スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グロテスクな行為 分析という名の嘲笑

あたしオートマトン - 理系男子の書斎には、どうしても小説が少ない。っていうか無い。 - ファック文芸部
「あたし状態遷移図」、あるいは「あたし約5.2MB」 - 理系男子の書斎には、どうしても小説が少ない。っていうか無い。 - ファック文芸部

このようなグロテスクな試みを見たのは久しぶりだ。
邪な人形作り、いや、人造人間作りとでもいうべきだろうか。罪人の身体を観察して吟味して切り刻んで人形をつくるかのような。
罪人の醜悪さを受け継いだ人形の存在、さらには、創造行為をパッチワークで疑似再現するという行為そのものが、オリジナルの罪人を嘲笑していることになる。
気に入らない何かを合法的に嘲笑するために、手間暇かけて入念に正確に偏執的に、解体・分析・模写を行う。グロテスクという形容がぴったりくる。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。