スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mac OS X 10.7 Lion 入れたよー

Macが修理から戻ってきた。ファンの不調に加えてスーパードライブも直してもらった。静かなドライブは素敵だ。
んで Lion 入れてみたので、テキトーに書いてみる。

・日本語での読み上げ
ついにMacでも日本語の読み上げができるようになった。ゆっくりボイス的なこともできる!
システム環境設定 - スピーチ でシステムの声を Kyoko にする。
「カスタマイズ…」から Kyoko を選ぶとネットワークインストールされるので、インストールが終わったら Kyoko に設定すればいい。
デフォルトでは、テキストを選択して option + esc で読み上げ開始/終了する。これは Cocoa のテキストコントロールを使っているアプリだけかもしれない。

・ipv6のランダムアドレス
ifconfigで見る限り、デフォルトでランダムアドレスが on になったっぽい?
ターミナルで sysctl net.inet6.ip6.use_tempaddr と入力して、結果が 1 ならランダムアドレスが効いている。


・ホームのライブラリに移動する方法
参照元:Show User Library Directory in Mac OS X 10.7 Lion
方法その1.
ターミナルでコマンド入力:chflags nohidden ~/Library
元に戻すときは:chflags hidden ~/Library
方法その2.
Finderの「移動」メニューを option + クリックすると、移動対象にライブラリが加わる。


・10.7 Lionのリカバリー方法
2011-07-28アップルのサポートページがやっと日本語訳されたので、そちらを読もう:
OS X Lion: Lion Recovery について


・Mail のインターフェイスを旧スタイルに戻す
Mail 環境設定 - 表示 - クラシックレイアウトを使用


・ファイル編集状態の復元を使うと、ことえり変換ウインドウの位置がおかしくなる?
例えば、テキストエディットでファイルを開いたままログアウトすると、次回ログインしたときにその状態を復元してくれる…のはいいけど、これをやると、ことえり変換ウインドウの位置が狂う。
該当アプリを再起動すると直る。
バグなのか、うちの環境がおかしいのか、原因は今のところ不明。


・Time Machine のローカルスナップショット機能について
Time Machine ヘルプより抜粋。

バックアップをバックアップディスクに保存するほかに、ノート型コンピュータを使用する場合、1 時間ごとにファイルのスナップショットが保存され、スナップショットはコンピュータの内部ドライブに保管されます。
バックアップディスクが接続されていない場合、スナップショットは引き続き内部ドライブに保存され、バックアップディスクに再接続されたときに、バックアップディスクへのバックアップが再開します。

ars technicaが「mobile time machine」と呼んでいるのは、ローカルスナップショットのこと。
つまりノート型のMacでは、Time Machine用ディスクを繋いでいなくても内蔵HDを使ってバックアップが保存され続ける。
これを止めるには、Time Machine を「切」にする。
あるいは、 /System/Library/LaunchDaemons/com.apple.mtmd.plist を開いて、Disabled の値を true に変えると止まる、かも知れない。(未確認)

・QuickTime 7 をインストールする
今のところ、10.6 Snow Leopard用のQuickTime 7 をインストールするしかない。
10.6 のインストールディスクから、オプションインストール - Optional Installs.mpkg を開いて、QuickTime 7 だけをインストールする。
または、QuickTime Player 7.6.6 for Mac OS X v10.6.3 をインストールする。(脆弱性の心配があるけど)



正直、10.7 Lion 用のQuickTime 7をリリースしてもらわんと困ります。
あと、何かを調べるときはヘルプかメーカーサポートを最初に見るようにしないと無駄足を踏みがち。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。