スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼロ = 空虚、ではありません

0527雨 千夜一夜物語の如く尽きないおしゃべりな夜の夜の夜 - nagonaguの日記 より。

朝日新聞が科学関連の読み物で、うっかり「数字に魔力がある」とか書いたらしい。
それを揶揄する目的で、ゼロにまつわる非科学的なネタ話を書いた、という内容だった。

この記事には二重の仕掛けが施してある。
一つは、現実世界での数の符丁に特別な意味を見いだそうというもので、これは朝日新聞をわざとマネしている。
そしてもう一つは、多くの人が「ゼロ = 空虚」だと勘違いしているのを逆手に取っていること。
ただ、後者の仕掛けはかなり判りにくい。
「空」の概念を理解するのは至難の業で、仏教研究者をして「理解できない」と言わしめる代物だ。
もちろん私が「空」を理解できるはずもないのだけど、記事の仕掛けの解説ぐらいはできそうなので、ここでは「空」が空虚ではないことを説明してみよう。

インド数学のゼロは、非存在を表しているわけではない。
なので、「空」つまりゼロ = 虚無や空虚、というのは誤りであるといえる。
山折哲雄「仏教とは何か」に,ゼロに関するわかりやすい説明があるので引用してみよう。

このことを考えるうえでは、幾何学的図形におけるタテ軸とヨコ軸の座標が参考になるにちがいない。
このXとYの座標軸には、一系列の数字記号が展開しているが、その二つの軸の凝集点にゼロ記号が植えこまれている。
それはX軸とY軸に沿って展開する記号群を、その根源のところで支えている決定的な点である。
ゼロ記号としてのこの始点が存在しなければ、そもそもX軸もY軸も成立しえなくなるような決定的な原点なのである。


「空」の概念は言語道断(言葉で言い表せない)とされているが、あえて説明するとすれば「個々の事象や価値を生み出している、その源」であり、イデアやタオやア・プリオリのような真理概念だと捉えると少しは理解できた気になれる…かも。
色即是空、空即是色という言葉を乱暴に言い換えると
・色即是空 = 個々の事象や価値の正体は、「空」という真理あるいは原型である
・空即是色 = 「空」という真理あるいは原型より、個々の事象や価値が生まれ出る
という感じだろうか。
つまり、「空」とは様々な事象や価値の出発点であり、虚無や空虚という意味ではないということになる。

#
したがって、仏教の無常観とは、
「すべてのものは虚ろに帰する」というネガティブなものではなく、
「すべての変転する事象は『空』という不変の真理から発生するので、『空』を捉えることが重要」というポジティブな解釈をするべきではなかろうか。
#

以上のような事柄を踏まえると、天皇に関わる話がかなり捻ってあるのが分かる。
「天皇はゼロか?」 と問われると、大抵の人は「天皇は虚無だろうか?」という問いだと考えるだろう。
しかし、ゼロの本来の意味を考えると、これは「天皇は日本の原点だろうか?」という問いに化けるのだ。

記事の最後にあるAbsolute Zeroが、一応の種明かしにはなっている。
Absolute Zero = 絶対零度と訳されるが、ここでのZeroはもちろん虚無や空虚という意味ではない。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。