スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「電話でのやり取りを公開」という印象操作テクニック

瀬戸大橋光ケーブル切断でも悪いのは、低リテラシ者を犠牲にネタを作る狂言通報者だった。

まず、当事者でもない人間が電凸する正当な理由がない。あと、電凸されるのは相手先にとって業務上とっても迷惑。
下手な返答ができないし、電凸者は「組織は役割分担されており、組織のある振る舞いについて電話相手が正しく把握している可能性は低い」という社会リテラシが欠けている場合が多く、押し問答になりがち。
電話での会話をそのまま文字として掲載するのは、組織がバカでマヌケで何も考えていないという印象を与えるのに有効なやり方だ。
電話口でカッチリした返答を返すというのは、よほど質問内容に対して精通していないと無理だから、"まともな回答が返ってこないことが期待できる"。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。