スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性向け同人で流行るマンガの特徴

とっくの昔に判明していることを書き下してみる。

ユリイカ増刊 「総特集 初音ミク ネットに舞い降りた天使」より。

男性の同性愛を好む腐女子に限らず女性のオタク全般に見られる傾向として、キャラクター個人(もしくはその属性)よりも、キャラクター間の特別な関係性 - カップリングが萌えの対象になりやすい。


これが真理としてまずあって。
だから、関係性が規定あるいは強制される設定 - 部活動とか、マフィアとか、有限会社etc。
ボスと部下、あるいは先輩と後輩といった、信頼と強制と反発がないまぜになった諸関係とか。
個人の好き嫌いよりも優先される、共同体の維持とか。(お前のためにやってんじゃねえ、組織のためだ)
そういう要素がキーになる。

# あくまで「キャラクター間の関係性」が重要であって。
例えばナルトやワンピースなんかは「勢力 vs 勢力」みたいな "力の関係性" がよく出てくるけど、こういう部分は男性にはウケるが女性にはあまりウケていない気がする。

# あと「会話が面白い」のもあるか。銀魂はこの要素も大きい。
女性は男性よりもおしゃべりが好きで、「こいつら100%伝説」とかも面白さのキモは台詞だし。

ママゴト遊びとかに見られるように、「関係性を重視する」ってのは女性の一般的な特徴かもしれない。
トモダチコレクションがバカ売れしたりとか。
男性よりも女性の方が、態度や仕草に対する観察力が高い (「女のカン」の根拠といわれる)ってのも関係あるかも?

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。