スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヱヴァンゲリヲン破を見に行った(ネタバレあり)

序のTV放映を見たとき、アナログ放送画質にがっくりした。画面が暗いこと暗いこと。
「んー破は劇場で見てみるか…HDテレビもblu-rayも購入予定ないし…」というわけで、破を見てきました。

エキサイティングなバトルシーン、日本語フォントを活かしきったディスプレイの格好良さ、生理的嫌悪感を呼ぶデザインや動きなどは、エヴァならではの素晴らしさ。
そして上映時間が108分しかないので、展開がロケットのように速い。
日常のシーンがとにかく駆け足で、「あれ、いつの間にアスカはシンジを気にするようになったの?」みたいな。
せめて120分だったらと思ったが、劇場の回転率を考慮した結果なのだろう。

ストーリーは相変わらず謎だらけだけど、ラストの赤木博士の(説明的な)台詞のおかげで構図が見えた気がする。
インパクト = 神の交代劇 = 現生命体の全滅(+新世界創造?) らしいので、各勢力(ゲンドウ、ゼーレ、カヲル君etc)がそれぞれの神(=新世界)の実現を狙って渡り合うのだろうか。

TV版のエヴァは、「最初はまっとうだったのに、心の問題がデカくなりすぎて物語自体が歪んだ」という印象がある。
せっかくのリメイクなんだから、前回とはまったく方向性の異なる、ココロ方面に偏りすぎない結末を期待したいところ。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。