スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20世紀アーケードゲーム筐体の歴史&進化の考察、を読んだ

れとろげーむまにあ: 20世紀アーケードゲーム筐体の歴史&進化の考察

・コンシューマーと互換性があるマザーボード
5つほど挙っているけど、他にもこんなのが。
セガマークIII互換基板…ファンタジーゾーンII
メガドライブ互換?…廉価版テトリスがメガドライブ互換だったような?記憶違いか。
PS互換(ナムコ)…鉄拳やダンシングアイ
PS互換(タイトー)…FX-1。レイストーム、レイクライシス
PS互換(コナミ)…セクシーパロディウスあたりから、コナミはひっそりと自社基板をPS互換に切り替えていた。最近の音ゲーはPS2互換じゃなかったっけ。
ゲームキューブ互換(ナムコ・セガ)…トライフォース。F-ZEROやマリオカート
Xbox互換(セガ)…chihiro。アウトラン2やゴーストスカッド

・特殊コントローラについて
テーブル筐体に付けられるやつ、という縛りでいくと
ループレバー(怒)
トラックボール(SDI、ワールドカップ)
ローリングスイッチ(ロストワールド)
ツインレバー(リブルラブル)
バット型のスイッチ?(野球ゲームやゴルフゲーム)
感圧スイッチ(ベラボーマン、ストリートファイター)
クイズ専用4ボタン
麻雀専用
チャンネルスイッチ
電車運転席型
…汎用性のなさ、メンテ、取っ付きの悪さetcにより、特殊コントローラは絶滅したも同然といえる。タッチパネルが最近の流行。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。