スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NiGHTS ~星降る夜の物語~ 結論:凡作。

NiGHTS ~星降る夜の物語~を一通りプレイした。結論から言うと凡作。

・アクションシーン
オリジナルのNiGHTSには至らない点も多い。
1. 進行方向が見えにくい
2. アイテムに対してナイツの判定が小さい
3. 上記1.2の理由により、シビアな操作を要求される
これらの欠点が緩和されていないのがキツい。新たに加わったチャレンジステージが同じ欠点を引き継いでいるため、非常にストレスが溜まる。
ステージのギミックも特に目新しいものはない。もっと爽快感をインフレさせるような仕掛けを増やした方が良かったと思う。
アクロバットとボス戦でのダッシュゲージ回復だけは前作から改良されている。

・ストーリー、デモ
ステージ毎にデモが入るのだが、台詞・カメラワーク・コンテ、全てが水準以下。
即スキップしたいところだが一回目は飛ばせない。半端なくストレスが溜まる。
一番ダメなのが、心境や状況をことごとく台詞で説明すること。演出を作る能力がないことを晒しているようなもの。
あと最終ステージで(ネタバレになるのではっきり書かないが)ギューンと登ってくるところと、BGM冒頭の笛の音が合っていない。
オリジナルのNiGHTSではここがピタリと合っていて、BGMのメイン開始と同時に操作スタートになる。今作の、演出におけるダメっぷりが際立つ部分である。

・インターフェイス
ステージセレクトの方法は前作の方が良かった。いちいち読み込み、いちいち扉の前まで歩く、いちいち扉を開く…スーパーマリオギャラクシーもそうだったけど、ゲーム開始までの時間を短縮するという発想はないのだろうか。

・グラフィック・音楽
グラフィックは素晴らしい。特に冒頭とエンドのムービーは非常に美しく、圧縮ノイズや階調劣化が殆ど見られない。
音楽は水準以上だけど前作を超えてはいないか…

…というわけで凡作でした。
2月に出るリメイクを待とう…

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。