スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作家は、現実世界にコミットする必要があるのか?

村上春樹がイスラエルでやったスピーチについて、まあ一部が騒がしいこと。
その辺見てて思ったんだけど、作家ってのは現実世界にコミットする必要あるの?
「村上春樹はイスラエルに行くべきではない」
「村上春樹はイスラエルの非道について批判を述べなければならない」
「村上春樹はイスラエルを批判した実に素晴らしい」
「村上春樹は思想状況的に詰んでいた」

いやいや、一作家に期待する内容としてはおかしくない?
それとも、村上春樹はそういう反戦あるいは社会改革を志向するような小説を書いてるんだっけ?
作品に何かを仮託するのは読み手の自由だが、それを作家個人にまで押し付けるのは筋が悪いと思う。

# スピーチの要約を読む限り、村上春樹はイスラエルを批判してはいないし、そもそも何かを"批判"すらしていない。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。