スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就職活動ではじめて突きつけられる難問

回覧雑誌の中に、ある大学教授が就職戦線について語る部分があった。

確かに、自分の意見が主張でき、見るからにチームリーダーとして働けそうな人材は、例年同様に楽に職を得た。
一方で、その反対の性格の人材はどこを受けても落ちて、機械系でも残りの7%がなかなか決まらない。

(中略)

機械産業では、チームで製品を作る。マラソンではなく、サッカーと似ている。
チームで働くのだから、全体のバランスを考えて協調し、皆で知識を共有できるような人材を、企業が優先的に採用するのは当たり前である。

受験勉強をやりすぎると、試験問題を見てから頭を使い始めるようになる。
たとえば、M5のボルトだとクビがちぎれそうだと教員が感じ、「ちぎれませんか」と問題を提起したら、初めて彼らは正確に計算して対策を考える。
でも、エンジニアに必要なことは、「ボルトがちぎれる」というリスクの予見能力である。

彼らはそんなこと教わらなかったと言い訳するが、ちょっと機械をいじれば小ネジをねじ切るような類似失敗を経験できる。
原因を考えずに何度もねじ切るのもバカだが、論理的に分析すれば自然とわかることである。

このように、「言われたらやります」と仕事を待っているだけの人材や、「死んでもやり抜きます」と威勢はいいが何をやるのかわからないような非論理的な人材は、企業も御免蒙るになるのだろう。


ところで、弾幕シューティングをプレイするとき、初心者と経験者との一番の差は何だろうか?
反射神経? 攻略パターンの有無? いや、最大の差は「経験者は画面全体を見ている」ということ。
初心者は自機の周りに目をやるのが精一杯なのに対して、経験者は自機・敵・弾道など、自機の行動に影響する諸要素をまんべんなく見ている。
(正確に言うと、これら諸要素をそれぞれ一瞬だけ見ている)
そして現況を把握し、最適な行動を選択する。
ポイントは以下の通り。
・経験者は、視野が広い = 多くの要素に視線を送り、判断材料とする
・経験者は、判断が早い = 経験の蓄積や訓練などによる、判断の高速化
・経験者は、取捨選択が巧い = どれが重要度が高くどれが低いのかという「価値付け」を正確に行う

こういうのはビデオゲームに限った話ではない。車の運転だともっと分かりやすいだろうか。
免許取り立ての頃は、視野が狭く判断も鈍く危機察知能力も低い。
これが距離を重ねてくると、運転操作に慣れてきて、視線をより多くの要素に送れるような余裕が出てくる。
経験を積んでくると、現況に対する判断も速くなる。
駐車車両が作る死角とか右折車両の動きなどに警戒心を発揮できるようになる。

だから、『エンジニアに必要なことは、「ボルトがちぎれる」というリスクの予見能力である』といわれたとして、それは超能力でもなんでもなく、誰でも習得できる類いのものだ。
しかし、それが出来ていない、あるいは出来そうにない学生がいると。
その原因は、「彼らは受け身で、非論理的な人材だから」ということらしい。
最高学府まで進んできた能力ある人材が "非論理的" ?

これは論理性よりもそれ以前、つまり、世界をどう観るのかという "視点" の問題ではないだろうか?
おそらく、
「気づく瞳」「気づかない瞳」 - G.A.W.
と同じ種類の問題だ。

同じものを見ても、初心者と経験者とでは、見えているものが違う。
初心者にとっては「ただの風景」であるものが、経験者にとっては「行動を左右する情報」になる。
論理性の問題じゃない。世界観の問題。
つまり、「世界を分析的に観れる」ようになるには、世界観を変えるしかないのでは?
しかし、私が思うに、世界観を変えるというのは自分一人の力じゃムリだ。
「全体を見なさい」「言われたことをただやるんじゃなくて、考えながらやりなさい」こんなことを言ったり聞いたりするのはいくらでもできる。
でも、それを己のものにする、いわゆる「理解している」とか「悟っている」とかいうレベルにするには、実際にそれを経験するしかない。
車の運転でリスク予見能力を身につけるには? 実際に路上運転をしてみるしかない。
プロジェクトを統括する能力を身につけるには? 実際にプロジェクトを一通りやってみるしかない。
実際に経験しない限り、「経験者が見ている世界」が自分のものにならないし、そういう「世界の見え方」が身に付かない。

就職活動をする段階になってから「一人前のエンジニア足り得る世界観を身につけてきてください」と問われたら?
これはある意味、人生やり直せといわれているようなものじゃないか。
大学までつつがなく進んできた勉強のできる人が、就職活動でいきなり根源的な難問を突きつけられる。場当たり的な対処ではどうにもならない難問を。
それはあまりに残酷な話だ。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。