スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「薄い」古着

古着屋を営む友達が、以前こんなことを話していた。
アメリカの古着というのは「濃い」。リーバイスなどのジーンズ類、ビッグマックやJCペニーなんかのシャツやパンツも、基本は「濃い」ので若者にはイマイチ受けが良くない。
そこで、大手のショップは、そういう古着丸出しのモノではなく、「薄い」モノを前面に出している。古着というステータスを維持しつつ、中身は「薄く」して若者にウケるモノを売り捌いていく。
彼らは実に商売がウマい、と友達はこぼしていた。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。