スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「宗教は権力を基本としており」= 誤訳

最初に断っておくと、ホーキング博士の意図は本人にしか分からないので、以下の文章は只の推測にすぎません。

らばQ:「科学は勝つ」スティーブン・ホーキング博士の宗教について答えた発言が話題にl
で、ホーキング博士の言葉はこう訳されている。

「基本的に宗教と科学の違いは、宗教は権力を基本としており、科学は観察と理由を基本としている」
「科学は勝つ、つじつまが合うから」



さて、原文はこちら。
Stephen Hawking on Religion: 'Science Will Win' - ABC News
当該部分を引用すると、

Hawking said, "There is a fundamental difference between religion, which is based on authority, [and] science, which is based on observation and reason. Science will win because it works."


それを直訳すると、たぶんこうなる。

「宗教は権威を基盤とし、科学は観察と理由を基盤とする。その営みにより、科学は勝利するだろう。」


誤解を防ぐために、橋爪大三郎「宗教社会学入門」から権威についての下りを引用します。

イエスの説教を聞いた人々は、イエスが《権威ある物のように教えたので驚いた》といいます。
これを、イエスが急にいばったのでびっくりした、などと誤解しないように。
権威(authority)とは正しさの基準であることで、本来は神の性質です。
イエスが神(から)の言葉を語ったので、人々は驚いたのです。



以上をまとめると、
「宗教は、(科学的)根拠や検証可能性が無いような "正しいもの"(教義とか神とか)を基盤にしてる」
という、科学者らしい意志が読み取れる。
というわけで authority は「権威」と訳すべきだと考えるけど、どちらにしろ発言の真意はまず伝わらないと思われる。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。