スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iMac early 2008 のトラブル「ファンが常に全開」「突然画面がバグってフリーズ」に対処した

最近苦しめられていた、iMacの二つのトラブルを両方解決できたので、対応方法を書いておきます。

1.「ファンが常に全開」への対応
事の発端は、iMacの天板が熱くなるので穴をあけてやろうと思い、iMacを分解したとき。
スペースが見つからなかったので穴を開けるのは諦めたけど、iMacを組み直して電源を入れるとファンが全開になってしまった。
PRAMクリアもシステム管理コントローラのリセットも効果なし。
Apple Hardware Testでテストすると、「4SNS/1/40000000 TLOP-130.000」というエラーが報告された。オーバーヒートエラーである。
電源投入直後のiMacなんて熱いわけがない、なのにオーバーヒート?

Temperature Monitor で調べてみても温度は高くない…と思ったら、以前よりも温度センサーの数が少ない。

iMac_early2008_TempSensor


これが正常な場合の温度センサー一覧だけど、今回のトラブルではAmbient Airや GPU関係のセンサーが表示されていなかった。

iMac early 2008 は、分解途中で温度センサーのコネクタをいったん外す必要がある。
iMac (Early 2008) = iMac 8,1 の HDD 換装手順 | ishwt::tracking の手順5にて、「LCD から伸びる温度センサーのケーブル(緑色)」と書いてあるものがそれ。
これを付け忘れたと思い分解してみたら…コネクタ自体はちゃんと取り付けていた。
しかしケーブルの被覆が裂けていて、内側の銅線がむき出しになり短絡していた。前に分解掃除をした時、組み立て方をミスってケーブルを挟んでしまっていたのかもしれない。
温度センサーが壊れているあるいは断線していると、オーバーヒートと見なされてファンが強制的に全開になるというわけ。
絶縁テープで銅線むき出しの部分を補修し、ついでにiMac正面右下にある電池を付け外しした。(電池を外す事でPRAMが強制的にクリアされる)
これでファンが全開にならなくなった。


2. 「突然画面がバグってフリーズ」への対応
Mac OS X 10.6.3 以降、画面が真っ青あるいは縞模様に突然変わってフリーズするという現象が起きるようになった。
起きるタイミングがまったく掴めないのが難で、10.5あるいは10.6をクリーンインストールしても起きるというタチの悪さ。
海外のフォーラムをいろいろ見て回ったところ、「OpenGLが継続的に動作しているとフリーズしない」という情報をつかんだ。
つまりOpneGLを使うソフト、例えばiTunesのビジュアライザーなんかを常に表示させ続けていればフリーズしない。
iTunesのビジュアライザーはわりと負荷が高いので、SaverLabを使って Flurry を常に表示させるようにした。これだと負荷が1%程度しか掛からない。
隠すとNGなので、SaverLabのPreview部分を画面の隅に表示させている。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。