スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「死ぬまでにやりたいゲーム1001」を読みました

過去40年間に発売されたゲームから1001本を厳選し紹介する大著、その日本語版。
900頁以上、本の厚さは6cm、お値段は6800円。明らかに好き者しか買わないような企画であり、これを日本向けに出す決断をした出版社に感謝です。

北米で出版された本ということで、日本だとなじみの薄いタイトルも多い。しかしその審美眼は確かで、エポックなタイトル、大ヒットしたタイトルは外さずに収録されている。
画面写真が添えられているタイトルは全体の8割ぐらいで、写真は総じて非常に美しい。各ゲームには発売年・機種・開発元・ゲームジャンルのデータ付き。

この本の真の価値は、各タイトルに添えられている1000字程度の紹介文にある。
ゲームの内容そっちのけで思い出を延々と語ったり、ギャグ調だったりニヒル調だったり、あるいは書き手しか理解できないポエムを垂れ流したり…といった、レトロゲーム記事にありがちな紹介文はひとつとして無い。
敬意を払い、魅力を的確に紹介し、適切なユーモアと最大限の賛辞を備える。レコメンド(推薦文)としてこれ以上のものは望みようがないと言えるほどに質が高い。

一部を引用してみよう。

ドリフトも重要だが、これは、最初に臨界角に持っていってロックするというより、ターンの間中ずっと車の慣性に抗いながら補正を加え続けるという問題だ。アーケードゲームとしては、驚くほど奥が深い。

-「セガラリーチャンピオンシップ」


ドラキュラ伯爵の亡霊は「悪魔城ドラキュラ」シリーズのどの作品にも登場するが、優れた作品は、プレイヤーの目的はドラキュラではなく城の方だ、ということをきちんと理解している。

-「悪魔城ドラキュラ」


技術より記憶力の方が必要とされるが、東亜プランの他のゲームのキャラクターなど、いろいろな隠しボーナスも多く、よくできたゲームだと言える。
同社がゲーム史上で果たした役割は大きく、ここから世に送り出された数々の傑作に比べれば、奇妙な英語の失敗なんか、まったく取るに足らないものだろう。

-「アウトゾーン」


寄稿している30人以上の執筆者はいずれもプロ中のプロであり、大手新聞で執筆していた方も名を連ねている。
この本を読んでいると本当にその通り、「死ぬまでにそのゲームをやりたくなってくる」。知らなかったゲームに思いを馳せてしまう。
6800円の価値は確実にある、良い本です。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。