スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おしい!広島県 について

広島県が「おしい!広島県」というPRを始めました。

負けかかっている側の自虐PRは負けを確定させるのでやってはいけない。
大事なことなので強調しておきました。
※ なにをもって負けとするかという話ですけど、地方はどこも負けかかってるようなもんです今のところ

とりあえず前例として、ソニーのβ規格とセガのドリームキャストを挙げておきます。
βがVHSに押され始めた頃、ソニーは「βは負けたのか?」(うろ覚え)というコピーで広告を出しました。
βはむしろライバルより優れてるというのが広告の趣旨だったけど、コピーの印象が強すぎて逆に「βって負けてたのね」という印象を与えてしまいました。そしてそのままVHSに敗れました。
そしてドリームキャスト。湯川専務そして「セガなんてダッセーよな」「セガは倒れたままなのか」というあれです。
金を湯水のように使ったプロモで話題性は高く初速は良かったけど、あとはまったく続きませんでした。
人は勝っているハードを買うのであり、ハードを勝たせようとして買うのではありません。
セガは秋元康に騙されていました。

自虐PRというのは、広告代理店がじり貧の客から金を巻き上げるための型ですよ。話題性だけを考えていて持続性がない。
タレントを使いまくった演劇風のCMはゴミそのもの。地方PRなんだからリアル地方人やリアル地方映像を見せないと意味がない。「広島県に来ればCMみたいなものが観られる・体験できる」という形でないと。
派手だけど情報が薄い公式サイトはクズそのもの。必要なのは観光資源の的確な情報と検索性だよ。交通機関、場所、見所、おすすめ観光ルート。

いいかげん、広告代理店が「話題性」だけを考えていることに気付かないと。PR=話題性だと結論づけているような企画はカスそのものです。
広島県に "正しく" 興味を持ってもらうには正攻法しかなく、自虐PRなどの邪道は金をドブに捨てるだけなのを見抜かないといけない。広島県の広報担当はそれを見抜けなかったらしい。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。