スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪の組織の作り方

悪の組織は、悪いことをします。
だから自己の行為を正当化するために、まずは「思想」が必要です。思想から目的が生まれ、目的を正当化するために思想が使われる。「思想」を植え付ければその人を縛ることができます。
まず洗脳。具体的には価値観を改造する。社会は間違っていて俺達は正しいと吹き込んだり。
あるいは非合理な縛り。具体的には血縁、仲間、同士、伝統といったもの。儀式をしたり共同生活させたり共同作業させたりして無形かつ強力な繋がりを作ったり。
なので、悪の組織のリーダーというのは、組織の行動の源泉となる「思想」の体現者になる必要があります。
俺についてこいではなく、「〇〇という考えに賛同するなら俺についてこい」「俺に従うことが思想に従うことだ」です。
つまり構成員がリーダーに殉じるのではなく「思想」に殉じる形にしないといけない。ただしリーダーは思想の体現者なので、結果的にはリーダーに殉じることになりますが。
「思想」といっても様々です。テロ組織は政治的な思想を語るでしょうし、ヤクザは行き場がないとか必要悪だとか義兄弟だからとかいろいろ言います。
構成員に命の危険がある任務をやらせたり、人権もクソもない扱いをしたり。そんな状態を維持しつづけるため、悪の組織のリーダーは思想を語り、構成員が思想に殉ずるような教育を行うのです。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。