スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SCEと任天堂の「いつか来た道」:ゲーム年寄りの認識

FIFTH EDITION: SCEと任天堂の「いつか来た道」より。
ファミコン登場時からゲームやってた身からすると、まずPS2登場以前の部分がやや荒いのが気になる。
1.
単純に、ファミコンは当時のライバル機種と比べて性能が高かった。スプライトを複数の色で表現できる、1ラインずつのスクロールが可能、など。
セガとは争いにすらならなかった。(最初からファミコンの圧勝)あと、SG-1000IIはファミコンとほぼ同じ形状のコントローラが付属していた。

2.
PC-EngineがCD-ROMを標準搭載していたかのような書き方になっているが、CD-ROM2(ロムロムと読む)は別売りかつかなりの高額商品で、本体からかなり遅れて発売された。

3.
PS、セガサターン、Nintendo 64を巡る部分で、当時のハード戦争の流れを決定づけたスクウェアPS移籍の話が出てこない。下の方にあるDSドラクエの部分では出ているのに、なぜ?

4.
SCEはPSの発売当初から価格統制、中古販売禁止、登録小売店以外への販売制限を行っていた。これは音楽CDの流通から来た発想で、これも「流通改革」の一端だった。

当時のWired日本版の記事では、SCEの偉い人が、「発売前のPSをゲームメーカーさんに紹介しても、話をちゃんと聞いてくれるところは少なかった。でも、セガがバーチャファイターを発表してからは一転して問い合わせが殺到した」と述べていた。3Dグラフィックとムービー再生能力に優れるPSが結果的にスクウェア参入を勝ち取り、32bitハードウェア戦争が終結した。
最終的にゲームハードの命運を決めるのはゲームそのものであり、性能やら開発環境やら販売体制やら流通やら価格やらインターフェイスってのは、ハードの売り上げを左右するポテンシャルを持つゲームを出してもらうための要素群である、というのがゲーム年寄りとなった私の認識だ。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。