スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェルスクリプトを.app形式にする方法(Automator)

シェルスクリプトを .app 化して「システム環境設定 -> アカウント -> ログイン項目」に入れて OS 起動時に自動実行する を読んで。

この方法だとかっこいいアプリケーションができるけど、.appパッケージの構造を知らないと作るのが難しい。
取りあえずアプリにしたいという場合はAutomatorを使うと良い。例として、Firefoxのプロファイルマネージャを開くアプリを作ってみよう。

1.
Automatorを起動し、ワークフローを新規作成する。「カスタム」でOK。

Automator_dialog



2.
「ユーティリティ」にある「シェルスクリプトを実行」アイコンを右の欄にドロップする。

Automator_drag



3.
Firefoxのプロファイルマネージャを開くためのスクリプトを入力する。
ここでは、シェルスクリプトとかの CUI アプリケーションを Mac OS X 方式の .app にする方法で紹介されているスクリプトをそのまま流用している。
シェルの選択はいちおう /bin/sh にしておく。

Automator_sh.png



4.
好きな名前を付けて、アプリケーション形式で保存する。

Automator_save.jpg



5.
これで完了。

Automator_app.jpg



おまけ
実行結果はテキスト形式で出力されるので、「テキスト」の「新規テキストファイル」に繋ぐと、実行結果をテキストに書き出したりできる。

Automator_output.png

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。