スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欧米の空気が読めないから日本発サービスは勝てない?

なぜふぁぼったーは英語圏で負けたのか より。

例えばWebサービスをイチから運営するという話なら、現地ネイティブでないと勝ちにくいという結論でもおかしくはない。
でも、favotterって、twitterの外部かつ単機能サービスだろう?
サイト見ても文字列なんて10行もない。こんな簡素なサイトで言語の壁?
言語の壁とか現地ネイティブとかいう話はただの一般論じゃなかろうか。

favotterは「個人の趣味ページを動的生成」という概念でデザインされてる。
だからページの頭によけいな物が多い。長い説明文、update日付、管理者の名前。
例えば普通のアプリケーションで、長い説明文やupdate日付や作者の名前などが常時表示されてるようなものがあるだろうか? あったらかなりウザい。
ライバルのfavstarを見ればわかるが、単機能サービスなんだから「GUIアプリのようなデザイン」の方がいい。

説明文はもっと短くして(1時間ごとに更新…みたいな細かい事柄はFAQにでも書いときゃいい)、できればタイトルロゴ画像に埋め込んでしまうとか。
タイトルロゴがFavotterなのに、すぐ下にまたfavotterと書いてあるのはスペースの無駄、だとか。
update timeとか管理者名とかはページの最下段に移動するとか。
NEWとかHOTとかのタブは左寄せにして、すぐ下のfav数切り替えをもっと大きく見せるとか。「3 favs」みたいに数字と文字の間を空けるとか。
トップページはJapaneseとEnglishを選択させるだけの画面にして、欧米のユーザーがいきなり日本語ページを開くのを防ぐとか。
IDサーチのボタンを「Jump」じゃなくて「Search」に直すとか。
メインページから目障りなQRコードをなくすとか。
Paypalの寄付ボタンをメインページにデンと置くんじゃなくて、"Help to make favotter even better! → [donate]" みたいなデザインにして、Cyberduckの寄付ページのような説明ページに飛ばすとか。
etc, etc…

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。