スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンガはノンリニア

なぜ漫画は内容と無関係のことが同じ頁に描かれていても平気なのか ~凍結された漫画の時間の話 - ポンコツ山田.com を読んで。

マンガはよそ見が許されてて、小説や映画はそれが許されないのはなぜか。
「どうやってマンガを読んでいるか」を考えてみる。
小説だと、文章が一直線に書き下されているので、読み手はそれをそのまま辿るしかない。
映画だと、時間に合わせて映像や音声が一直線に再生されるので、観客はそれをそのまま観るしかない。
マンガは少し違ってて、枠線でカットを区切ってるので、島をピョンピョン飛び移るような感覚といえばいいだろうか。しかも飛び移るタイミングは読み手の自由ときている。
つまり、小説や映画はリニア(一直線)なのに対して、マンガはノンリニア(非一直線)である、ということ。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。