スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉:問題は、我々の思考形態が、無限の世界という仮定の上に成り立っていることである。

音楽を盗むこと: それは悪か善か?
この記事を読んで、思い出すのはアシモフの言葉。
「問題は、われわれの社会、われわれの文化、われわれのあらゆる思考形態が、無限の世界という仮定のうえに成り立っていることである」

そこに森があるからといって木々を刈り取るだけだと、砂漠化という未来が待っている。
同様に、音楽や映像やマンガやゲームも、無限に供給されるものではない。
TV局の電波は永遠に発信されるの?
インターネットのコンテンツは永遠に供給されるの?
コンテンツの質や量は、これからも高まり続けるの?
何を根拠にそう考えるの?

techcrunchの記事のような寝言を吠える人間は、コンテンツの有限性が理解できていない。
付け加えると、「あらゆる人間がコンテンツを盗んだらどうなるか」という想像ができていない。
想像どころか、中国や韓国あたりでこの結論はすでに出ているのに。

コンテンツに対して対価を払うことだけが、消費することしかできない私ができる、唯一の文化維持活動なのだ。
 それが商品ならば、代金を支払う。
 それがフリー公開なら、感謝の言葉を作者に伝える。
 リンクを設けて、作者に対価が届くチャンスをわずかでも拡大する。
ささやかではあるが、無力というわけでもないだろう。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。