スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

user agent でSafariを詐称する方法

Apple HTML5 を見るために。

Firefox または Camino
1. URL欄に「about:config」と入力。
2. 新規作成 → 文字列。
 名前は「general.useragent.override」
 文字列は、「Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10_6_2; ja-jp) AppleWebKit/531.22.7 (KHTML, like Gecko) Version/4.0.5 Safari/531.22.7」

Mac版Chrome
1. ターミナルを起動して、例えばChromeがアプリケーションフォルダにあるなら、
「/Applications/Google\ Chrome.app/Contents/MacOS/Google¥ Chrome --user-agent="Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10_6_2; ja-jp) AppleWebKit/531.22.7 (KHTML, like Gecko) Version/4.0.5 Safari/531.22.7"」
注意:¥マークはバックスラッシュに直して。

Windows版Chromeは、スタートボタンにある名前を指定して起動するやつで、Mac版のように --user-agent オプション付ければいいのかな?
Windowsはよくわからん。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。