スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WindowsにおけるSafariの配布に伴う、いつもの管巻き

スラッシュドット・ジャパン | Apple Software Updateはソフトを新規インストールしようとする?

Mozilla CEOの主張についての議論が欠片もないところがさすがというか。
Safariの概略説明が英語だったので、日本人はあまりインストールしてないと思うけど。

1.
Apple Software UpdateはMac OS Xのものとインターフェイスがほぼ同じ。(項目を無効にするやり方も同じ)
Mac OS X上で使う場合は、システムにとって必要なアップデートばかりが表示されるから何の問題もない。
それをWindowsにそのまま持っていってるのが問題の源だ。
あと、Apple Software Updateはアンインストールしない方が良い。QuickTimeのセキュリティアップデート配布が最速で行われるから。

2.
QuickTimeが拡張子の関連付けを勝手に変更するとのたまう人は、恐らくインストール時に目をつむっていると思われる。目を開けてダイアログを見るようにすると回避できる。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。