スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZUNTATAによるゲームサウンド発達史入門

4Gamer.net ― [CEDEC 2007]タイトーサウンドチーム「ZUNTATA」によるゲームサウンド発達史入門より。

ADPCM+FM音源であるYM2610のデビュー作が三味線で有名なニンジャウォーリアーズ。
バビーこと石川勝久氏の初仕事がメタルブラックの効果音で、その翌年にESシリーズが登場する。
アラビアンマジックでES音源を初めて聞いたときはその高音質に驚いたものだった。レイフォース、ダライアス外伝など名曲が目白押し。(ZUNTATAはこの音源をオーティスというニックネームで呼んでいた)
PS互換基板のFXシステムになると音像が一段とクリアになった。40インチモニタでGダライアスやレイクライシスをプレイして音楽の素晴らしさに酔った、かつての日々…

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。