スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本でリアルタイムストラテジーを流行らせるには

まず、リアルタイムストラテジー(以下、RTSと略す)は、ゲームパッドだといまいちスムーズにプレイできない。
画面をスクロールさせて戦術ユニットをポイントしてメニュー出して指令して…みたいな操作はPCのマウス+キーボードの方が向いてる。
んで日本だとPCの普及率が低く、PCでゲームをする習慣もあまり根付かなかった。
あと海外のRTSが日本人になじみ薄い設定だらけでとっつきにくいのもある。宇宙戦争とか近代戦争、欧米まるだしの国家間闘争はそんなに受けがよくないという。
そんなこんなで国産RTSもあまり盛り上がらなかったり。

だから、日本でRTSをやるにはインターフェイスと設定の両面を改良しないといけない。
まずインターフェイスは、マウス+キーボードは本質的に操作性が悪いしそれじゃPCの二の舞なので、タッチパネルのような直接的なインターフェイスが良いだろう。対象に直接触れて操作する感じならスムーズに操作できるはず。
次に設定。「多様な戦術ユニットを同時制御する闘争」ってズバリ戦争だけど、日本人がすんなり受け入れる戦争と言えば歴史物だろう。三国志とか戦国ものとか、あとガンダムとか。
つまり、「より直接的なインターフェイスで、設定は三国志や戦国もの」なら結構いけるんじゃなかろうか!

…という事実の追認でした。
これだと設定のバリエーションが狭いのですぐ袋小路に入ってしまいそう。他にいい設定ないかなー?

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。