スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米津玄師「diorama」のマスタリングエンジニアは腹を切って以下略





各所で絶賛されてる米津玄師「diorama」が発売されたので、さっそく買ってきました。
クロスフェードを聴いただけで分かるこの突き抜けた才能、素晴らしいです。

…このアルバムのうち、「ゴーゴー幽霊船」はiTunes Storeで先行配信されていました。
で、その音質がニコニコ動画にあるMVよりも悪かったんです。
カスタマーレビューでも「MVより音質が悪い」とはっきり指摘されています。
嫌な予感はしていました。アルバムももしかしたら…と。

その予感は現実になりました。
アルバムの方は曲がくぐもって聞こえます。ニコニコ動画のMVに比べて明らかに高音が出ていない。

gogoghost_mv
ゴーゴー幽霊船 ニコニコ動画MV

gogoghost_cd
ゴーゴー幽霊船 アルバム

この画像は、ゴーゴー幽霊船の出力をAudacityで見てみたものです。上がニコニコ動画MV、下がアルバム。
ピーク部のギザギザに注目してみましょう。アルバムの方はギザギザが殆どありません。
アルバムの方は典型的な「海苔マスタリング」です。「世間の人は音圧が高いのを好む」という理由により限界まで出力を上げられており、その結果として音がくぐもって聞こえます。

…まあね、アルバムだけ聴いていればそこまで気にはならんのですよ。
ところが、この、何から何まで米津さんが作っているアルバムのうち唯一マスタリングだけを別の方が担当していて、それは米津さん本人がupしたであろうMVよりも音質が劣っている。
この事実を考えると「マスタリングエンジニアは腹を切って以下略」という台詞も飛び出すというものです。

それはそれとして「diorama」は素晴らしいので、クロスフェードを聴いて気になったら即買いがおすすめです。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。