スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テイルスオブヴェスペリアの問題について

PS3テイルズ オブ ヴェスペリアのアレについて|月光はBLOOD EYE を読んで。

個人的には「Xbox360版は、冗談抜きで習作だったのではないか?」というのが問題の根源だと思うんだけど。
検証記事を読むと、いくつかの要素がごっそり削られている痕跡があるわけで。
追加要素は別に裏切りではないが、
「未完成なのはわかっていたが、期日優先だったのでそのまま発売しました」
「本命はPS3版なので、そっちは完璧な仕上がりです」
だったとしたら、Xbox360のユーザー(あるいは、PS3のユーザーも)を舐めていると言われても仕方ない。

Xbox360側には「有名タイトルを他ハードに先駆けて出しますよ! 満足でしょ?」
PS3側には「徹底改善された完全版ですよ! 満足でしょ?」
という、態度の使い分け自体がそもそもマズい。
昔、コナミやカプコンが有名タイトル(パロディウス、ストII)で同じようなことをしたのが思い出される。
カプコンみたいに同時発売すれば起きない問題だけど、海外での売り上げが読めないタイトルは金をかけられないという現実が足を引っ張る。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。