構時間がかかる)
あとは「別名で保存…」でアプリケーション形式(実行専用にしないこと)で保存しておけばOK。

Windowsの場合は、「RemoveDeadTracks.js」で検索すると色々出てくる。Windows Scripting Hostというやつらしい。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。