スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神は実在しません

たまに「神なんているわけないじゃん!」とかいうのを見かけるけど、これは全くもって正しい。神は実在しない。
一神教の話をすると。
少し前にゼロの話をしたけど、これと同じことで、「個々の事象や価値を生み出している、その源」が真理であり神であるという認識をすれば、「存在しているが実在しない」となる。むしろ、実在の出発点というべきもの。
聖書の中で神は「我は、ありてあるもの」となにやら不可解なことをいうのだが、これは真理概念の一種だと捉えるのが妥当な気がする。一神教では神=真理だから。

※ だから、日本人と西洋人とでは、「神はいる」といったときの意味合いが違うんじゃなかろうか。神というものの捉え方の根本が異なってる可能性がある。

ユダヤ教の神はもともと戦争神だったらしいので何やら人間っぽいけど、後発のイスラム教はそのへんの不備?が修正されていて「姿なく形なく色なく部分なく」とされている。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。