スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉:「デザインとは、"どう機能するか" だ」

The Guts of a New Machine - NYTimes.com に載っている、スティーブ・ジョブズの言葉から。

''Most people make the mistake of thinking design is what it looks like,'' says Steve Jobs, Apple's C.E.O. ''People think it's this veneer -- that the designers are handed this box and told, 'Make it look good!' That's not what we think design is. It's not just what it looks like and feels like. Design is how it works.''


「デザインとは "どう見えるか" だと思われているが、それは間違いだ」AppleのCEO、スティーブ・ジョブズは言う。
「人は、デザインを化粧箱だと思っている。デザイナーが箱を手に取り "これの見た目を良くしよう!" と言うものだと。私たちはそうは思っていない。
それは単に"どう見えるか" "どう感じるか" ではない。デザインとは "どう機能するか" だ」


何となく掴みかけてはいるけどハッキリとしない、霞がかった思考を一気にクリアにしてくれる言葉に出会う事がある。
「デザインとは "どう機能するか" だ」は、まさにそういう言葉。



ひとつの例として。
雑誌や書籍に適用されている組版は、文章や図版をスムーズに読める・見られるようにするためのノウハウ集合体であり、まさしく機能である…というのは、組版作業の経験者なら何となく理解していると思う。
ただ、これの理解のされなさというのも大きくて、それは
pukiwiki、はてなトップページの妙な恐怖感
に対する反応なんかが典型例だろうか。
感覚的・抽象的表現でデザインのマズさを表現するのはよくある事なので、「怖い」というのは文字恐怖症とかそういう話ではなく単にデザインが悪いだけということ。
適切なデザインワーク -- たとえば書籍なら組版、アプリケーションならガイドラインに従ったUI -- を経ることの重要さは、「デザインとは、どう機能するかだ」という真理を思い出すと理解しやすいと思う。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。